政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

変わらぬ思いと変える未来【知る人ぞ知るすごいがん治療vol.2】

電子雑誌「政経電論」第21号掲載
2017年03月10日
読了時間: 04分30秒

がん専門の医師の間で注目されている「アクセル+ブレーキ療法®」。少ない施術回数で、全身に転移したがんを消失させるなど、驚くべき成果を挙げている、がん免疫療法だ。その治療法を全方位的に解明する本企画、今回は、この治療法を生み出した2人の医師、SBCメディカルグループ・相川佳之総括院長と湘南メディカルクリニック新宿院・阿部吉伸院長に、がん治療への熱意を聞く。

相川佳之プロフィールSBCメディカルグループ 総括院長
相川佳之(あいかわ よしゆき)
1970年生まれ、神奈川県出身。1997年、日本大学医学部卒業後、癌研究所附属病院麻酔科に勤務。大手美容外科を経て、2000年に独立、湘南美容外科クリニックを開業。料金体系の表示、治療直後の腫れ具合の写真を公開するなどの美容業界タブーを打ち破り、わずか15年で全国に47院45拠点の分院を構えるまでに急成長。さらに、審美歯科や頭髪治療、不妊治療、眼科、血管外科、整形外科、免疫がん治療など多分野に進出。2015年には、両国に湘南メディカル記念病院を設立。
阿部吉伸医師湘南メディカルクリニック新宿院 院長
阿部吉伸 (あべ よしのぶ)
1965年、富山県生まれ。1990年、富山医科薬科大学(現・富山大学医学部)卒業。1994年、同大学院修了。その間、パリ第12大学アンリーモンドール病院心臓外科留学。医学博士。厚生労働省、外務省に計15年所属し、国家公務員として海外で医療に携わる。家族のために日本で生活することを検討していたところ、SBCメディカルグループ総括院長・相川佳之と出会い、2015年に湘南メディカルクリニック新宿院の院長に就任。免疫細胞療法と免疫チェックポイント阻害剤を組み合わせたがん治療に心血を注いでいる。

2人の医師がたどり着いたがん免疫療法

体内から、がん細胞を殺傷する能力を持つ免疫細胞を取り出して培養し、活発化させたものを再び体内に戻してがん細胞を攻撃させるがん免疫療法。「外科手術」「化学(薬物)療法」「放射線療法」を指してがん3大療法といわれるが、それに加わる"第4のがん治療"といわれている。

新しい治療に取り組むことを決めた理由について、相川院長はあるエピソードを口にする。

「がん免疫療法を始めた一番のきっかけは、当院の大阪院で働く看護師が30代でスキルス胃がんになり、亡くなる前に、『免疫療法をやってみたかった』と言ったことです」

当時、免疫療法は保険が使えない高額な自費診療だったため、その看護師は受けることができなかったという。それを知った相川院長は、安価にがん免疫療法を提供できるようにすることを決意し、湘南メディカルクリニックでがん免疫療法を始めた。

一方、大学病院で食道がんや肺がんを診てきた阿部院長も、3大療法の効果がなく、がんが転移し、術後に再発する患者が多いという現実を経験するなかで、頭にある疑問が浮かぶようになっていた。

「がん患者は末期になると、痩せて元気が無くなってしまう方が多いんです。がんと共存しながら生活の質を高める治療法はないだろうか? がん治療をしながら温泉や旅行にいけるような生活はできないだろうか? そんなことを考えながら、解決策を探し続けるなかで見つけたのが、がん免疫療法です」(阿部院長)

施術の負担の軽さに加え、副作用の少なさから、がんを患ったままでも、普段通りの生活を送れるというがん免疫療法は、まさに阿部院長が探していた答えだった。

相川院長も、「副作用が少なく、実際に効果が出ている症例もいくつもありますので、自分自身はもちろん、母親や子どもががんになったら、私はがん免疫療法をやります。3大療法をし尽くし、何も治療を施すことができない状態になり、その結果、医者から見離されて"がん難民"になってしまった方々にも、がん免疫療法なら希望が与えることができます」と熱弁する。がん免疫療法は、がん患者にとっての"新しい可能性"として提示できるのだ。

目指す未来にあるのは人間らしい生き方

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

最新号 Headline