×

自動運転に欠かせない技術と企業 メーカー単独では困難

自動運転に欠かせない技術と企業 メーカー単独では困難

自動運転の実用化に向けて着々と技術開発が進んでいる。ニュースではトヨタなどの自動車メーカーや、業界への参入が予見されるGoogleといったIT企業が注目さ...

2021.6.19 NEW

環境対策は義務から投資へ、CO2削減に集まるマネー

環境対策は義務から投資へ、CO2削減に集まるマネー

企業のESG(環境・社会・ガバナンス)が重視されるようになり、各社が具体的な取り組みについて公表するようになった。環境関連ではCO2削減目標や循環型経済の...

2021.6.18 NEW

2021都議選が実質スタート、東京五輪開催の是非など争点

2021都議選が実質スタート、東京五輪開催の是非など争点

通常国会が6月16日に閉幕し、与野党は“選挙モード”に突入した。7月に都議選が行われ、その後の9月には衆院総選挙が行われる見通し。前哨戦となる都議選は前回...

2021.6.17 NEW

新しいシモキタを創る“個店街”「reload」が東北沢駅近に誕生

新しいシモキタを創る“個店街”「reload」が東北沢駅近に誕生

小田急電鉄は2019年より東北沢~下北沢~世田谷代田駅間の線路跡地を「下北線路街」として整備する開発を進めてきた。エリア内にある全13ブロックの施設は随時...

2021.6.16

日本の国益最大化における憲法9条の役割

日本の国益最大化における憲法9条の役割

憲法改正の国民投票の利便性を高めること等を定めた改正国民投票法が、法案提出から3年の時を経て成立した。憲法改正をめぐる議論は緊急事態状条項や合区解消、教育...

2021.6.14

りんご日報発行停止

りんご日報発行停止

香港の唯一の民主派紙であるりんご日報が当局の資金凍結により、発行停止になる。 創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏も実刑判決を受けて服役中だ。 さすがに言論人...

編集長ブログ

2021.06.23

カーボンニュートラル:世界は脱炭素の夢を見る

カーボンニュートラル:世界は脱炭素の夢を見る

2021.1.15

共生社会の障害者雇用を考える

共生社会の障害者雇用を考える

少子高齢化が進んだ日本は、年齢や障害の有無にかかわらず社会参画ができる共生社会の構築が求められています。その一つとして障害者を社会から疎外し一方的な支援を...

2021.6.11

2021年通常国会閉幕へ 成立した重要法案は?

2021年通常国会閉幕へ 成立した重要法案は?

通常国会が6月16日に会期末を迎える。9日には与野党トップが“直接対決”したが、東京オリンピック・パラリンピックの開催や会期延長をめぐる議論はかみ合わず。...

2021.6.10

「個人自立社会」への転換 人材のスキルシェアリングから始まるレジリエンスの向上

「個人自立社会」への転換 人材のスキルシェアリングから始まるレジリエンスの向上

多様な価値観の広がり、働き方の多様化のなかで「企業依存社会」から「個人自立社会」への転換が求められている。「個人自立社会」は社会に何をもたらし、何を変える...

髙木元義

2021.6.8

ワクチンパスポートは海外渡航の必須ツールになるのか?

ワクチンパスポートは海外渡航の必須ツールになるのか?

新型コロナウイルスのワクチン接種が先進国を中心に進むなか、“鎖国”の解禁が期待される。しかし現時点では、依然として感染拡大のリスクを抱えている以上、無条件...

2021.6.3

竜電と阿炎の違いは何? 「不倫」は組織として処罰すべき問題か

竜電と阿炎の違いは何? 「不倫」は組織として処罰すべき問題か

幕内力士:竜電が日本相撲協会の定めるガイドラインに抵触していたとして3場所休場の処分が下された。不要不急の外出を禁じられていたのだが夫人とは別の女性と25...

2021.6.2

「政経電論」会員募集中
社会に変革を生み出す人材に パソナの「ハイブリッドキャリア」

社会に変革を生み出す人材に パソナの「ハイブリッドキャリア」

総合人材サービス大手のパソナグループは、就職氷河期世代を主な対象に地方創生事業を通じた街づくり人財を育成する「MBA(Middles Be Ambitio...

金澤真理

2021.5.27

気候サミット主要参加国は全員“エネルギー大国”という余裕

気候サミット主要参加国は全員“エネルギー大国”という余裕

4月に開催された「気候サミット」は、各国が温室効果ガス削減への意識の高さを披露する場となった。日・米・中・露・印・加・英・仏・独・EUなど世界のCO2排出...

2021.5.24

“経済の街”香港の経済を犠牲にした油断なき新型コロナ対策

“経済の街”香港の経済を犠牲にした油断なき新型コロナ対策

日本は、世界的に見れば新型コロナウイルスの感染拡大を抑えた国の一つと言える。しかし、イギリス由来の変異株「N501Y」は東京・関西などに緊急事態宣言を発令...

2021.5.21

激化する米中対立、日本企業は対中依存度を下げるべきか

激化する米中対立、日本企業は対中依存度を下げるべきか

バイデン氏は米大統領就任直後から、パリ協定に復帰するための大統領令に署名し、2015年のイラン核合意への復帰を公約に掲げるなど、脱トランプ路線を強く示して...

