×

記事一覧

海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない?  戸田れいの海外アーティストインタビューへの道「RIZAP ENGLISH」

海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない? 戸田れいの海外アーティストインタビューへの道「RIZAP ENGLISH」

仕事での海外ロケをはじめ、プライベートでも海外旅行や海外ドラマを見たり、日常的に英語に触れる機会が多いというグラビアアイドルの戸田れいちゃん。しかし、英語...

戸田れい

宮国瑞歩

2018.01.19

5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

2016年6月には1万5000円を割り込んでいた日経平均株価が、気がつけば2万3000円を大きく超える水準になりました。それに伴って多くの銘柄が値上がりし...

少額投資でコツをつかめ 一年で投資玄人計画

2018.01.16

なぜ横綱に「品格」が必要か

なぜ横綱に「品格」が必要か

日馬富士は貴ノ岩をめぐる一連の騒動で引退した。白鵬は九州場所、嘉風戦で敗戦後に1分間立ち尽くした。そして、優勝インタビューで万歳三唱を行った。 横綱の不祥...

2018.01.15

エルサレム首都承認でトランプ米大統領が得るもの

エルサレム首都承認でトランプ米大統領が得るもの

エルサレムをイスラエルの首都として承認したトランプ米大統領は、反対する国々に対して経済援助停止をほのめかすなど、イスラム諸国のみならず世界の反発を招いてい...

世界を読むチカラ~佐藤優が海外情勢を解説

2018.01.12

人と人との関わり合いが無ければ「教育」は成り立たない

人と人との関わり合いが無ければ「教育」は成り立たない

人口減や生産性向上の課題、多様性の浸透もあり、「教育」が注目されることが増えました。1990年代の「ゆとり」など、日本は失敗とされる教育方針を出しながら、...

急がば坐れ!~全生庵便り

2018.01.09

野党分裂ですんなり成立か どうなる?働き方改革・カジノ法

野党分裂ですんなり成立か どうなる?働き方改革・カジノ法

政府は2018年の通常国会を1月22日に召集。2017年10月の衆院選以降、初めての通常国会で、来年度予算案や重要法案をめぐって与野党の激しい論戦が繰り広...

2017.12.27

異次元緩和の終結宣言をするのは誰? ポスト黒田総裁を占う日銀副総裁人事

異次元緩和の終結宣言をするのは誰? ポスト黒田総裁を占う日銀副総裁人事

日本銀行・黒田総裁の任期が4月に迫っている。戦後、任期5年を超えて続投した日銀総裁はいないため、後任が誰なのかで業界は色めき立つが、黒田総裁が続投する可能...

2017.12.25

なぜ政治家は失言するのか 2017

なぜ政治家は失言するのか 2017

都議選と衆議院選があったこともあり、2017年は特に政治家による「失言」が目立った年ではなかっただろうか。頭脳明晰で経験豊富、人心掌握にも長けた政治家たち...

2017.12.22

若者消費が変わる バブル世代を親に持つ子どもたち

若者消費が変わる バブル世代を親に持つ子どもたち

アベノミクスによる景気回復は、「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さになるといわれ、日経平均はバブル崩壊後の高値を更新し高値圏で推移している。一方で、そ...

2017.12.20

八角親方、相撲協会の理事長はお飾りではないはずだ

八角親方、相撲協会の理事長はお飾りではないはずだ

最近、日馬富士の騒動でニュースを見ない日は無い大相撲。ただ、大相撲を普段観ない方や結びの三番が行われる17時くらいからしか観ない方にとってはこの問題はわか...

2017.12.19

【独禁法70周年】金融システムを安定させたい金融庁vs競争原理を信じる公正取引委員会 地銀再編をめぐる泥仕合

【独禁法70周年】金融システムを安定させたい金融庁vs競争原理を信じる公正取引委員会 地銀再編をめぐる泥仕合

地銀再編をめぐり、金融庁と公正取引委員会(公取委)がバトルを展開している。地銀の収益力低下が止まらず、再編は不可避と判断する金融庁に対し、地銀再編は地域の...

2017.12.12

移民・難民問題についてアートや美術館は何を語れるか? フィンランド「クロージング・ボーダーズ」

移民・難民問題についてアートや美術館は何を語れるか? フィンランド「クロージング・ボーダーズ」

フィンランド第3の都市タンペレからほど近い、マンッタという町で開催中の現代アートの展覧会「クロージング・ボーダーズ」が、フィンランド国内で話題を呼んでいる...

2017.12.07