政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

経済

電機業界も波乱万丈 大手各社の最終損益グラフでチェック

電子雑誌「政経電論」第8号掲載
2015年01月13日
読了時間: 01分41秒

21世紀に入ると業績は「ジェットコースター」

電機大手8社 2001年度以降の最終損益(連結ベース)

 グラフを見れば一目瞭然。21世紀に入ると業界は常に"波高し"である。2001年度に8社中6社が赤字転落。アメリカ発のITバブルが弾けたためだ。翌2002年度にはかなり回復するが、富士通だけは例外で1000億円台の大損失。成果主義の強行による社内の混乱も重なり、破綻説まで出る始末。"富士通ショック"である。

 また、2002年度に赤字転落した旧松下電器産業(現・パナソニック)は、例外なき構造改革"破壊と創造"を推進し、V字回復を果たす。一方これとは逆に、ITバブル時でも黒字を死守した優良企業ソニーが、競合他社の回復基調とは逆に2003年度に大幅減益、これが元で日本株が売られ日経株価も大暴落。"ソニーショック"だ。

次ページ

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

新着記事