政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

企業

医療機関と連携したライザップが提供する、より健康志向なパーソナル・トレーニング

電子雑誌「政経電論」第17号掲載
2016年07月11日
読了時間: 07分00秒

5万人を超えるゲストのボディメイクを手掛けてきたライザップは、2016年から東京国際クリニックと提携し、総合的なヘルスケアサービスを展開している。その一翼を担う「メディカルチェックプラン」とはどんなものなのか、クリニックの高橋院長に聞いた。

高橋 通プロフィール高橋 通(たかはし とおる) 東京国際クリニック 医科院長/循環器専門医。筑波大学医学専門学群卒。国立国際医療研究センター、東京大学大学院、六本木ヒルズクリニックを経て、2015年5月より現職。

人間ドックで運動リスクを前もって予測

 ライザップは、ダイエットやボディメイクにおける筋力トレーニング、食事による糖質コントロールを通して、予防医療領域での健康増進を目指してきた。"健康を提供する"という目的に向けて、医療機関と連携をはかるなか、2016年3月から医療機関と提携した新しいプラン「メディカルチェックプラン」をスタートさせている。

 提携先に選んだのは、東京・丸の内に施設を構える東京国際クリニック(TIC)。ここは最新の検査機器を有し、がん検診をはじめ、脳ドック、心臓ドックなどの多角的な検査に対応可能なクリニック。体内年齢や老化の状態を診るエイジマネジメント・ドックを実施していることもライザップにとって大きな魅力だった。提携についてTICの高橋院長はこう話す。

「ライザップの数値化されたトレーニング分析や、ゲストとトレーナーの綿密なコミュニケーションは好印象でした。このところシニア層の利用が増えていると聞いています。35歳以上の利用を想定している本プランの取り組みには、私たち医師がお手伝いできることもあるのではないかと考えました。

年齢層が高くなると疾患を抱えるリスクも高くなりますから、トレーニング前にご自身の健康状態を把握していただくことは重要。100%防ぐことはできないにしても、トレーニングによるリスクをある程度軽減・回避することは可能になります」

マンツーマンのトレーニングをより健康志向にシフト

 働き盛りの35歳以上は、仕事上でも付き合いが増えるために多くのストレスを感じ、体重増加や体調の変化も起こりやすくなっていく年齢。男女の違いも顕著だと高橋院長は指摘する。

「健康診断のデータを見ると、35歳以上の男性は体重も増加傾向で、中性脂肪が高かったり、アルコールによるダメージの蓄積が見られます。女性より男性のほうが、判定にいわゆる"異常"が含まれている確率は高いですね」

 人間ドックによって発覚した中高年特有の問題は、ライザップのトレーニングによってどれだけ改善できるのだろうか。

「やはり中性脂肪は下がってくるでしょう。あとは血糖値が高い人も下がる可能性がありますね。定期的な運動及び食生活の改善と習慣づけで、肝機能や脂肪肝の回復も望めます。内臓脂肪面積も(トレーニング)前後で比較できるので、ひと目でわかる違いに驚かれると思いますよ」

 身体の変化を外見だけでなく、医学的に内面から見ることができるのは画期的。また、高橋院長によると、筋肉を維持することは骨粗鬆症の予防になるという。健康寿命を考える高齢のゲストにとっても、人間ドック×筋力トレーニングの相乗効果は著しく高いといえる。

内臓脂肪面積「内臓脂肪面積が100㎠以上あると心臓病や脳卒中のリスクが高くなります」(高橋院長)

医療とともにライザップは次のステージへ

 健康志向のテレビ番組が増え、オーガニックやマクロビオティック、スーパーフードなどの健康キーワードが飛び交う昨今。健康でいるための情報には事欠かないが、誤解や間違いも多いのも事実だ。

 その点、健康の専門家である医師のアドバイスを受けられるライザップのメディカルチェックプランは、時代に即したサービスだといえる。検査の結果によって、より最適化されたボディメイクが可能になる点も付加価値が高い。

「ライザップの糖質コントロールは、より効率的に、確実に結果を出すためのメソッドを、管理栄養士指導監修の下で構成しております。今回、医療機関と連携することはで、ライザップにとって、また新しいステージが見えてくると思います」(ライザップ・教育ユニット)

 ライザップは現在、100以上の機関・病院と連携し、安全で効果の高いサービスを提供中。ゲストを健康体へ導きたいという考えから、トレーナー・カウンセラー・管理栄養士・医師がチームとなり、さらなるサービス向上に努めている。

 理想の体型をつくるだけではないライザップ。高齢者を含めた健康を重視する幅広い人々へ、このメディカルチェックプランが内包する"内面からのボディメイク"を体感してほしい。

東京国際クリニック東京国際クリニック2東京国際クリニック 医科 人間ドックが充実しており、「CT(80列マルチスライス)」「MRI(1.5テスラ)」などの充実した高性能機器で大学病院レベルの検査が可能。東京駅八重洲南口より徒歩3分。完全予約制。

ライザップのメディカルチェックプラン

 トレーニングの前後に人間ドックを受診し、事前の体調確認から健康改善、健康増進までを行うトータルヘルスケアプログラム。院長の診療や一般的な健康診断の検査項目に加え、内臓脂肪CT、心臓CTや頭部MRIなど、画像で改善効果を確認することで、ゲストの健康に対する意識づけを行う。

 検査項目の違いでベーシック、エグゼクティブ、プレミアムの3つのプランを用意。もちろん、食事アドバイスやメンテナンスセッションなど通常のプランの内容も付いている。六本木店、銀座店、品川店で導入中(2016年7月現在)。

例)ベーシックプラン[約3時間] 頭頚部検査(MRI/MRA)、心臓検査(心臓CT or MRI、心電図)、骨密度検査(DEXA法)、内臓脂肪・体脂肪検査(内臓脂肪CT/体脂肪率/アディポネクチン)胸腹部CT、各種血液検査

»もっと詳しく知る【ライザップのHP】

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

最新号 Headline