This schemas is generated by seikeidenron

×

記事一覧

「カルピスウォーター」夏季限定デザインパッケージが青春すぎる!イラストレーターのかとうれいさんに聞きました

「カルピスウォーター」夏季限定デザインパッケージが青春すぎる!イラストレーターのかとうれいさんに聞きました

「カルピスウォーター」を飲み終えるとパッケージのイラストが完成する……! 7月14日に発売された「カルピスウォーター」の夏季限定デザインパッケージがSNS...

かとうれい

2020.08.03

イージス・アショア中止でミサイル防衛体制に黄信号 微妙な政府代替案の、代替案

イージス・アショア中止でミサイル防衛体制に黄信号 微妙な政府代替案の、代替案

このところミサイル防衛政策の議論が盛んだ。きっかけは河野太郎防衛相が新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止したこと。平成30年版の...

2020.07.29

初心者の資産形成はインデックス運用で平均点を狙え

初心者の資産形成はインデックス運用で平均点を狙え

コロナショックで将来への不安が強まり、この機に資産形成を始めようかと考えている人も多いだろう。そんな人にまず始めに伝えたいことが、資産の運用は「平均点を狙...

2020.07.28

経済力で世界を席巻? 52カ国が中国の「香港国家安全維持法」を支持する理由

経済力で世界を席巻? 52カ国が中国の「香港国家安全維持法」を支持する理由

「香港国家安全維持法」をめぐって中国と自由主義諸国との間で亀裂が深まり、世界の金融センターとしての香港の地位が揺らいでいる。米国商工会議所が行った調査によ...

2020.07.22

次の政権の目玉政策は「デジタル・ガバメント庁」の創設による「デジタル遷都」

次の政権の目玉政策は「デジタル・ガバメント庁」の創設による「デジタル遷都」

デジタルトランスフォーメーション(DX)は政治や行政において強く求められています。自治体と中央省庁の情報のやり取りはFAXで行われ、オンラインで申請された...

平将明の『言いたい放題』

2020.07.22

45年ぶりに戦死者を出した中国・インド国境紛争は核戦争の危険をはらんだ“天空の争奪戦”

45年ぶりに戦死者を出した中国・インド国境紛争は核戦争の危険をはらんだ“天空の争奪戦”

戦死者を伴う核保有国同士の軍事衝突が半世紀ぶりに起きた。中印国境紛争だ。新型コロナウイルス対策で右往左往する日本ではそれどころではなかったようだが、世界の...

2020.07.21

コロナ禍の食糧難、停滞する米朝交渉…窮地で高まる北朝鮮のストレス

コロナ禍の食糧難、停滞する米朝交渉…窮地で高まる北朝鮮のストレス

6月16日、北朝鮮は南北友好の象徴だった南北共同連絡事務所を爆破し、そのシーンを世界に公開した。南北関係の改善に力を注いできた韓国の文在寅(ムン・ジェイン...

2020.07.21

【7/17ニコ生配信】激論!是か非か、日本のベーシックインカム

【7/17ニコ生配信】激論!是か非か、日本のベーシックインカム

政府がすべての人に最低限の生活ができる現金を支給する「ベーシックインカム」。コロナ影響で仕事を失う人が急増し、一律10万円給付がされたこともあって、いま再...

2020.07.16

地方経済を支える地銀のこれから SBIが地銀糾合の台風の目に?

地方経済を支える地銀のこれから SBIが地銀糾合の台風の目に?

8月に施行される改正金融機能強化法によって、地銀は公的資本を受けやすくなる。コロナ禍でダメージを負った地域経済を支える役割として地銀は欠かせないが、マイナ...

2020.07.15

反旗を翻せ! 過激に変化する50年目の頭脳警察【末永賢監督インタビュー】

反旗を翻せ! 過激に変化する50年目の頭脳警察【末永賢監督インタビュー】

政治的で過激な歌詞で知られ、1970年代の学生運動に参加する若者から圧倒的な支持を得たロックバンド「頭脳警察」。“左翼のアイドル”に祭り上げられる一方で、...

末永 賢

2020.07.14

予算1兆6794億円の景気対策「Go Toキャンペーン」 わかりづらい内容とその経済効果

予算1兆6794億円の景気対策「Go Toキャンペーン」 わかりづらい内容とその経済効果

かねてから注目されていた政府の景気対策「Go Toキャンペーン」が7月22日から先行実施される。現在、新型コロナウイルスの第2波が懸念されているなか、移動...

2020.07.13

レジ袋有料化の本当の狙いとは?

レジ袋有料化の本当の狙いとは?

7月1日から日本でもレジ袋の有料化がやっと始まりました。他国ではすでに有料化され、あるいは使用禁止になっている国もありますので、今回の我が国の措置は遅かっ...

2020.07.09