×

記事一覧

自動運転に欠かせない技術と企業 メーカー単独では困難

自動運転に欠かせない技術と企業 メーカー単独では困難

自動運転の実用化に向けて着々と技術開発が進んでいる。ニュースではトヨタなどの自動車メーカーや、業界への参入が予見されるGoogleといったIT企業が注目さ...

2021.6.19 NEW

環境対策は義務から投資へ、CO2削減に集まるマネー

環境対策は義務から投資へ、CO2削減に集まるマネー

企業のESG(環境・社会・ガバナンス)が重視されるようになり、各社が具体的な取り組みについて公表するようになった。環境関連ではCO2削減目標や循環型経済の...

2021.6.18 NEW

2021都議選が実質スタート、東京五輪開催の是非など争点

2021都議選が実質スタート、東京五輪開催の是非など争点

通常国会が6月16日に閉幕し、与野党は“選挙モード”に突入した。7月に都議選が行われ、その後の9月には衆院総選挙が行われる見通し。前哨戦となる都議選は前回...

2021.6.17 NEW

新しいシモキタを創る“個店街”「reload」が東北沢駅近に誕生

新しいシモキタを創る“個店街”「reload」が東北沢駅近に誕生

小田急電鉄は2019年より東北沢~下北沢~世田谷代田駅間の線路跡地を「下北線路街」として整備する開発を進めてきた。エリア内にある全13ブロックの施設は随時...

2021.6.16

日本の国益最大化における憲法9条の役割

日本の国益最大化における憲法9条の役割

憲法改正の国民投票の利便性を高めること等を定めた改正国民投票法が、法案提出から3年の時を経て成立した。憲法改正をめぐる議論は緊急事態状条項や合区解消、教育...

2021.6.14

共生社会の障害者雇用を考える

共生社会の障害者雇用を考える

少子高齢化が進んだ日本は、年齢や障害の有無にかかわらず社会参画ができる共生社会の構築が求められています。その一つとして障害者を社会から疎外し一方的な支援を...

2021.6.11

2021年通常国会閉幕へ 成立した重要法案は?

2021年通常国会閉幕へ 成立した重要法案は?

通常国会が6月16日に会期末を迎える。9日には与野党トップが“直接対決”したが、東京オリンピック・パラリンピックの開催や会期延長をめぐる議論はかみ合わず。...

2021.6.10

「個人自立社会」への転換 人材のスキルシェアリングから始まるレジリエンスの向上

「個人自立社会」への転換 人材のスキルシェアリングから始まるレジリエンスの向上

多様な価値観の広がり、働き方の多様化のなかで「企業依存社会」から「個人自立社会」への転換が求められている。「個人自立社会」は社会に何をもたらし、何を変える...

髙木元義

2021.6.8

ワクチンパスポートは海外渡航の必須ツールになるのか?

ワクチンパスポートは海外渡航の必須ツールになるのか?

新型コロナウイルスのワクチン接種が先進国を中心に進むなか、“鎖国”の解禁が期待される。しかし現時点では、依然として感染拡大のリスクを抱えている以上、無条件...

2021.6.3

竜電と阿炎の違いは何? 「不倫」は組織として処罰すべき問題か

竜電と阿炎の違いは何? 「不倫」は組織として処罰すべき問題か

幕内力士:竜電が日本相撲協会の定めるガイドラインに抵触していたとして3場所休場の処分が下された。不要不急の外出を禁じられていたのだが夫人とは別の女性と25...

2021.6.2

社会に変革を生み出す人材に パソナの「ハイブリッドキャリア」

社会に変革を生み出す人材に パソナの「ハイブリッドキャリア」

総合人材サービス大手のパソナグループは、就職氷河期世代を主な対象に地方創生事業を通じた街づくり人財を育成する「MBA(Middles Be Ambitio...

金澤真理

2021.5.27

気候サミット主要参加国は全員“エネルギー大国”という余裕

気候サミット主要参加国は全員“エネルギー大国”という余裕

4月に開催された「気候サミット」は、各国が温室効果ガス削減への意識の高さを披露する場となった。日・米・中・露・印・加・英・仏・独・EUなど世界のCO2排出...

2021.5.24