政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

経済

400万円を元手に1億円を稼いだサラリーマン~個人投資家 DUKE。

電子雑誌「政経電論」第15号掲載
2016年03月10日
読了時間: 03分30秒
DUKE。(デューク。) 慶応義塾大学卒。普段は東証一部上場の外資系企業に勤め、主に管理会計、経営計画などに携わる。米国公認会計士。収益分析が強み。個人投資家として、ウィリアム・オニール、ニコラス・ダーバス、マーク・ミネルヴィニなどを融合させた新高値ブレイク投資法を実践。最近は不動産投資も検討中。3児の父親でもある。
https://twitter.com/investorduke

「サラリーマンでも投資でお金は殖やせる」

 私は上場企業で働いているサラリーマンです。2003年に結婚し、そのときの貯蓄額は400万円くらい。将来に備える必要があると思い、株式投資を始めました。独身の頃は、サイドビジネスに手を出したこともあるのですが、これは失敗。そもそも仕事の内容が、自分に合いませんでした。

 結婚して、家庭を守りながらできるサイドビジネスはないかと模索していたのですが、そのとき、たまたま読んだ本が、ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」でした。学ぶべきことの多い本でしたが、とりわけ私の気を引いたのは、「お金持ちは自分のためにお金を働かせる」という一文でした。

 そう、自分の身を粉にして働くサイドビジネスをやるよりも、株式投資でお金を殖やせばいいんだ、ということに気がついたのです。

 それで、2003年8月から個別株投資を始めました。買った銘柄は東電とソニー。王道ですね。投資の元手は400万円。この年は最終的に6万円の損失でした。

 翌年の2004年は徐々に株式投資に慣れてきて、いろいろな情報を収集しながら、取引を繰り返しました。前半は儲かっていたのですが、後半に雑貨屋ブルドックという会社の株式でストップ安を食らい、30万円の損失で終了しました。

 2005年は新興株バブル。何を買っても儲かる年で、このときは信用取引で3倍のレバレッジをかけ、2400万円の利益を出しました。ところが、そこから先が大変で、2006年はライブドアショック。流動性の低い銘柄に手を出して失敗し、1000万円以上負けました。2007年はパワーアップという外食産業の株式に3000万円を突っ込み、見事失敗。1000万円を失いました。

 そして2008年。かのリーマンショックの年で大損......と言いたいところですが、ラッキーなことに、この年の損失額は400万円でした。まあ、それでも2006年から2008年までの3年間で、その前に稼いだ2400万円と同額の損失を計上したことになります。

「自分に合ったトレードのスタイルを見つけることが大事」

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

最新号 Headline