×

政経電論とは

行動する人になる。

2013年11月に創刊した「政経電論(せいけいでんろん)」は、若い世代に向けて政治・経済の大切さを伝え、社会で役立つ情報を発信する佐藤尊徳(さとう そんとく)が編集長を務めるオピニオンメディアです。

尊徳ワンショット

長年、経営者向けのビジネス・経済誌を手がけてきた編集長は、師匠である佐藤正忠氏(株式会社経済界 創業者。親子ではありません)の下で20数年にわたって政財界を見聞。首相をはじめとする歴代の政治家や大手企業の経営者ら、日本を牽引してきた人物の声を直に聞き、今ではその系譜に連なるネットワークを引き継いでいます。

表紙 表紙 表紙 表紙

ウェブメディアの「政権電論」でやろうとしているのは、新しい知識、視点を提供することで、若い世代がそれまでに思いつかなかった考えにたどり着き、人生の選択肢を広げる助けになること。歴代政財界の知見と若い世代の感覚をぶつけて化学反応を起こし、現代を生きる若者の行動を促すことを目指します。

表紙 表紙 表紙 表紙

もし、世の中でわからないことや納得できないこと、不満に思うことがあれば、何でも編集長に意見や疑問を投げかけてください(編集長はとても情緒的です。直に政治家へ陳情しにいくこともあるかもしれません)。

俺にも言わせろ

「政経電論」では、こうやって記事に尊徳編集長が割り込んで、勝手に解説したり意見を述べたりします。

皆さんの意見は編集方針を決める貴重な情報です。何でもコメントしてください。

<編集長から読者の皆さまへ>

「『結果平等でなくてもいいが、機会は平等に与えられるべき』というのが僕の信念です。邪魔になる既得権益は壊さなければなりません。その力となる若い世代の声を政治に届けるため、投票行動の喚起や、オン・オフ問わず議論の場をつくることを『政権電論』を通してやっていきたいと思っています」

佐藤尊徳

「政経電論」編集長 佐藤尊徳(さとう そんとく)

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。経済界では創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、雑誌・経済界の編集長を務める。2013年11月、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げる。趣味はスキー(コブ)と競馬と野球観戦。著書に「やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の『信念の貫き方』」(双葉社)

※編集長の名前は「たかのり」と読みますが、愛称の「そんとく」で呼ばれることが多いです。