2021.5.21

誰でもおいしく気軽に摂れる「免疫維持サプリ」を実現したファンケルの開発力に迫る

誰でもおいしく気軽に摂れる「免疫維持サプリ」を実現したファンケルの開発力に迫る

コロナ禍において、人々の健康意識が高まり、とりわけ“免疫力の向上”に注目が高まっている。日本能率協会総合研究所が2020年に行った意識調査でも、20~69...

2021.5.20

進むCO2地下貯蔵の技術開発 が、根本的解決法にあらず

進むCO2地下貯蔵の技術開発 が、根本的解決法にあらず

CO2削減に向けた取り組みとして、再生可能エネルギーの導入やEV化、工場設備の省エネ化が進められている。だが、石油に依存した現代の重工業を短期間でクリーン...

2021.5.20

AmazonやSpotifyだけじゃない! 趣味の領域こそサブスクで

AmazonやSpotifyだけじゃない! 趣味の領域こそサブスクで

定額制でサービス・モノを利用できる「サブスクリプションサービス」。月額500円で配送無料のほか動画や音楽、読書等のコンテンツが利用できる「Amazonプラ...

2021.5.19

いま再び活況の仮想通貨、実は市場のカナリア

いま再び活況の仮想通貨、実は市場のカナリア

テスラ社のビットコイン決済をめぐる、イーロン・マスク氏のツイートによって価格が乱高下。さすが時価総額上位の影響力。マスク氏周りでは「ドージコイン」も盛り上...

2021.5.18

外国にいる香港人が見た香港「民主の火を絶やさずにいられれば」

外国にいる香港人が見た香港「民主の火を絶やさずにいられれば」

香港国家安全維持法が制定され、議会から民主派を排除する選挙制度改革が行われることが決まり、“民主”からさらに遠ざかっていく香港。“香港にいる香港人”ではな...

伍 嘉誠

2021.5.14

東京五輪やるの?やらないの? 開催シナリオに狂い 

東京五輪やるの?やらないの? 開催シナリオに狂い 

東京オリンピック・パラリンピックの開催シナリオに狂いが生じている。政府は開催に向けて緊急事態宣言をいったん解除したが、変異型の新型コロナウイルスが急拡大。...

2021.5.12

日本人の平和主義観念はいかに生まれたか

日本人の平和主義観念はいかに生まれたか

改憲の話になると必ず議論が過熱する憲法9条。戦争放棄を規定した、世界に唯一存在する平和憲法は“非軍事国家日本”の象徴であり、日本人の平和主義観念に大きな影...

2021.5.11

改憲議論再燃へ 審議を進めた世論の変化と政権の色

改憲議論再燃へ 審議を進めた世論の変化と政権の色

憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が国会提出から3年の時を経て、今国会で成立する見通しとなった。自民党と立憲民主党が5月6日に幹事長会談を開き、一部...

2021.5.10

みずほが一つになれない理由 終わらぬ主導権争い

みずほが一つになれない理由 終わらぬ主導権争い

みずほ銀行のシステム障害が問われている。銀行のシステムは社会インフラであり、顧客との接点であるATMは銀行の顔、社会に開かれた窓のようなものだ。その銀行の...

2021.5.9

人の動きをコントロールする行動経済学を政策へ

人の動きをコントロールする行動経済学を政策へ

行動経済学とは、心理学や脳科学などを取り入れた経済学の一分野であり、2002年にダニエル・カーネマン教授が、2019年にリチャード・セイラー教授がノーベル...

2021.5.8

衆参3選挙の全敗は与党の“敵失”、次期総裁に菅首相浮上の奇妙

衆参3選挙の全敗は与党の“敵失”、次期総裁に菅首相浮上の奇妙

菅政権発足後、初の国政選挙となる衆参3選挙が4月25日に投開票され、いずれも野党候補が当選、与党は“全敗”という厳しい結果となった。菅義偉首相は立て直しに...

2021.4.27

【兵力想定】中国最大の「台湾上陸作戦」

【兵力想定】中国最大の「台湾上陸作戦」

2021年1月に米バイデン政権が発足して3カ月、米中対立はますます激化し、今や「新冷戦」と呼ばれるほどになっている。この余波というべきか、中国が悲願の国家...

2021.4.27

世界のCO2排出量計4割、中国とアメリカの協調は可能か

世界のCO2排出量計4割、中国とアメリカの協調は可能か

地球温暖化の脅威が世界で議論され長年が経つが、それに対する国際社会の取り組みは全体としてうまくいっているとは言い難い。筆者も大学の講義で「地球温暖化と安全...

2021.4.26

アメリカにとって役に立つ日本であるために 日米首脳会談は気候変動問題がカギ

アメリカにとって役に立つ日本であるために 日米首脳会談は気候変動問題がカギ

2021年4月16日(米国現地時間)、菅義偉首相とジョセフ・バイデン大統領による初めての日米首脳会談が行われた。台湾への言及等が注目されているが、実は今回...

2021.4.23

警備ロボの実用化で人手不足を解消 画像・動作認識AIでデータベースの活用へ

警備ロボの実用化で人手不足を解消 画像・動作認識AIでデータベースの活用へ

少子高齢化は社会保障費を圧迫するだけでなく労働人口の減少をもたらす。生産年齢人口(15~64歳)は1995年の8716万人をピークに減少し続けており、20...

2021.4.21

ポテンシャルは原発600基分、洋上風力発電の可能性を考える

ポテンシャルは原発600基分、洋上風力発電の可能性を考える

福島第一原子力発電所から排出された汚染水を処理して海洋放出することについて、国際的な物議を醸している。東日本大震災から10年を経ても日本にとっては依然とし...

2021.4.20