×

記事一覧

相殺できればCO2を排出してもいい? カーボンオフセットの考え方と課題

相殺できればCO2を排出してもいい? カーボンオフセットの考え方と課題

京都議定書に代わる温暖化対策の枠組みとして2015年12月にパリ協定が採択され、各国の温室効果ガス削減目標が定められた。企業はCO2削減を迫られているが、...

2021.1.21

「グリーン成長戦略」で突如現れたアンモニアと合成燃料のナゼ?

「グリーン成長戦略」で突如現れたアンモニアと合成燃料のナゼ?

国民へのクリスマスプレゼントよろしく2020年12月25日に菅政権が策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」。他の先進国に遅れ気味...

2021.1.15

PCR検査でストレスと恐怖から解放 香港に倣って日本もさらなる拡充を

PCR検査でストレスと恐怖から解放 香港に倣って日本もさらなる拡充を

新型コロナウイルス感染症の拡大をうまく抑えてきた香港でも2020年11月半ばから第4波が到来。しかし、強制隔離など日本以上に厳しい対策を行った結果、ここ数...

2021.1.15

コロナ感染を懸念した序二段力士、琴貫鐵の引退で見逃していること

コロナ感染を懸念した序二段力士、琴貫鐵の引退で見逃していること

大相撲初場所の開催に伴い、新型コロナウイルス感染のリスクから引退を決断した佐渡ケ嶽部屋の序二段力士、琴貫鐵(22歳)のことが話題になっている。勇気ある決断...

2021.1.13

脱炭素の影の主役? 粛々と進む「核融合炉」開発

脱炭素の影の主役? 粛々と進む「核融合炉」開発

ここ数年、世界が足並みを揃えて向かいはじめたカーボンニュートラルは、結局のところエネルギー問題である。日本政府は再生可能エネルギーの活用を叫ぶが、一方で原...

2021.1.12

新型コロナと緩和マネーと財政の2021年 ブラックスワンは現れるか

新型コロナと緩和マネーと財政の2021年 ブラックスワンは現れるか

2021年の経済を予見することは難しい。コロナ禍で明け暮れた2020年を予想できなかったようにである。ただし、経済を左右する最大の要素がコロナ禍であり、金...

2021.1.2

菅政権、新型コロナとの闘い2021 秋の総選挙までのカウントダウン

菅政権、新型コロナとの闘い2021 秋の総選挙までのカウントダウン

2020年の国内政治は新型コロナウイルスに振り回され、その影響で東京五輪・パラリンピックが1年延期、8月には激務で体調を崩した安倍晋三首相が突然辞任を発表...

2021.1.1

コロナ一色だった!? 2020年を編集長が総ざらい

コロナ一色だった!? 2020年を編集長が総ざらい

2020年はどこまでいってもコロナの年でしたが、思い起こせばコロナ以外にも重大ニュースはいろいろあったはず。ちょうど一年前は、カルロス・ゴーン氏(今何して...

2020.12.29

日本郵政、避けられぬリスク資産運用 「上乗せ規制」解消で経営立て直しなるか

日本郵政、避けられぬリスク資産運用 「上乗せ規制」解消で経営立て直しなるか

かんぽ生命保険は3000億円規模の自社株買いを行い、持株会社である日本郵政の出資比率を現在の64%から50%以下に引き下げる方針を固めた。日本郵政が持つか...

2020.12.29

2050カーボンニュートラルに向けて DX・SXでとらえる今後の世界

2050カーボンニュートラルに向けて DX・SXでとらえる今後の世界

コロナ禍で世の中のデジタル化のスピードが一気に加速。社会全体でDX:デジタルトランスフォーメーションに取り組んでいますが、平将明議員はもう一つ、SX:サス...

平将明の『言いたい放題』

2020.12.28

脱トランプの2021年、米中関係の注目点3つ

脱トランプの2021年、米中関係の注目点3つ

2021年1月に誕生するアメリカのバイデン新政権。アメリカは以前に世界の警察官と言われたように、国のトップがどう行動するかで世界情勢は大きく変化する。この...

2020.12.28

バイデン政権の「多様性」は本当に機能するか

バイデン政権の「多様性」は本当に機能するか

いよいよ2021年1月20日にバイデン政権が誕生するが、政権発足に向けて準備も本格的に進んでいる。バイデン政権の特徴は多国間主義や国際協調路線で、まさに“...

2020.12.28