×

社会

西日本豪雨で被災した「獺祭」が「島耕作」の力で生まれ変わる 旭酒造が被災地復興支援商品を販売

西日本豪雨で被災した「獺祭」が「島耕作」の力で生まれ変わる 旭酒造が被災地復興支援商品を販売

日本酒「獺祭」で知られる旭酒造(山口県岩国市)は、「モーニング」(講談社)で「会長 島耕作」を連載中の弘兼憲史氏とコラボした純米大吟醸酒「獺祭 島耕作」を...

2018.08.03

第6回:「がん免疫療法」の可能性  治療例を徹底解説

第6回:「がん免疫療法」の可能性 治療例を徹底解説

これまで5回に渡って連載してきた本企画では、がんとの向き合い方や最新のがん治療、世界のがん治療のトレンドなど、さまざまな角度から「がん」を考えてきました。...

がん治療の選択は生き方の選択

川森俊人

2018.07.31

RIZAP×自治体の“若返り”プロジェクト「コミットできなければ報酬は受け取りません!」

RIZAP×自治体の“若返り”プロジェクト「コミットできなければ報酬は受け取りません!」

RIZAPと聞くとボディメイクを思い浮かべる人は多いだろう。しかし近年、RIZAPがヘルスケアの分野にも進出しているということはあまり知られていない。「1...

松崎主税

2018.07.27

仏教を通じて差別と戦うインド仏教界の頂点に立つ元日本人、佐々井秀嶺さんの闘争

仏教を通じて差別と戦うインド仏教界の頂点に立つ元日本人、佐々井秀嶺さんの闘争

仏教発祥の地であるインド。しかし、現在では国民の多くがヒンズー教徒であり、信仰に基づく身分制度「カースト」による差別が根強い。そんな現状でカースト制度と戦...

佐々井 秀嶺

2018.07.13

「謝罪」は恋愛と同じで相手に伝わらなければ意味がない

「謝罪」は恋愛と同じで相手に伝わらなければ意味がない

芸能人の不倫や政治家、企業の不正、不祥事。最近はテレビやネットを通じて、毎日のように誰かが頭を下げる姿を目にします。SNSが普及したこの時代、小さなイベン...

急がば坐れ!~全生庵便り

2018.07.11

大相撲は「女人禁制」のままファンの心をとらえ続けることができるのか

大相撲は「女人禁制」のままファンの心をとらえ続けることができるのか

日大アメフトの話題に隠れてはいるものの、数カ月前までは「女人禁制」で注目されていた大相撲。問題はまだ解決していない。時代の流れによって、これまで大相撲を大...

2018.06.11

「定年」にどう立ち向かう? 会社員の恐怖をまぶしたロマンチック・コメディ【映画『終わった人』】

「定年」にどう立ち向かう? 会社員の恐怖をまぶしたロマンチック・コメディ【映画『終わった人』】

本作は、舘ひろしがこれまでのダンディなイメージからはかけ離れた“情けない男”に扮するロマンチック・コメディ。シニア世代が直面する問題がテーマだが、会社員が...

2018.06.01

身だしなみで健康寿命延伸に 「化粧療法」を研究する資生堂・池山和幸さんの取り組み

身だしなみで健康寿命延伸に 「化粧療法」を研究する資生堂・池山和幸さんの取り組み

人は何のために化粧をし、身だしなみを整えるのだろうか? 医学の学位を持つ資生堂ジャパンの池山和幸さんは、化粧のモチベーションを想起する力に着目し、化粧をす...

池山和幸

2018.05.31

ストーリーで飲む! 初めての欧州ビール in 新橋ビアライゼ

ストーリーで飲む! 初めての欧州ビール in 新橋ビアライゼ

「ペローニ・ナストロ・アズーロ」、「ピルスナー・ウルケル」、「グロールシュ・プレミアム・ラガー」……。外国産ビールの銘柄だが、それぞれどこの国で作られてい...

2018.05.29

日大アメフト悪質タックル問題で明白になった大学の“浮世離れ”という構造的欠陥

日大アメフト悪質タックル問題で明白になった大学の“浮世離れ”という構造的欠陥

日大アメフト部の悪質タックル問題について日大側が行った記者会見に、世間は不信感を抱いた。深い反省の色を見せた宮川泰介選手に対し、その翌日行った内田正人前監...

2018.05.28

2020年以降、「プログラミング的思考」がビジネスの鍵になる

2020年以降、「プログラミング的思考」がビジネスの鍵になる

2020年より小学校で「プログラミング教育」が必修化される。ITからICT(Information and Communication Technolog...

末廣章介

2018.05.28

異例の飲酒OKダイエット ずぼらボディの女優・佐藤仁美を変えたRIZAP

異例の飲酒OKダイエット ずぼらボディの女優・佐藤仁美を変えたRIZAP

運動嫌いで面倒くさがり、大のお酒好きで、飲んだ後はラーメンをついつい食べてしまうという佐藤仁美さん。そんな生活を続けているうちに、洋服サイズはXSから“ゴ...

佐藤仁美

2018.05.25