×

企業

悟空の両親の物語が初アニメ化! 原作ファンを歓喜させる『ドラゴンボール超 ブロリー』

悟空の両親の物語が初アニメ化! 原作ファンを歓喜させる『ドラゴンボール超 ブロリー』

12月14日に劇場版アニメ『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』が公開。『ドラゴンボール』の劇場版アニメはこれまで19作品が公開されているが、20作目...

2018.12.07

最新IT技術を駆使した現代のCIA特殊任務のスゴさを堪能できる映画『マイル22』

最新IT技術を駆使した現代のCIA特殊任務のスゴさを堪能できる映画『マイル22』

世界を破滅に導く危険物質がテロリストに盗まれ、これを秘密裏に阻止すべく、ジェームズ・シルバ(通称ジミー)率いるCIA(米アメリカ中央情報局)の機密特殊部隊...

情報コーナー

2018.11.28

「聞く力」「伝える力」が感動を呼ぶ 葬儀会館ティア流の人財育成

「聞く力」「伝える力」が感動を呼ぶ 葬儀会館ティア流の人財育成

東海地方を中心に事業を展開する葬儀会館ティアには、「ティアアカデミー」という冨安徳久社長の理念を基にした独自の教育プログラムがある。大事なのは「聞く力」と...

2018.10.16

脱炭素で持続可能な地球環境の実現を目指すアサヒグループの壮大な使命

脱炭素で持続可能な地球環境の実現を目指すアサヒグループの壮大な使命

アサヒグループホールディングスが掲げる、環境経営における気候変動に関する新たな中長期目標「アサヒ カーボンゼロ」。国内グループ企業において持続可能な地球環...

2018.10.15

【髙松孝年×佐藤尊徳】「“2018年ピークアウト説”は崩れた」建設業界の未来は海外&外国人就労にあり

【髙松孝年×佐藤尊徳】「“2018年ピークアウト説”は崩れた」建設業界の未来は海外&外国人就労にあり

東日本大震災からの復興や、2020年の東京オリンピック開催を背景に、好景気に沸く建設業界。しかし、“建設業界2018年ピークアウト説”に代表されるように、...

佐藤尊徳が聞く あの人のホンネ

髙松孝年

佐藤尊徳

2018.07.31

オラオラ・ギラギラ…きっと現代ではモテない“男”たちが格好良い【映画『孤狼の血』】

オラオラ・ギラギラ…きっと現代ではモテない“男”たちが格好良い【映画『孤狼の血』】

草食系、美男子、ジェンダーレス――。男性を表現する言葉がすっかりまろやかになった今、こういう“男”たちは世の中にどのようにとらえられるのだろうか。 &nb...

2018.05.01

長期の視点で人が基本 海外でも「日本的経営」は通用する【日覺昭廣・東レ】

長期の視点で人が基本 海外でも「日本的経営」は通用する【日覺昭廣・東レ】

素材メーカーの東レは、一時の繊維事業の低迷を乗り越え、航空機向け炭素繊維などに活路を見出した。2017年3月期まで4期連続で純利益が最高益更新と足元の業績...

日覺昭廣

佐藤尊徳

2018.03.30

年老いた母を持つすべての“息子”たちへ【映画『北の桜守』】

年老いた母を持つすべての“息子”たちへ【映画『北の桜守』】

『北の桜守(きたのさくらもり)』 は、唯一無二の映画女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作で、吉永主演の『北の零年』、『北のカナリアたち』に続く“北...

2018.02.23

【藤田晋×佐藤尊徳】ネットはテレビで起爆する AbemaTVがマスメディアに化けたとき

【藤田晋×佐藤尊徳】ネットはテレビで起爆する AbemaTVがマスメディアに化けたとき

目下、社運をかけてインターネットテレビ「AbemaTV」に注力しているサイバーエージェント。好調なゲームやマッチングアプリのほか、2017年10月には仮想...

佐藤尊徳が聞く あの人のホンネ

藤田 晋

佐藤尊徳

2018.02.16

【藤田晋×佐藤尊徳】サイバーエージェントはなぜ株主に許されるのか AbemaTV先行投資200億円

【藤田晋×佐藤尊徳】サイバーエージェントはなぜ株主に許されるのか AbemaTV先行投資200億円

設立から20年の節目を迎えるサイバーエージェント。インターネット広告やスマホゲームで急成長し、時価総額はいまや5000億円を超える。現在は同社が自ら運営す...

佐藤尊徳が聞く あの人のホンネ

藤田 晋

佐藤尊徳

2018.02.13

大事なのは“つながり” 職業「芸術家」を目指す若者たち【三菱商事アート・ゲート・プログラム】

大事なのは“つながり” 職業「芸術家」を目指す若者たち【三菱商事アート・ゲート・プログラム】

プロの芸術家になるためには作品を世の中に発表しなければ始まらないが、そもそも資金の少ない若手にはその場にさえ恵まれないことは多い。そんななか、三菱商事は2...

2018.01.22

ティアが「感動葬儀」を続ける理由 適正価格の先にあるもの

ティアが「感動葬儀」を続ける理由 適正価格の先にあるもの

愛知・名古屋を本拠地に、葬儀価格の適正化を打ち出して業界の常識を覆してきた葬儀会館ティア。2012年には関東進出を果たし収益化を促進、2016年には東京都...

2017.10.20