×

超高齢化社会、地方の過疎化で変わる“クルマ社会” 日産自動車の次世代モビリティへの取り組み

超高齢化社会、地方の過疎化で変わる“クルマ社会” 日産自動車の次世代モビリティへの取り組み

少子高齢化の加速によって、国内では労働力不足や医療・介護制度の課題などが浮き彫りになっているが、ほかにも“移動”に関する問題も顕在化している。それを受けて...

木村健

2024.6.19 NEW

政策から、社会・地域を考える。  社会人大学院「社会構想研究科」新設置。

政策から、社会・地域を考える。 社会人大学院「社会構想研究科」新設置。

2024年4月から学校法人先端教育機構(理事長:東英弥)が運営する社会構想大学院大学では、政策からより良い社会・地域を考える「社会構想研究科」が始動した。...

2024.6.18 NEW

年収1000万円も!ミドル・シニアのセカンドキャリア最前線

年収1000万円も!ミドル・シニアのセカンドキャリア最前線

総務省の資料によれば、我が国の15歳から64歳までの生産年齢人口は減り続けており、2050年には5,275万人と、2021年に比べれば29.2%も減少する...

中田光佐子

2024.6.4

五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

アサヒビールは4月25日~9月30日の期間限定で、東京・銀座に体験型ショップ「SUPER DRY Immersive experience」をオープン。日...

2024.5.10

子どもが一歩を踏み出す勇気に 「ペッピーキッズクラブ」が目指す新しい英会話教室のかたち

子どもが一歩を踏み出す勇気に 「ペッピーキッズクラブ」が目指す新しい英会話教室のかたち

学習塾や出版社などを運営するKTCグループが、30年以上続く子ども英会話教室「ペッピーキッズクラブ」のリブランディングを実施。会員たちの声を聞くなかで、「...

2024.5.1

女性局フランスへ

女性局フランスへ

松川るい議員他、自民党の女性局の面々がフランスへ研修とやらに行った。 1ニョッキ2ニョッキのような変なポーズでエッフェル塔をバックに写真を撮り、SNSで流...

編集長ブログ

2023.08.04

「医師の働き方改革」にも寄与 医療現場を革新する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」

「医師の働き方改革」にも寄与 医療現場を革新する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」

病院は今、2024年4月から始まる医師の時間外労働規制の導入、いわゆる「医師の働き方改革」に向けた対応に迫られている。加えて地方は慢性的な医師不足にあり、...

三宅邦明

坂野哲平

2023.12.14

パラスポーツのサポートを通じて次世代が活躍できる環境を【三菱商事の社会貢献活動50年】

パラスポーツのサポートを通じて次世代が活躍できる環境を【三菱商事の社会貢献活動50年】

「利益が上がったときにその一部を社会貢献に回す、ということではなく、企業が存在する社会、コミュニティーへの参加費として一定のコストを負担すべき」――。藤野...

2023.12.1

ボーダーレス化が進む電機業界と自動車業界【CEATEC2023】

ボーダーレス化が進む電機業界と自動車業界【CEATEC2023】

「未来を変える、イノベーター10万人のための共創の場へ」をテーマに掲げた「CEATEC2023」(10月17日~20日)を通して感じたのは、電機と自動車と...

2023.11.30

物流・運送業界の労働時間問題に挑む、自動運転レベル4のダンプカー

物流・運送業界の労働時間問題に挑む、自動運転レベル4のダンプカー

「ジャパンモビリティショー(JMS)」(2023年10月26日~11月5日)で注目度の高かった車両の一つに、2021年にいすゞ傘下となったUDトラックスが...

2023.11.24

クルマを超えた「モビリティ」 自分に合った乗り物を探す時代へ

クルマを超えた「モビリティ」 自分に合った乗り物を探す時代へ

ここ数年、自動車業界を取り巻く環境が劇的に変化し、電気、半導体など、これまで以上に他の業界を巻き込む必要が出てきている。2023年10月・11月に開催され...

2023.11.24

「政経電論」会員募集中
ウクライナやイスラエル情勢で国連の機能不全が鮮明に

ウクライナやイスラエル情勢で国連の機能不全が鮮明に

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への空爆が続く。イスラエル側の犠牲者数が1400人余りに留まる一方、パレスチナ側の犠牲者数は1万人を超え、増加の...

2023.11.24

必要なのは対立の“管理” 米中首脳会談の歩み寄り

必要なのは対立の“管理” 米中首脳会談の歩み寄り

近年、アメリカと中国は安全保障や経済、貿易や人権、先端技術など、あらゆる領域で対立、競争していたが、11月15日に行われた米中首脳会談では両者歩み寄る姿勢...

2023.11.22

変化する銀行と顧客の接点 「支店」はこれからどうなる?

変化する銀行と顧客の接点 「支店」はこれからどうなる?

メガバンクなど多くの銀行で「支店」の統廃合が進められている。その一方で、スマホ決済が拡大し、スマホを通じた銀行サービスの提供も広がっている。その様相はあた...

2023.11.21

経済対策発表後も支持率低迷 奇妙なバランスで安定する岸田政権

経済対策発表後も支持率低迷 奇妙なバランスで安定する岸田政権

政府は11月2日の閣議で、一人あたり4万円の定額減税や非課税世帯への7万円給付などを盛り込んだ事業規模37兆円超の経済対策を決定した。裏付けとなる補正予算...

2023.11.7

企業の生き死にを決めかねないコベナンツの開示

企業の生き死にを決めかねないコベナンツの開示

企業が銀行から融資を受ける際に、条件として設定されるコベナンツ(財務制限条項)の開示をめぐり、金融界が揺れている。コベナンツ開示は、金融庁が公表した改正案...

