×

ポッコリお腹の芸能リポーター井上公造が還暦を機に生まれ変わった!

2017.03.10

企業

0コメント

還暦を前にスリムで健康な体を取り戻すためライザップに挑戦し、見事、体重マイナス7kgを勝ち取った井上公造さん。人間の体は年齢に関係なく頑張れば変われると実感した3カ月の成果に迫る。

 芸能リポーター

井上公造 いのうえ こうぞう

1956年12月30日生まれ、福岡県福岡市出身。福岡の西南学院大学商学部卒業後、雑誌編集長などを経て、サンケイスポーツ新聞で事件・芸能の担当記者となる。1986年に芸能リポーターに転身。梨元勝氏の事務所に所属した後、フリーとなり、現在は、株式会社KOZOクリエイターズを運営するなど、テレビ・ラジオを中心に幅広く活躍している。

続きを見る

Before
体重:75.5㎏
体脂肪:26.0%

↓↓↓↓↓↓↓↓

After
体重:68.5㎏(-7.0kg)
体脂肪:20.6%
ウエスト:83.0cm

残りの人生で夢を追いかけたい

60歳は、干支が一回りして再び生まれた年の干支に戻るという意味で”還暦”と呼ばれる。新しい門出ともいえ、人生の節目とする人が多い。そんな還暦を前に、芸能リポーターの井上公造さんがライザップにチャレンジした。

「60歳になると人間は生まれ変わるっていうじゃないですか。だから僕も、もう1回生まれ変わりたいというのが、ライザップをはじめた大きな理由です。あるバラエティ番組に出演させていただいたとき、たまたま僕のお腹がアップに映ったのですが、明らかにアップに耐えれない状態。それを見た家内をはじめ、いろんな人から『その醜いお腹何とかしてくれない!』といわれ……。かなり落ち込みましたね」

ライザップのCMから50代、60代の人にはあまり関係がないのではないかとイメージしていた井上さんだが、仕事仲間の森永卓郎さんがライザップで減量に成功したのを見て、「森永さんでやれたんなら自分にもやれるかもしれない!」と背中を押されたという。

「この年齢になると、自分の残りの人生を考えちゃうんですよ。あと何年ぐらい生きられるんだろうって。でも、その一方で、まだまだやってみたいことがたくさんあります。残りの人生を使ってそんなさまざまな夢を追いかけるためには、健康な体でいたい。そうでないと夢は実現できないんです」

ライザップ>ダイエット本

井上さんはライザップをはじめる前も、ポコっと突き出すお腹をどうにかすべく、ジムに通っていたという。しかし、トレーニングは自己流、通うのも月に2、3回が限度だった。

「仕事柄、タレントさんが出したダイエット本を読む機会もあり、何度かチャレンジしたこともあります。でも、一人だと続かないんです。やっぱり結果が見えてこないとダメですね。僕は人よりちょっと短気なのかもしれません」

そんな井上さんは、ライザップを3カ月間体験して、食生活の改善とトレーニングを継続するための工夫がなされている点に驚いたと語る。

「ジムに行くのと違って、自分の専属のトレーナーさんと予約を通して約束しているじゃないですか。そうすると『行かなきゃ!』という気持ちになりますよね。しかも、通い続けているうちにトレーニングの楽しさと意義みたいなこともわかってくるんですよ。そうなると、通うのが楽しい!

