×

編集長ブログ

日常

軽井沢で休養

  • 2019.08.13
  • 日常

昨日から軽井沢に来ている。友人たちの別荘があるので、甘えてお邪魔している。 標高900m強の軽井沢は昔から避暑地として、夏の暑さを凌ぐために人がごった返す…

もっと見る

ファスティングに挑戦しよう

  • 2019.07.29
  • 日常

世間では、吉本興業の問題がまだ収まらないようだ。僕はもう辟易しているがどのような決着になるのか、野次馬としては興味深い。 今週は水曜日の懇親パーティから、…

もっと見る

性懲りもなくダービー予想してみた

  • 2019.05.23
  • 日常

先週のオークスは予想したラヴズオンリーユーが1着に来たのだが、コントラチェックが最後の直線で馬郡に沈んでしまい、馬券は外した。クロノジェネシスが3着でなく…

もっと見る

老眼が進む、、

  • 2019.02.07
  • 日常

若い頃は本当に目が良かった。 視力は2.0。 今では老眼鏡がないと、近くの字が見えない。暗いともっと見えない。 しかも、最近すこしずつ進行しているようだ。…

もっと見る

今年もコブにはまる

  • 2019.01.29
  • 日常

先週末、今シーズン初めてスキーに行った。僕はスキーでもコブを滑ることにしか興味がない。 誤解なきように言うが、決して上手い訳ではない。下手の横好きだ。自分…

もっと見る

今年の集大成は有馬記念で

  • 2018.12.21
  • 日常

化け物牝馬アーモンドアイが出走すれば中山まで観に行こうと思っていたのだが、さすがに世界レコードでJCを勝った後に、出走回避。これは賢明な選択だろう。使い過…

もっと見る

クリスマスキャロル 堀江貴文主演を観に行った

  • 2018.12.17
  • 日常

ほんとに久しぶりにホリエモン(タカポン)と偶然会った。 彼のマネージャーと会話をすると「見城さんがゲスト出演する堀江のミュージカル、勿論観にきますよね?」…

もっと見る

やっぱりジャパンカップの予想しようかな。

  • 2018.11.22
  • 日常

僕が競馬にはまったのは、芦毛の怪物オグリキャップが登場した時だ。 笠松の地方競馬場から中央に転籍後、破竹の重賞6連勝。初めて臨んだGⅠは秋の天皇賞。一つ年…

もっと見る

日曜日にある天皇賞は大混戦

  • 2018.10.26
  • 日常

さすがに三週連続競馬の予想というのも、政治・経済の専門誌の編集長がどうかな、とは思うが、これは僕の勝手なブログなので許して頂こう。 下落が止まらない株価や…

もっと見る

政経電論なのに、やっぱり菊花賞かな

  • 2018.10.18
  • 日常

政経電論の編集長として、毎朝、スタッフたちがブログテーマになりそうな題材をラインで送ってくれる。有り難いことなのだが、このG1の季節になるとどうしても頭が…

もっと見る

政経電論の新着記事

  • 実は反米よりも反政府 イランの若者たちのリアル

    2020.01.22

  • 都内にロンドンタクシー参入 プレミアムで勝負

    2020.01.20

  • ゴーンの批判に世界も共感!ここがヘンだよ日本の司法制度

    2020.01.17

  • デモが日常となった世界 香港デモ サイドストーリー その2

    2020.01.17

  • 軍事力で劣るイランがアメリカと対立できる理由

    2020.01.16

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 疑惑の河井夫妻ようやく姿を現す

    2020.01.20

  • ゴーン被告会見 不正出国した人間が正当性を主張するなど笑止千万

    2020.01.09

  • イラン報復 本気でアメリカと事を構えようとは思っていないだろうが…

    2020.01.08

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード