×

山本政治経済研究所
代表/元日本経済新聞記者

山本洋一 やまもとよういち

1978年7月20日生まれ。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒。2004年、日本経済新聞社入社。政治部、経済部記者として首相官邸や自民党、外務省、日銀、金融機関などを取材した。2012年に退職し、衆議院議員公設秘書を経て会社役員。「政治をもっと身近に」をテーマに、ネット上などで日本の政治・経済の実態について解説している。
ブログ:http://ameblo.jp/yzyoichi/

与野党ともにカラー似通う 対決型法案見送りで論戦もマイルドに?

与野党ともにカラー似通う 対決型法案見送りで論戦もマイルドに?

通常国会(会期150日)が召集され、岸田文雄首相の施政方針演説などに続き、各党代表質問で論戦が始まった。与野党の“顔”が交代して以降、初の本格論戦。政府・...

2022.1.21 NEW

10増10減反対論の理由と、政治が都市部の声を反映しない理由

10増10減反対論の理由と、政治が都市部の声を反映しない理由

2022年の政治テーマの中で、意外に重要なのが衆院選挙区の「10増10減」だ。最新の人口比に従って東京や神奈川など5都県の定数を増やす一方、和歌山や山口な...

2022.1.14

【2022年の政界】岸田内閣初の予算審議、夏には参院選

【2022年の政界】岸田内閣初の予算審議、夏には参院選

首相の交代や衆院総選挙など政治ニュースが盛りだくさんだった2021年が終わり、2022年が幕を開けた。国内政治にとって今年はどんな一年になるか。新型コロナ...

2022.1.4

【2021年国内政治10大ニュース】菅内閣から岸田内閣へ

【2021年国内政治10大ニュース】菅内閣から岸田内閣へ

2021年の国内政治は首相の交代や衆院総選挙、新型コロナウイルスとの戦いなど目まぐるしい動きを見せた。編集部では10大ニュースを取り上げ、改めて一年を振り...

2021.12.28

立憲民主党新代表に泉健太氏(47) 衆院選の“左傾化”戻す?

立憲民主党新代表に泉健太氏(47) 衆院選の“左傾化”戻す?

立憲民主党の代表選が11月30日に行われ、泉健太政調会長が新代表に選出された。泉氏は4人の候補の中で最も若い47歳。これまで野党の中枢を担ってきた枝野幸男...

2021.12.1

野党の“新たな顔”か、埋没か 立憲民主党代表選の立候補者に違いは?

野党の“新たな顔”か、埋没か 立憲民主党代表選の立候補者に違いは?

枝野幸男前代表が衆院選敗北の責任を取って辞任したことに伴い行われる立憲民主党の代表選。立候補しているのは逢坂誠二、小川淳也、泉健太、西村智奈美(届出順)の...

2021.11.26

吉村効果絶大、今後の維新に必要なのは政策の“旗頭”

吉村効果絶大、今後の維新に必要なのは政策の“旗頭”

衆院選では野党第一党の立憲民主党が議席を減らしたのに対し、日本維新の会が公示前勢力の約4倍増と大きく議席を伸ばし第三党に躍り出た。本拠地である大阪府で“全...

2021.11.11

第2次岸田内閣の外務大臣・林芳正氏は次期首相候補?

第2次岸田内閣の外務大臣・林芳正氏は次期首相候補?

衆院選の小選挙区で敗北し辞任した甘利明氏に代わり幹事長に就いた茂木敏充前外務大臣の後任に、参院からの鞍替えで初当選したばかりの林芳正元文部科学相が11月1...

2021.11.10

なぜ大物議員たちは負けたのか? 世代交代を求める声大きく

なぜ大物議員たちは負けたのか? 世代交代を求める声大きく

与党の勝利で終わった衆院選だが、今まで無類の強さを誇った大物議員の敗北が目立った。選挙を取り仕切った自民党の甘利明前幹事長が、現役幹事長として初めて選挙区...

2021.11.5

【衆院選結果】与党勝利も大物敗北目立つ 維新躍進で国会運営は潤滑に

【衆院選結果】与党勝利も大物敗北目立つ 維新躍進で国会運営は潤滑に

衆院選が10月31日に投開票され、自公連立与党が293議席を獲得して勝利した。与党は公示前より議席は減らしたものの、「絶対安定多数」といわれる261議席を...

2021.11.1

【衆院選】明日10月31日投開票、注目は自民がどれだけ減らすか

【衆院選】明日10月31日投開票、注目は自民がどれだけ減らすか

明日10月31日に投開票される衆院選。岸田文雄首相は勝敗ラインについて「与党で過半数」としているが、それはあくまでも最低限の目標に過ぎない。実際には与党で...

2021.10.30

【衆院選】新しい時代に理解のある政党は? 夫婦別姓、LGBT法案、クオータ制

【衆院選】新しい時代に理解のある政党は? 夫婦別姓、LGBT法案、クオータ制

10月31日に迫った衆院選における主要な争点の一つが「夫婦別姓」や「LGBT」など社会的価値観の変化への対応だ。公約を見比べると選択的夫婦別姓制度や「LG...

2021.10.29