×

社会

拡大する対中強硬姿勢 アメリカに続きイギリス、オーストラリアも

拡大する対中強硬姿勢 アメリカに続きイギリス、オーストラリアも

覇権的行動のみならず、近年、中国が引き起こす人権に関連する諸問題に対して、大国が次々と強硬な対中姿勢を見せ始めている。特にアメリカ、イギリス、オーストラリ...

2022.9.2

台湾をめぐり中国と米豪がにらみ合い 南太平洋を舞台に繰り広げられる大国間競争とは

台湾をめぐり中国と米豪がにらみ合い 南太平洋を舞台に繰り広げられる大国間競争とは

近年、南太平洋の島嶼国への外交攻勢を強める中国。軍事的影響力の拡大も懸念されるなか、アメリカやオーストラリアも動き出した。新たな大国間競争の舞台となった南...

2022.9.2

アメリカの接近は福音か脅威の引き金か 自衛に傾き始めた台湾社会

アメリカの接近は福音か脅威の引き金か 自衛に傾き始めた台湾社会

2022年5月に行われた日米首脳会談で「台湾有事」について問われたジョー・バイデン米大統領は、台湾防衛の際には軍事的に関与することを明言。これまでの方針よ...

2022.8.31

報復か、弱体化か 指導者を殺害された国際テロ組織アルカイダの今後の動向

報復か、弱体化か 指導者を殺害された国際テロ組織アルカイダの今後の動向

バイデン米大統領は8月1日、国際テロ組織アルカイダの現指導者アイマン・ザワヒリ容疑者を、アフガニスタンの首都カブール周辺で7月31日にドローンによって殺害...

2022.8.31

環境対策はコストがかかる、だからこそマネタイズが必要 アサヒユウアスの挑戦

環境対策はコストがかかる、だからこそマネタイズが必要 アサヒユウアスの挑戦

「環境対策はコストがかかります。利益とのバランスは難しいですが、だからこそ挑戦する価値がある」とアサヒユウアスの高森志文社長は言う。サステナブルな社会の実...

高森志文

2022.8.19

インド太平洋地域への関与を強めるイギリス 「英連邦」をどう使う?

インド太平洋地域への関与を強めるイギリス 「英連邦」をどう使う?

2019年にブレグジットとしてEUからの脱退を果たしたイギリスは、古くは大英帝国として多くの植民地を増やし、19~20世紀初頭をピークに世界の覇権を握った...

2022.5.9

狙いは第2パナマ運河建設か 台湾断交のニカラグアでうごめく中国

狙いは第2パナマ運河建設か 台湾断交のニカラグアでうごめく中国

中米のニカラグアは昨年12月9日に、これまで国交のあった台湾と断交、中国との国交回復に舵を切った。中国は以前からこの地で“第2パナマ運河”と呼ばれる巨大運...

2022.5.9

放談:大型連休中日の平日に思うこと【5月2日トーク生配信より】

5月2日(月)の18時から【ニコ生でトーク生配信】をします。今回のテーマは[大型連休中日の平日に思うこと]。 ライブ配信[ニコニコ生放送] 【日時】5月2...

2022.5.2

感染爆発の香港が、中国のゼロコロナ政策に従わざるを得ない理由

感染爆発の香港が、中国のゼロコロナ政策に従わざるを得ない理由

世界的にも新型コロナをうまく抑えてきた香港だったが、オミクロン株の抑え込みには失敗し、3月上旬には一日5万人超の新規感染者を記録。重症化率の低いオミクロン...

2022.3.14

大相撲、これからの感染対策は現実に沿った対応を

大相撲、これからの感染対策は現実に沿った対応を

新型コロナウイルスの感染者数はようやく減少に転じているが、東京では連日1万人前後で推移しており、なかなか出口が見えない。 ここまで感染対策については一定の...

2022.3.12

日本企業が懸念すべき地政学リスク【2022年版】

日本企業が懸念すべき地政学リスク【2022年版】

2022年になってからすでに北朝鮮は7回もミサイルを発射、中央アジアのカザフスタンでは反政府デモが各地に拡大し多くの死傷者が出た模様。今年も地政学リスクは...

2022.2.17

世界一幸福な国・フィンランドへの移住プログラム「サイマー湖での3カ月」参加者募集中

世界一幸福な国・フィンランドへの移住プログラム「サイマー湖での3カ月」参加者募集中

フィンランド南東部の南カレリア県は、グリーンテクノロジーにかかわる専門職、投資家、実業家、学生を対象とした、「フィンランド・サイマー湖での3カ月」というプ...

2022.2.14