×

山本政治経済研究所
代表/元日本経済新聞記者

山本洋一 やまもとよういち

1978年7月20日生まれ。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒。2004年、日本経済新聞社入社。政治部、経済部記者として首相官邸や自民党、外務省、日銀、金融機関などを取材した。2012年に退職し、衆議院議員公設秘書を経て会社役員。「政治をもっと身近に」をテーマに、ネット上などで日本の政治・経済の実態について解説している。
ブログ:http://ameblo.jp/yzyoichi/

2021都議選が実質スタート、東京五輪開催の是非など争点

2021都議選が実質スタート、東京五輪開催の是非など争点

通常国会が6月16日に閉幕し、与野党は“選挙モード”に突入した。7月に都議選が行われ、その後の9月には衆院総選挙が行われる見通し。前哨戦となる都議選は前回...

2021.6.17 NEW

2021年通常国会閉幕へ 成立した重要法案は?

2021年通常国会閉幕へ 成立した重要法案は?

通常国会が6月16日に会期末を迎える。9日には与野党トップが“直接対決”したが、東京オリンピック・パラリンピックの開催や会期延長をめぐる議論はかみ合わず。...

2021.6.10

東京五輪やるの?やらないの? 開催シナリオに狂い 

東京五輪やるの?やらないの? 開催シナリオに狂い 

東京オリンピック・パラリンピックの開催シナリオに狂いが生じている。政府は開催に向けて緊急事態宣言をいったん解除したが、変異型の新型コロナウイルスが急拡大。...

2021.5.12

改憲議論再燃へ 審議を進めた世論の変化と政権の色

改憲議論再燃へ 審議を進めた世論の変化と政権の色

憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が国会提出から3年の時を経て、今国会で成立する見通しとなった。自民党と立憲民主党が5月6日に幹事長会談を開き、一部...

2021.5.10

衆参3選挙の全敗は与党の“敵失”、次期総裁に菅首相浮上の奇妙

衆参3選挙の全敗は与党の“敵失”、次期総裁に菅首相浮上の奇妙

菅政権発足後、初の国政選挙となる衆参3選挙が4月25日に投開票され、いずれも野党候補が当選、与党は“全敗”という厳しい結果となった。菅義偉首相は立て直しに...

2021.4.27

なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

政府の子どもに関する政策を統括する「こども庁」の創設案が政府・与党内で急浮上している。自民党は創設に向けた菅義偉首相直属の検討本部を設置。2022年度中の...

2021.4.16

任期満了まであと半年、衆院総選挙はいつ?

任期満了まであと半年、衆院総選挙はいつ?

10月の衆院議員の任期満了まで残り約半年となった。通常であればいつ衆院解散・総選挙があってもおかしくないが、今回は新型コロナウイルス感染症の拡大という特殊...

2021.4.14

東京五輪強行開催へ、4者4様の思惑

東京五輪強行開催へ、4者4様の思惑

新型コロナウイルスの影響で国民が“自粛生活”を強いられるなか、政府が東京オリンピック・パラリンピックを今夏に開催しようとしている。中止や延期を求める国民は...

2021.3.17

自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

新型コロナウイルス対応や東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長辞任、菅義偉首相の長男が関与した総務省幹部への接待問題で揺れる菅内閣。発足か...

2021.3.1

春の衆参3補選・再選 菅首相が乗り切るための最低条件は

春の衆参3補選・再選 菅首相が乗り切るための最低条件は

菅義偉首相の就任以来、初めての国政選挙が4月25日に行われる。衆院北海道2区と参院長野選挙区の2補選に加え、公職選挙法違反で有罪判決が確定した河井案里氏の...

2021.2.18

菅政権、新型コロナとの闘い2021 秋の総選挙までのカウントダウン

菅政権、新型コロナとの闘い2021 秋の総選挙までのカウントダウン

2020年の国内政治は新型コロナウイルスに振り回され、その影響で東京五輪・パラリンピックが1年延期、8月には激務で体調を崩した安倍晋三首相が突然辞任を発表...

2021.1.1

与党の税制大綱、コロナ禍で減税措置拡大・延長 課題はポストコロナの成長路線

与党の税制大綱、コロナ禍で減税措置拡大・延長 課題はポストコロナの成長路線

自民、公明両党は2021年度の与党税制大綱を決定した。新型コロナウイルス感染症の拡大で経済が打撃を受けるなか、国民生活に配慮して住宅ローンやエコカーなどへ...

2020.12.18