×

経済

なぜ今“泡推し”なのか? 苦戦が続くビール業界で注目を集めるサントリー「神泡」戦略

なぜ今“泡推し”なのか? 苦戦が続くビール業界で注目を集めるサントリー「神泡」戦略

ビール類の出荷量は14年連続で最低を更新し、市場の縮小が止まらない状態が続いている。そんななかで好調を維持しているのが、サントリービール(以下サントリー)...

2019.06.29

ココカラ争奪戦で見えてきたドラッグストア業界の天井 異業種との競合の次は統合へ?

ココカラ争奪戦で見えてきたドラッグストア業界の天井 異業種との競合の次は統合へ?

右肩上がりで成長してきたドラッグストア業界に再編の浪が押し寄せている。業界7位の大手ドラッグストアのココカラファインをめぐる争奪戦は、さしずめ先手スギホー...

2019.06.28

銀行員が安泰な時代は終わった みずほ、兼業・副業解禁の裏にあるメッセージ

銀行員が安泰な時代は終わった みずほ、兼業・副業解禁の裏にあるメッセージ

昔は、銀行員になれば一生安泰といわれた。しかし、今はメガバンクも拠点の統廃合や大規模な人員削減が進み、出世の道は狭くなり転職者も増えているという。長引く低...

2019.06.25

米中貿易摩擦のスケープゴート、ファーウェイ 包囲網はより厳しくも自社で打開可能?

米中貿易摩擦のスケープゴート、ファーウェイ 包囲網はより厳しくも自社で打開可能?

激しさを増す米中の貿易摩擦。第5次世代移動通信システム(5G)や人工知能(AI)など次世代のテクノロジーの開発は、この先の覇権争いのカギを握るからこそ競わ...

2019.05.22

米中貿易摩擦は覇権をめぐる争い 最終章は「マネー」に行き着く

米中貿易摩擦は覇権をめぐる争い 最終章は「マネー」に行き着く

ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任したとき、すでにこうなることが運命づけられていたのかもしれない。2018年から行われてきた関税引き上げ合戦の末、アメリ...

2019.05.21

なぜ新生銀行が支援? スルガ銀行の再編は始まりにすぎない

なぜ新生銀行が支援? スルガ銀行の再編は始まりにすぎない

投資用不動産向け融資に関するスルガ銀行の不正融資額は、約1兆7000億円にも上った。融資全体の6割を占めるその額にも驚くが、注目された再編相手には新生銀行...

2019.05.20

景気が回復しなければ踏み切れない消費税増税 3度目の延期の可能性も

景気が回復しなければ踏み切れない消費税増税 3度目の延期の可能性も

2度にわたって延期され、10月にいよいよ実施が迫った10%への消費税増税が、ここにきてストップするかもしれない。理由は景気が回復しないことと、政治要因だ。...

2019.05.15

米LNG売却先探しに東芝メモリ上場延期…不幸重なる東芝・車谷CEOは“再建の神様”になれるのか

米LNG売却先探しに東芝メモリ上場延期…不幸重なる東芝・車谷CEOは“再建の神様”になれるのか

米液化天然ガス事業「フリーポート」を中国民間ガス大手ENNへ売却する計画がとん挫し、新たな売却先を探すことになった東芝。再建に向けた中期経営計画「東芝Ne...

2019.04.19

産業としての可能性を感じさせた第1回全国高校eスポーツ選手権

産業としての可能性を感じさせた第1回全国高校eスポーツ選手権

3月23日、関西で選抜高校野球選手権大会が開幕した同じ日、関東の幕張メッセでは「第1回 全国高校eスポーツ選手権」が開催された(主催:毎日新聞社、共催:株...

2019.03.28

再編が不可欠も難航するスルガ銀行の受け皿探し

再編が不可欠も難航するスルガ銀行の受け皿探し

昨年10月、シェアハウスへの投資に関する不正融資でずさんな経営があらわになったスルガ銀行に、金融庁は2019年4月12日までの間、新規の投資用不動産融資や...

2019.03.18

復活のカギはフィンテック 地銀の新しいビジネスモデルを創出するためのコンテスト

復活のカギはフィンテック 地銀の新しいビジネスモデルを創出するためのコンテスト

昨今、低金利や人口減の影響で地銀の経営はなかなかに厳しい。フィンテックを活用した金融サービスの企画・開発業務等を行っているT&Iイノベーションセン...

2019.03.15

平均待機時間は1時間45分!トラックの待機時間をマッチングで大幅短縮

平均待機時間は1時間45分!トラックの待機時間をマッチングで大幅短縮

荷物を届けるトラックが配送先で長時間待たされる、いわゆる「待機時間」問題。一般にはその深刻さがあまり伝わっていないが、ある調査ではその平均待機時間は1時間...

2019.03.15