This schemas is generated by seikeidenron

×

/app/uploads/sites/1/2019/04/parenting.jpg

子育ての“当事者”は誰?

事件を事件で片づけないために

児童虐待、児童相談所の建設、仕事と育児の両立、社会福祉など、昔と比べて子育てに関する問題が顕著になった。なぜ? もしかしたら、核家族化が進行したことによる閉鎖感や、蔓延する自己責任論も要因のひとつかもしれない。これらはもはや一家庭ではなく、社会全体で考えるべき問題ではないだろうか。

気軽さの無い社会での子育ては息苦しい【児童虐待を取材してきたルポライター杉山春さんインタビュー】

気軽さの無い社会での子育ては息苦しい【児童虐待を取材してきたルポライター杉山春さんインタビュー】

数年前と比べて、明らかに多くの「虐待」が取り上げられるようになった。非道な虐待親が糾弾される様子に溜飲を下げつつも、親としては少し息苦しい。でも、その理由...

杉山 春

2019.03.29

怒りを捨て、自分と同様に子どもを尊ぶ【児童虐待はなぜ起きるのか】

怒りを捨て、自分と同様に子どもを尊ぶ【児童虐待はなぜ起きるのか】

平成29年度の全国児童相談所における児童虐待相談対応件数は過去最多で、統計を取り始めた平成2年度から27年連続で増加しています。また、昨年一年間に全国の警...

急がば坐れ!~全生庵便り

2019.03.22

行政の説明不足と地元民の理解不足で行き詰まる港区児相問題

行政の説明不足と地元民の理解不足で行き詰まる港区児相問題

東京・港区に建設予定の「(仮称)港区子ども家庭総合支援センター」について、12月14日・15日、区内在住・在勤・在学の人たちに向けた説明会が行われた。前回...

2018.12.19

児童虐待対策の強化に立ちはだかる“住民反対” 港区のケース

児童虐待対策の強化に立ちはだかる“住民反対” 港区のケース

児童虐待問題が、重篤化している。厚生労働省によると、平成29年度の「児童相談所での児童虐待対応件数」は全国で13万件超(平成29年度 児童相談所での児童虐...

2018.12.10

児童相談所はキャパオーバー。とりわけ深刻な東京都でリソース不足を改善するには?

児童相談所はキャパオーバー。とりわけ深刻な東京都でリソース不足を改善するには?

全国に衝撃を与えた、東京都目黒区に住む5歳の船戸結愛ちゃんが虐待死した事件。最悪の結末を招いた原因のひとつは、児童相談所の機能不全にあった。慢性的なリソー...

石渡幸子

2018.09.04