×

なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

政府の子どもに関する政策を統括する「こども庁」の創設案が政府・与党内で急浮上している。自民党は創設に向けた菅義偉首相直属の検討本部を設置。2022年度中の...

2021.4.16 NEW

経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

5~6年前のことになりますが、ホリエモンこと堀江貴文氏が発案した「コンビニ居酒屋」に対し、一橋大学の楠木健教授らが否定的な意見を言ったことに端を発し、「経...

2021.4.15 NEW

【4/16ニコ生配信】菅政権の目玉政策?なぜ今「こども庁」なのか

【4/16ニコ生配信】菅政権の目玉政策?なぜ今「こども庁」なのか

4月16日(金)18:00から、今話題になっている「こども庁」についてニコ生やります! デジタル庁に続き、菅政権が創設を目指す「こども庁」。子どもの貧困や...

佐藤尊徳

2021.4.14 NEW

任期満了まであと半年、衆院総選挙はいつ?

任期満了まであと半年、衆院総選挙はいつ?

10月の衆院議員の任期満了まで残り約半年となった。通常であればいつ衆院解散・総選挙があってもおかしくないが、今回は新型コロナウイルス感染症の拡大という特殊...

2021.4.14 NEW

実践知のプロを目指して 社会情報大学院大学、実務教育研究科の入学式挙行

実践知のプロを目指して 社会情報大学院大学、実務教育研究科の入学式挙行

学校法人先端教育機構 社会情報大学院大学(東京都新宿区、学長:吉國浩二)は4月10日に、実務教育研究科の第1期生の入学式を挙行。 新しい時代の教育システム...

2021.4.13 NEW

離党届を出せば済むのか。

離党届を出せば済むのか。

松本純衆議院議員が、新潮にすっぱ抜かれて、緊急事態宣言下で銀座のクラブをハシゴしたことが明らかになった。その時の弁明が、陳情を聞くために行き、飲食はしてい...

編集長ブログ

2021.02.01

カーボンニュートラル:世界は脱炭素の夢を見る

カーボンニュートラル:世界は脱炭素の夢を見る

2021.1.15

香港の1国2制度、約束より25年早く終わる

香港の1国2制度、約束より25年早く終わる

中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は2021年3月30日、香港の選挙制度改革について全会一致で可決、翌3月31日から施行された。改革...

2021.4.13 NEW

男性産休新設で育休取得に一歩前進~元ダメ夫が家事を始めたら

男性産休新設で育休取得に一歩前進~元ダメ夫が家事を始めたら

政府は2月男性の育児休業の取得を促すことを目的とした育児・介護休業法の改正案を閣議決定、今国会に提出予定です。新たに男性限定の特別な枠組みを作り、通常の産...

2021.4.5

どっちが早い? 外資による土地買収リスクvs.法整備

どっちが早い? 外資による土地買収リスクvs.法整備

近年、北海道のリゾート地や空港、自衛隊記事周辺で中国資本による土地の“爆買い”が進んでおり、安全保障上の懸念が広がっている。これまで日本には、外国人による...

2021.3.30

米中の新冷戦に英独仏も参戦?アジア太平洋に軍艦を送る理由とは

米中の新冷戦に英独仏も参戦?アジア太平洋に軍艦を送る理由とは

日米豪印が“中国対抗軸”として「4」を意味する「Quad(クアッド)」で結束、アジア太平洋地域で巨大化する中国を牽制する構えだが、これにイギリス、フランス...

2021.3.30

新型コロナワクチンの副反応、現時点でわかっていること

新型コロナワクチンの副反応、現時点でわかっていること

厚生労働省は3月26日、「厚生科学審議会 予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」と「薬事・食品衛生審議会 薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会」...

2021.3.29

「政経電論」会員募集中
炭素税は財政問題を解決するか~日本のカーボンプライシング

炭素税は財政問題を解決するか~日本のカーボンプライシング

2050年の温暖化効果ガスの排出量実質ゼロに向けて、二酸化炭素の排出量に応じて企業や家庭にコストを負担してもらう「カーボンプライシング」について本格的な議...

2021.3.27

環境保全とリターンは両立する 投融資を通じた環境支援は増大へ

環境保全とリターンは両立する 投融資を通じた環境支援は増大へ

「環境銘柄に投資すれば儲かる」というのが投資家の共通認識になっている。実際、ESG(環境・社会・企業統治)やSDGs(持続可能な開発目標)に関連した環境銘...

2021.3.26

【3/26ニコ生配信】ホントにやるんか? 東京五輪開催の是非を問う

【3/26ニコ生配信】ホントにやるんか? 東京五輪開催の是非を問う

いや東京五輪、グダグダすぎでしょう! ということで、3月26日(金)19:00から久々にニコ生をやります。 コロナ影響で1年延期になったのは仕方ない。でも...

佐藤尊徳

2021.3.25

米バイデン政権が放った「中国は地政学上の“試練”」の真意

米バイデン政権が放った「中国は地政学上の“試練”」の真意

2021年3月3日、米バイデン政権における外交・安全保障政策の第一人者・ブリンケン米国務長官が演説で「中国は世界にとって今世紀最大の地政学上の“試練”だ」...

2021.3.24

キャンプブームで好調、コロナ禍でも成長するアウトドア企業の今後

キャンプブームで好調、コロナ禍でも成長するアウトドア企業の今後

コロナ禍で従来通りの外出ができないなか、「巣ごもり需要」に牽引されたゲーム業界は活況となった。今期成績をみると任天堂は第3四半期累計の売上高が前年比37%...

2021.3.23

中国資本による北海道の土地買収を考える

中国資本による北海道の土地買収を考える

周知のように、日本の人口は減少の一途をたどっている。それにともない、地方では過疎化や限界集落が進み、空き家・空き地の問題が深刻化しているが、最近では東京都...

2021.3.22

問われるアスリートの危機管理能力 ジャパンラグビートップリーグのコロナ対策

問われるアスリートの危機管理能力 ジャパンラグビートップリーグのコロナ対策

withコロナの時代は2年目に入った。1年前と比べわれわれの知識も増え、どのように生活すればいいのかという勘所も少しずつわかってきた。スポーツも野球、Jリ...

2021.3.18

東京五輪強行開催へ、4者4様の思惑

東京五輪強行開催へ、4者4様の思惑

新型コロナウイルスの影響で国民が“自粛生活”を強いられるなか、政府が東京オリンピック・パラリンピックを今夏に開催しようとしている。中止や延期を求める国民は...

2021.3.17

なぜ財政赤字が悪いのか? 伝統的経済・財政学とMMT理論比較

なぜ財政赤字が悪いのか? 伝統的経済・財政学とMMT理論比較

財政赤字に苦しむ日本。歳出に占める税収の割合は4~6割で、令和3年度一般会計当初予算では公債残高は990兆を計上し、これは令和3年一般会計当初予算の税収の...

2021.3.11

日本人が大事にする「世間」の正体~コロナ禍と日本人論

日本人が大事にする「世間」の正体~コロナ禍と日本人論

「日本人は『世間』と『社会』でほとんどのことを説明できる」とは、日本世間学会幹事で九州工業大学名誉教授の佐藤直樹さん。新型コロナウイルスは、人類の生命を脅...

佐藤直樹

2021.3.10

バイオマス原料は石油依存からの脱却につながるのか

バイオマス原料は石油依存からの脱却につながるのか

現代社会はエネルギーだけでなくモノに関しても石油に依存している。ベッドやソファ等に含まれるクッションは石油由来のウレタンでできており、衣類には欠かせないポ...

2021.3.5

自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

新型コロナウイルス対応や東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長辞任、菅義偉首相の長男が関与した総務省幹部への接待問題で揺れる菅内閣。発足か...

2021.3.1

障がいのある人を在宅SEとして養成・雇用。三菱商事太陽が目指す共生社会

障がいのある人を在宅SEとして養成・雇用。三菱商事太陽が目指す共生社会

コロナ禍で急速に普及したテレワーク。通勤からの解放や家事育児との両立など、その恩恵を受けている人は多いのではないだろうか。しかし、通勤することが当たり前だ...

井本忠

2021.3.1

次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

世界が二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を“実質ゼロ”にする動きを加速しています。日本も、2050年の“実質ゼロ”をやっと掲げました。 “実質ゼロ...

2021.2.26

バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

新宿に約30分、横浜にも約30分。大規模団地や住宅地が広がり、幅広い年齢層が居住する東京・横浜のベットタウン・町田市。豊かな自然が残り、また四季折々の花が...

2021.2.25

中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

アメリカのバイデン大統領は2020年2月、バイデン政権の外交方針について演説し、中国を“最も重大な競争相手”と位置づけ、安全保障や人権、グローバルガバナン...

2021.2.24

サーキュラーエコノミー(循環型経済)が世界を変える

サーキュラーエコノミー(循環型経済)が世界を変える

現在の経済は、資源から製品を作り廃棄するリニアエコノミー(直線型経済)ですが、これに対しサーキュラーエコノミー(循環型経済)とは、廃棄物を資源ととらえ、廃...

2021.2.23

バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

2020年1月はじめ、イラクで米軍がイラン革命防衛のソレイマニ司令官を殺害したことで、軍事衝突への緊張が一気に高まったことは記憶に新しい。トランプ大統領は...

2021.2.22

ウェルネスカンパニーを目指すアデランスの光触媒事業【アデランス津村社長×プロラボ佐々木会長】

ウェルネスカンパニーを目指すアデランスの光触媒事業【アデランス津村社長×プロラボ佐々木会長】

毛髪事業を展開するアデランスは、2018年の50周年を機に、“美容と健康”へと事業領域を広げている。昨今の衛生管理に対する意識の高まりのなかで衛生事業を強...

津村佳宏

佐々木 広行

2021.2.22

いずれEV大国に? 中国の環境政策が侮れない理由

いずれEV大国に? 中国の環境政策が侮れない理由

PM2.5で汚染された大気、工業排水で汚染された河川……中国の環境と聞けばそんなイメージがあるだろう。現状、火力発電の中でもCO2の排出比率の高い石炭発電...

2021.2.21