政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

政治

"辣腕政治家"か、ただの"ビッグマウス"か?日米中を手玉に取るドゥテルテ大統領の錬金術

電子雑誌「政経電論」第19号掲載
2016年11月10日
読了時間: 07分00秒

写真/外務省HP

フィリピン・ドゥテルテ大統領がやたらと目立つ。極端な犯罪撲滅政策と大国に一歩も引かない言動は、国際社会における存在感を強調し、日米中は彼の一挙手一投足を見守っている。どうやら政治家としては相当な手腕を持っているらしい。一方、国内の支持率は90%を超え、まさにヒーローだ。何を理由にドゥテルテ氏は支持され、何が彼を強権に駆り立てているのか? フィリピンの国内情勢にその理由を探った。

中国から2.5兆円を引き出した"天秤外交"

 今や「暴言王」として有名な、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(71歳)。2016年6月30日の大統領就任早々から「麻薬撲滅戦争」を宣言、警官・自警団により射殺された麻薬犯は、10月時点で実に4000人余に上る。

 これに対し旧宗主国のアメリカ・オバマ大統領が人権違反だと指弾すると、負けじとドゥテルテ氏も「売春婦の息子」とオバマ氏を罵倒、果てには「アメリカとは軍事的にも経済的にも決別」とたんかを切る始末で、両国関係は急速に冷え込んでいく。

 一方、これに気を良くしたのが中国だ。フィリピンのアキノ前政権とは南シナ海・南沙諸島の領有権をめぐって火花を散らし、日米もフィリピンに加勢した。中国側にとって「日米比3国同盟」は鉄壁に映っていたはずだ。

 だが、ドゥテルテ大統領の登板でフィリピンのスタンスは180度変わる。彼はASEAN以外の最初の海外遊説先として迷わず中国を選び、2016年10月に習近平国家主席と会い、「敵視する理由はない」とあいさつして大いに喜ばせた。そしてその"見返り"だろうか、中国側から240億ドル(約2.5兆円)もの巨額な経済支援を引き出すことに成功する。

 そうかと思えば、間髪入れずに最大のODA援助国・日本を訪れ、南シナ海や尖閣諸島の問題を暗示するかのように「時が来たら日本の側に立つ」と思わせぶりのコメントを発し、安倍首相を満足させている。そしてこれと引き換えに、50億円の円借款や大型巡視船、洋上哨戒用の練習機の供与などを"お土産"として頂戴している。

 結果的に"オバマ氏による批判"が引き金となり、最大・最強の同盟国、アメリカに牙を向くという一世一代の大博打に打って出たドゥテルテ氏。その後、「南沙諸島」カードを巧みにチラつかせて、逆に敵対していた中国に急接近。加えて中国へのライバル剥き出しの日本にも良い顔を見せつけるなど、まさに"天秤外交"の真骨頂を演じたわけである。

なぜドゥテルテ氏は平気でアメリカに牙をむく?

 まさに第1ラウンドは、ドゥテルテ氏の圧勝と言っていい。

 ちなみに彼は元検事。法律に長け、幾多の裁判で鍛えた駆け引きは相当なもの。また、暴言に関しては、厳格な両親への反抗なのか、高校時代に何度も退学したというやんちゃな時代の名残なのかもしれない。

 一方、彼は青年時代、共産党にもシンパシーを感じていたことがあり、共産系の反政府ゲリラ「新人民軍」にも一定の理解を示す。また、母方は南部ミンダナオ島などに多く暮らすマラナオ人で、その大部分はモスリム(イスラム教徒)だ。

 この地を支配したスペインは、マラナオ人をはじめとする古くからフィリピンで暮らす民族を、「モロ族」と呼称していた。1898年、米西戦争に勝ったアメリカは、スペインからフィリピンを譲り受け植民地としたのだが、抵抗するモロ族に対し、アメリカが武力で弾圧した歴史はあまり知られていない。

 いまだに米軍で愛用されている旧式ながらも強力な自動拳銃M1911コルト・ガバメントは、勇猛果敢に突進してくるモロ族の戦士を1発で倒すために20世紀初めに開発されたともいわれている。とにかく米軍によるモロ族討伐はすさまじく、これを考えればドゥテルテ氏が"嫌米"であるのも納得がいく。

 こうした経緯もあって、フィリピン南部、ミンダナオ島のダバオ市長時代、「モロ民族解放戦線」(MNLF)など、イスラム系ゲリラの穏健派に対しては懐柔策で臨み、一方で、麻薬犯罪者には鉄槌を下すというアメとムチで治安改善を実現。大統領就任後は新人民軍との和平も加速させる一方で「麻薬撲滅運動」を強化させている。

海外からの投資を阻む"絶望的な貧困"

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

最新号 Headline