最初の2、3回後は、もう慣れてましたね。そのあとは義務感で続けるのではなく、ライザップのメソッドを楽しめました。

トレーニングは、やっぱりプロがサポートしてくれるからちゃんと効くんですよね。自分が変わっていくのが目に見えてわかるから、どんどん楽しくなっていきました」

イベント

さらに、ボディメイクを楽しめたのは、トレーナーの対応の良さも理由のひとつと続ける。

「ライザップのトレーナーさんってね、うまいですよ、”ノセ”方が。笑いながら鍛えてくれる、あの感じがいいですね(笑)。トレーナーさんとの相性もあるんでしょうが、マンツーマンだから安心できるんですよね。

僕もちょっと右の腰や股関節が悪かったりするんですが、そういうところもちゃんと気づかってくれる。厳しいトレーニングに見えますが、運動の合間にストレッチ入れてくれるなど、細やかな配慮をしてくれるんです」

健康体になったのが何よりの収穫

トレーナーとのマンツーマン・トレーニングと毎日の食事指導で、体重を7㎏減らし、体脂肪も5.4%減った井上さん。だが実は、ライザップを始める前に、食事について懸念があったことを明かしてくれた。

「僕は仕事柄、家でご飯を食べることがまずないんですよ。誰かと会って情報を収集し、コミュニケーションを取って信頼関係を深めるのが、僕の仕事の源になっているわけですから。でも、そうすると1カ月のうち25日ぐらいが外食になってしまいます。一人でダイエットにチャレンジするたびに、どうしてもこの壁にぶち当たるんです」

そこはライザップトレーナーの腕の見せどころ。的確なアドバイスのおかげで無事乗り越えることができた。

「朝昼晩と専属トレーナーに食べたものをチェックしてもらうのは基本です。僕の場合、3カ月間、ご飯・パン・麺など炭水化物は食べませんでしたし、デザートも食べないように心がけました。肉や魚など、タンパク質はしっかり摂るように教えてもらいました。牛も豚も食べましたよ。もちろん野菜もOK。これなら外食が多くても、まったく問題ありませんでした」

大きな悩みだったポッコリお腹も引っ込み、人生で一番厚い胸板になってうれしいと、笑顔が絶えない井上さん。番組で着るためにスタイリストが用意する服のサイズが、明らかに小さくなっていることに喜びを感じているという。そんななかでも最大の収穫は、やはり健康な体を得たこと。

「血液検査での数値も良くなっていますし、足腰が丈夫であることが、人生の楽しさを変えると気づかせてもらいました。それに何よりも、人間の体は年齢に関係なく、頑張れば変われるんだなというのがわかりました。痩せたことより、ライザップで健康になったことが僕の中では一番大きいです」

還暦を目前に、新しい健康な体を手に入れた井上さん。「ホノルルマラソンを走りたい」という還暦過ぎてからの夢の実現に向かって、ライザップが果たした役割は大きいといえよう。

(注)

※結果には個人差があり、すべての方が同様の結果になるとは限りません。

※適切な食事管理を行い、結果に合わせて目標体重を管理しています。

※体験者の減量数値は統計処理した結果、確率的に可能な範囲(実績値、2016年10月当社調べ)であり、100%結果を保証するものではありません。

※3ヶ月間の減量数値の平均値は、体重:-7.68±4.31、体脂肪率:-4.16±3.11、BMI:-2.84±1.61

※上記トレーニング開始前後の体重、体脂肪率、BMIの数字変化は年齢52.98± 5.88の方が3ヶ月間のプログラム期間で達成した数値となります。

»ライザップ公式ホームページへ

政経電論せいけいでんろん

「政経電論」の編集部です。佐藤尊徳(そんとく)編集長の下、若い世代に向けて政治・経済・社会問題を発信しています。イノベーションや働き方改革、北欧型の社会保障、国防、原発、クジラ等に注目中。

もっと見る

この筆者の記事 ▶︎▶︎▶︎

  • 海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない? 戸田れいの海外アーティストインタ...

    2018.01.19

  • 5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

    2018.01.16

  • 若者消費が変わる バブル世代を親に持つ子どもたち

    2017.12.20

  • 記事一覧へ

新着記事︎

  • 海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない? 戸田れいの海外アーティストインタ...

    2018.01.19

  • 5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

    2018.01.16

  • なぜ横綱に「品格」が必要か

    2018.01.15

  • 記事一覧へ
「政経電論」会員募集中