×

記事一覧

米中首脳会談の緊張と緩和 台湾が米中対立の最前線に

米中首脳会談の緊張と緩和 台湾が米中対立の最前線に

米中関係がこれまでになく冷え込むなか、11月14日、アメリカのバイデン大統領と中国の習近平国家主席がインドネシア・バリ島で会談した。米中首脳会談は実に3時...

2022.11.21

ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の思惑とは

ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の思惑とは

北朝鮮は11月17日午前、東部の元山付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイル1発を発射した。飛距離はおよそ240キロ、高度は47キロ程度とされるが、北朝鮮...

2022.11.21

支持率低迷の岸田内閣 安倍元首相国葬、国論二分の理由を振り返る

支持率低迷の岸田内閣 安倍元首相国葬、国論二分の理由を振り返る

7月に亡くなった安倍晋三元首相の国葬が9月27日、東京・千代田の日本武道館で執り行われた。国内外から約4000人が参列し、一般向けの献花台にも市民による長...

2022.11.17

対面販売で高まる本の価値 「BOOK MARKET」に見る出版業界の今後

対面販売で高まる本の価値 「BOOK MARKET」に見る出版業界の今後

出版レーベル、アノニマ・スタジオが主催する“本当におもしろい本”だけを集めた本好きのためのイベント「BOOK MARKET(ブックマーケット)」。インディ...

2022.11.16

米中間選挙 民主党善戦でトランプ氏以外の候補を求める声強まる?

米中間選挙 民主党善戦でトランプ氏以外の候補を求める声強まる?

アメリカの中間選挙が11月8日に行われ、バイデン大統領率いる与党・民主党が連邦議会の上院で多数派を維持することが確実となった。事前に野党・共和党の優勢を予...

2022.11.15

日本初、XRコミュニケーションハブ「NEUU(ニュー)」 西新宿がデジタルエンターテインメント発信拠点に

日本初、XRコミュニケーションハブ「NEUU(ニュー)」 西新宿がデジタルエンターテインメント発信拠点に

小田急電鉄は11月1日、新宿西口に「XR(X Reality、Extended Reality)」をテーマにした常設施設「NEUU(ニュー)」を開業。NE...

2022.11.10

創業150年の資生堂が挑む研究所のオープンイノベーションプログラム「fibona」 スタートアップとの協業で目指す新しい“美”

創業150年の資生堂が挑む研究所のオープンイノベーションプログラム「fibona」 スタートアップとの協業で目指す新しい“美”

美を追究し、「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(美の力でよりよい世界を)」を企業使命に掲げる化粧品大手の資生堂は...

中西裕子

2022.10.27

キャリアとライフに寄り添い、人生100年時代を支える専門家「ワークライフファシリテーター」の可能性

キャリアとライフに寄り添い、人生100年時代を支える専門家「ワークライフファシリテーター」の可能性

価値観やライフスタイルの多様化に伴いキャリア形成が変化するなか、昨今、注目を集めるリカレント教育は単なる“学び直し”の枠を超えて、スキルアップやキャリア形...

2022.10.11

タレントの肖像を月々定額で提供! 成長企業を応援するプロジェクト「アクセルジャパン」が始動

タレントの肖像を月々定額で提供! 成長企業を応援するプロジェクト「アクセルジャパン」が始動

日本経済は、長きにわたってGDPの成長率が低迷しており、その再興には、日本の99.7%を占める中小・ベンチャー企業の成長や活性化が不可欠。成長促進のために...

2022.10.6

消費者が共感して参加する、東レの回収ペットボトル繊維「&+」

消費者が共感して参加する、東レの回収ペットボトル繊維「&+」

東レの手掛ける回収ペットボトル繊維「&+(アンドプラス)」は、高い白色度を誇り、多種多様な商品の生産を可能とする新しいリサイクル繊維だ。東レでは、消費者が...

2022.9.6

木造建築の地位向上に寄与 日本最大級の木造マンション「MOCXION INAGI(モクシオン稲城)」

木造建築の地位向上に寄与 日本最大級の木造マンション「MOCXION INAGI(モクシオン稲城)」

三井ホームの地上5階建て木造賃貸マンション「MOCXION INAGI(モクシオン 稲城)」は、“木造建築”のこれまでのイメージを刷新する建築だ。これまで...

2022.9.6

拡大する対中強硬姿勢 アメリカに続きイギリス、オーストラリアも

拡大する対中強硬姿勢 アメリカに続きイギリス、オーストラリアも

覇権的行動のみならず、近年、中国が引き起こす人権に関連する諸問題に対して、大国が次々と強硬な対中姿勢を見せ始めている。特にアメリカ、イギリス、オーストラリ...

2022.9.2