×


フリーライター

赤坂麻実 あかさか まみ

1977年生まれ、兵庫県出身。2000年に早稲田大学社会科学部を卒業し、広告代理店や出版社勤務を経て現在はフリーランス。テレビドラマや映画、ラグビー、電機、公民連携(PPP)、首都圏の再開発などの分野で、インタビューやレポートを手掛ける。

すべての働く人&アニメ好きに送る 映画『ハケンアニメ!』

すべての働く人&アニメ好きに送る 映画『ハケンアニメ!』

映画『ハケンアニメ!』は、新人アニメ監督を主人公に、同時間帯に放送される2つのアニメ作品にかかわる人々を描く群像劇。監督は『水曜日が消えた』の吉野耕平、原...

2022.5.20

車いすラグビー池崎大輔選手と三菱商事、「誰もがスポーツを楽しめる世界」目指す

車いすラグビー池崎大輔選手と三菱商事、「誰もがスポーツを楽しめる世界」目指す

2021年夏、東京オリンピックとともに人々の胸を熱くした東京パラリンピック。連日、競技が生中継され、パラスポーツに対する驚きや感動が話題を席巻した。大会を...

2021.10.29

榊マリコと仲間たちがスクリーンで躍動、ファンが満足&初見でも楽しめる『科捜研の女 -劇場版-』

榊マリコと仲間たちがスクリーンで躍動、ファンが満足&初見でも楽しめる『科捜研の女 -劇場版-』

1999年から続くテレビ朝日の科学ミステリードラマ「科捜研の女」が、初めて映画になってスクリーンに登場する。科学を駆使して難事件を解決する骨組みはそのまま...

2021.8.30

松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

コンプライアンス重視の世相に風穴を開ける過激なシーンが日本中を熱狂させ、映画賞を席巻した前作『孤狼の血』から3年。待望の続編が真夏に公開を迎える。監督はも...

2021.7.30

ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

新型コロナウイルス感染症を機に私たちの仕事や生活のあり方は大きく変わった。在宅ワークや外出自粛のために“おうち時間”は増え、家に求めるものも2年前とはまる...

山下将司

2021.7.21

これからの社会に求められるメタ知識を身に着ける【社会情報大学院大学:実務教育研究科】

これからの社会に求められるメタ知識を身に着ける【社会情報大学院大学:実務教育研究科】

少子高齢化による生産人口の減少や人材の流動性が高まる昨今、企業・組織の中では人材育成の重要性が高まっている。しかし、職場において徒弟制度的な「暗黙知」によ...

2020.12.9

渋谷を爆破!「アンフェア」原作者×「SP」監督のクライム・サスペンス映画『サイレント・トーキョー』

渋谷を爆破!「アンフェア」原作者×「SP」監督のクライム・サスペンス映画『サイレント・トーキョー』

クリスマス・イブに東京が連続爆破テロの標的に。犯人の要求は首相との生対談だった――。そんな刺激的な社会派サスペンス小説を、「SP」シリーズやドラマ「BOR...

2020.11.25

みんなの知らない黒柳徹子の素顔 「徹子の部屋」田原敦子プロデューサーが語る番組飛躍の舞台裏

みんなの知らない黒柳徹子の素顔 「徹子の部屋」田原敦子プロデューサーが語る番組飛躍の舞台裏

テレビ朝日の名物番組「徹子の部屋」は来年45周年。1976年の放送開始から1万1000回以上が放送されてきた。長寿の陰には、低迷していた視聴率を改善し、「...

田原敦子

2019.12.18

周防正行監督×成田凌で大正時代のサイレント映画界を活写するエンタテインメント映画『カツベン!』

周防正行監督×成田凌で大正時代のサイレント映画界を活写するエンタテインメント映画『カツベン!』

サイレント映画にセリフや解説を加え、映画をしゃべりで彩った活動弁士という存在にスポットを当てた注目映画がまもなくお目見え。東京国際映画祭や京都ヒストリカ国...

2019.11.27

鶴瓶×綾野剛×小松奈菜のアンサンブル光る人間ドラマ 映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

鶴瓶×綾野剛×小松奈菜のアンサンブル光る人間ドラマ 映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

緑に囲まれた精神科病院を舞台に、生きづらさを抱える者たちが心を交わす姿を描く人間ドラマの佳作。元死刑囚でありながら、わけあって病院に身を置く主人公・秀丸を...

2019.10.30

水谷豊の監督2作目は初脚本にも挑んだスパイシーな人間ドラマ 映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』

水谷豊の監督2作目は初脚本にも挑んだスパイシーな人間ドラマ 映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』

俳優・水谷豊が監督したオリジナル実写映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』 が5月10日(金)から公開。監督2作目は脚本を水谷自ら書き下ろし。轢き逃げ事件の...

2019.5.9

「定年」にどう立ち向かう? 会社員の恐怖をまぶしたロマンチック・コメディ【映画『終わった人』】

「定年」にどう立ち向かう? 会社員の恐怖をまぶしたロマンチック・コメディ【映画『終わった人』】

本作は、舘ひろしがこれまでのダンディなイメージからはかけ離れた“情けない男”に扮するロマンチック・コメディ。シニア世代が直面する問題がテーマだが、会社員が...

2018.6.1