×

カリスマFP江上治の人生に勝つ働き方

“稼ぐ”とは心をつくること

2015.07.10

ビジネス

0コメント

できればお金を稼ぎたい。でも普通のことをやっていても大して稼げない。じゃあ、普通じゃないことってどんなことなんだ? カリスマFPの江上氏が”稼ぐ”ためのヒントを教えます。

なぜドンペリは高いのか?

皆さん、ドンペリを飲んだことありますか? 酒屋で買ったら3万円くらいするシャンパンです。一方、”ドンペリもどき”なんていうのもあります。買ったら3千円くらい。同じ場所で造っているものですし、味をみてもね、大して差があるとは思えません。なんで同じシャンパンなのに10倍違うのって感じですよね。

何が違うのか聞くと、「ブランド力」と答える方がいます。じゃあブランドって何ですかね? シャネルとかヴィトンとかボッテガ・ヴェネタとか、何であんなに高いのか。世間一般では信頼とかいわれますね。信頼とか、信用。これが、皆さんが生きる上でのヒントになります。それは人生で一番大事なことです。

稼ぐには自分の値段を決めること

給料には歩合給、能力給、存在給などいくつか種類があります。そのなかでどれがいいかというと……能力給は正直きつい。フィジカルな分、限界がある。歩合給もそう。ところが存在しているだけでもらえる存在給っていうのは、自分自身にいくらって値段をつけられます。それは、自分の存在を認めるってことです。この値段じゃなければ来なくていい、みたいな。

一番いい例が神社。神社は働いていますか? 頑張っていますか? 頑張ってないですよね。でも、広島の宮島に行ったら大変なことになっている、人でいっぱい。私もいつか神社になろうと思うけど(笑)。

だいたい、自信がない経営者は、自分の持っている商品とか自分自身に対して、値下げをして気を引こうとします。でも、圧倒的な自信がある経営者は値下げしません。一旦値段を下げると苦しいですからね。

あるとき、私のところに相談に来た方で、2,000円くらいでコース料理を提供していて、「飲み物で稼ぐ」とかわけわかんないこと言っていた。それで結局、赤字なんです。客が来なければ、何しても赤字です。

でもお客さんが来ないからといって2,000円で提供している料理を10,000円には値上げできません。いきなり5倍には。安いものを売っていたら、お客さんがそれに慣れてしまって「ここは安売りの店」という認知をするんです。レッテルを貼るんです。これがブランド。

実は、高い料金をとるのは自分の気持ち次第なんです。お客さんを自ら選べて、自ら値段をつけられるっていうのがブランドなんですね。皆さん自身はかけがえのない存在。世界中で一人だけですから。で、自分の値段をつけているのは自分だと思ってください。そこさえわかっていれば、まず勝てます。

江上氏
自分の人生に対して素直な人が勝つんですよ

目指せ! 年収3000万円

世の中の人は、「格好いいお金持ち」「格好悪いお金持ち」「幸せな貧乏人」「不幸な貧乏人」の4パターンに分かれます。

私の講座に来る人は、「幸せな貧乏人」が多いです。年収でいうと500万円~1000万円くらい。明日のお金には困ってないですね。「格好いいお金持ち」っていうのは、使ってもお金が減らない人。むしろ与える人。「格好悪いお金持ち」っていうのは結構多いんですけど、人の物を奪う人。「幸せな貧乏人」っていうのは、自分のお金には困ってないけど、もっとお金があったら人を雇えるのに……とか人に貢献するためにはもっとお金がいる人。

あとね、「不幸せな貧乏人」っていうのがいる。これは、起こったことすべてを人のせいにする。社員が悪いとか、取引先が悪いとか。運がホントに悪くなるから、話すのはやめておきます。

稼げばお金に囚われなくなる

だいたいね、年収3千万円くらいあると、生活に困らない。だって月収300万円でしょ。3~4年で1億円貯金できます。あとはそれで中国で不動産投資とか、債券を買うとか、年利7%で投資に回せば、不労所得で年間700万円入ってくる。お金にはもう困りません。

そうすると、お金に囚われなくなる。まずその状態をつくれるっていうのがベスト。あとは、そこから上にいくかどうか。稼ぐっていうのは、お金に囚われない心の状態をつくる(整える)ことなんですよ。

稼ごうと思ったら、やり方があるんです。まずこれを知らないと、そこまでいきません。一つは、自分の存在を圧倒的に認めるってこと。自分の自信があるところでね。

自分の人生に対して素直な人が勝つんですよ。もっと自分は社会的に存在があるとか。自分がやっていることは誰にも負けないんだとか。お金がいくら欲しいとかね。他人じゃなくて、”自分に対して”素直な人が勝つんです。そこがすごく大事です。

株式会社オフィシャルインテグレート代表取締役

江上 治えがみ おさむ

1967年、熊本県天草市生まれ。有名プロスポーツ選手から経営者まで年収1億円を超えるクライアントを50名以上抱える富裕層専門のカリスマ・ファイナンシャルプランナー。サラリーマン時代には大手損保会社、外資系保険会社の代理店支援営業において、新規開拓分野にて全国1位を4回受賞し、最短・最年少でマネージャーに昇格を果たす。自身が所属した組織もすべて全国トップの成果を上げる。起業後は、保険営業を中心としたFP事務所を設立。人脈ゼロ・資金ゼロから1000名を超える顧客を開拓し、これまで新規に獲得した保険料売り上げは600億円超に達する。指導した部下は全国7万人のセールスの中でベスト5に2回入賞。中小企業のコンサル業務も展開し、サポートした企業の売り上げが1年で8倍増になるほどの成果を上げている。おもな著書にはベストセラーとなった『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』(経済界)をはじめ、『プロフェッショナル ミリオネア―年収1億を生む60の黄金則』(プレジデント社)、『1000円ゲーム―5分で人生が変わる「伝説の営業法」』(経済界)、「決まりかけた人生も180度逆転できる!」(三笠書房)などがある。

もっと見る

この筆者の記事 ▶︎▶︎▶︎

  • できる営業の基礎文法

    2016.03.10

  • 残酷な日本の現実を生き延びるための方法

    2016.01.12

  • 人生を変えたければ付き合う人を変えよ~尊徳流、すごい人と付き合う方法

    2015.11.10

  • 記事一覧へ

新着記事︎

  • 海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない? 戸田れいの海外アーティストインタ...

    2018.01.19

  • 5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

    2018.01.16

  • なぜ横綱に「品格」が必要か

    2018.01.15

  • 記事一覧へ
「政経電論」会員募集中