2023.11.2

岸田政権が実現を目指す「資産運用立国」、その課題と落とし穴

岸田政権が実現を目指す「資産運用立国」、その課題と落とし穴

現在、政府は家計の金融資産を成長投資に振り向ける「資産運用立国」の実現を掲げている。10月4日には「新しい資本主義実現会議」で「第1回資産運用立国分科会」...

2023.11.2

【激化する中東情勢】欧米諸国とは違う中国・ロシアの思惑

【激化する中東情勢】欧米諸国とは違う中国・ロシアの思惑

武装組織ハマスによるイスラエルへの突然の攻撃により端を発した中東情勢は、依然収まる気配を見せない。欧米諸国がイスラエル支持を表明するなか、中国はパレスチナ...

2023.11.1

【激化する中東情勢】国際的なテロへの懸念

【激化する中東情勢】国際的なテロへの懸念

イスラエルと武装組織ハマスの戦闘は解決策も妥協点も見つからぬまま激化の一途をたどっている。戦禍の拡大に伴って次に懸念されるのは、対立の火種が飛び火して国際...

2023.10.27

自民1勝1敗 衆参補選で浮き彫りになった首相の求心力低下と、まとまれない野党

自民1勝1敗 衆参補選で浮き彫りになった首相の求心力低下と、まとまれない野党

衆参のダブル補欠選挙が10月22日に投開票され、衆院長崎4区は自民党の新人が競り勝ったものの、参院徳島・高知選挙区は野党系元職が自民党新人を大差で退けた。...

2023.10.24

イスラエル・パレスチナ衝突の背景にあるイランの存在

イスラエル・パレスチナ衝突の背景にあるイランの存在

10月7日にハマスなどパレスチナ武装勢力が、ガザ地区からイスラエル領内へ大規模な越境攻撃を行ったことに対してイスラエル側も反撃を開始。イスラエル軍による地...

2023.10.19

臨時国会・衆参補選 岸田首相が総裁選再選するための最低条件

臨時国会・衆参補選 岸田首相が総裁選再選するための最低条件

秋の臨時国会が10月20日に召集される。岸田文雄首相が臨時国会冒頭で衆院を解散するとの見方もあったが、内閣支持率の低迷を踏まえて見送る公算だ。政府・与党が...

2023.10.19

違和感が魅力? 大手も参入する「ネオ大衆酒場」の人気の理由

違和感が魅力? 大手も参入する「ネオ大衆酒場」の人気の理由

日本の高度経済成長期を支えた「大衆酒場」は、歴史に埋もれた存在と思われてきた。だが近年、「ネオ大衆酒場」なるものが現れ、TikTokやInstagramで...

2023.10.12

長期金利の上昇が及ぼす個人と中小企業への影響

長期金利の上昇が及ぼす個人と中小企業への影響

市場では日銀の政策転換時期をめぐる議論が騒がしい。日銀は、7月に長短金利を低く抑え込む政策「イールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)」の上限を...

2023.10.3

永田町をにぎわす「自公国」連立構想 自民が隠し切れない2つの狙い

永田町をにぎわす「自公国」連立構想 自民が隠し切れない2つの狙い

自民、公明の連立与党に国民民主党が加わる「自公国」連立構想が永田町で取り沙汰されている。選挙区調整などハードルは高いが、それでも話題が絶えないのは自民党側...

2023.10.3

有事の前触れか通貨の堕落か 戦後3度目の金価格の高騰が意味するもの

有事の前触れか通貨の堕落か 戦後3度目の金価格の高騰が意味するもの

金の価格が高騰している。8月29日には店頭販売価格がついに1万円の大台乗せ。以降も高値圏で推移している。日米の金融政策の違いにより、過度な円安が進行し、円...

2023.10.3

家族と過ごす時間をより豊かに シームレスでサステナブルな暮らしを叶える新住宅「IZM(イズム)」

家族と過ごす時間をより豊かに シームレスでサステナブルな暮らしを叶える新住宅「IZM(イズム)」

コロナ禍をきっかけに、人々の「住まい」に対するニーズや価値観は大きく変化した。テレワークが当たり前になったことで在宅時間は増え、今まで以上に快適な居住空間...

2023.10.3

【内閣改造】政権の骨格は維持、初入閣11人 支持率は横ばいか

【内閣改造】政権の骨格は維持、初入閣11人 支持率は横ばいか

岸田文雄首相は9月13日、内閣改造と自民党役員人事を行った。茂木敏充幹事長や松野博一官房長官ら政権の骨格を維持する一方、上川陽子氏を外相に起用するなど女性...

2023.9.15

止まらない円安進行 カギは日銀の為替介入か金融緩和の修正か

止まらない円安進行 カギは日銀の為替介入か金融緩和の修正か

円安の流れに歯止めがかからない。お盆明けの8月17日には円相場は一時、1ドル=146円56銭まで下落。政府と日銀が昨年秋、24年ぶりに円買いドル売りの為替...

2023.9.13

中露朝は結束以上、同盟未満 ロシアと接近する北朝鮮の目的は

中露朝は結束以上、同盟未満 ロシアと接近する北朝鮮の目的は

最近、ロシアと北朝鮮の接近が著しい。直近ではロシアのショイグ国防相が9月4日、「北朝鮮はロシアの隣人だ」と指摘した上で、北朝鮮と合同軍事演習を行うことを検...

2023.9.11

処理水海洋放出で非科学的な措置の背景 中国はなぜ反日を強めるのか

処理水海洋放出で非科学的な措置の背景 中国はなぜ反日を強めるのか

8月24日から開始した福島第一原子力発電所の処理水の海洋放出に対して、中国は処理水を「核汚染水」と呼び、「断固とした反対と強烈な非難」との談話とともに激し...

2023.9.11