×

経済

情報は誰が持っている?「情報銀行」は銀行がIT企業を迎え撃つための布石に他ならない

情報は誰が持っている?「情報銀行」は銀行がIT企業を迎え撃つための布石に他ならない

三菱UFJ信託銀行は8月から「情報銀行」のサービス始めるための実証実験を行う。一般にはまだ聞き慣れないが、金融業界では知られたワード。個人の情報を企業に提...

2018.07.27

ハイリターンを狙えるFXの少額投資で堅実に増やす方法を考える

ハイリターンを狙えるFXの少額投資で堅実に増やす方法を考える

預けた資金の最大25倍もの規模の取引ができ、レバレッジ(テコの原理)によってハイリターンを追求できるのが魅力のFX(外国為替証拠金取引)。つまり、少額の投...

少額投資でコツをつかめ 一年で投資玄人計画

2018.07.10

航空業界はLCCの時代? 鉄壁の3大アライアンスにも異変

航空業界はLCCの時代? 鉄壁の3大アライアンスにも異変

LCC(ローコストキャリア=格安航空会社)の急伸は、航空業界に強烈な価格競争を引き起こし、FSC(フルサービスキャリア=既存航空会社)も戦略変更を余儀なく...

2018.06.09

新たな展開を迎えたLCCの周辺事情

新たな展開を迎えたLCCの周辺事情

2000年代に入って急速に成長したLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)は、それまでになかった需要を掘り起こし、航空業界の市場は大きく拡大。一方、パイ...

2018.06.08

年間利用者数40億人突破の陰で世界の航空業界は“豊作貧乏”に突入か

年間利用者数40億人突破の陰で世界の航空業界は“豊作貧乏”に突入か

世界の航空利用者数は年間40億人の大台を突破し、2018年はさらに増えるとの予想も。史上最高の好景気ともいわれるが、内情を見ると手放しで喜んでもいられない...

2018.06.07

通称「マルエフ」はアサヒのフォーチュンビール

通称「マルエフ」はアサヒのフォーチュンビール

2018年を「ビール改革元年」と位置づけ、積極攻勢に出ているアサヒビール。新たな醸造管理技術の導入による、泡立ちとキレ味がさらに向上した「アサヒスーパード...

2018.06.04

ストーリーで飲む! 初めての欧州ビール in 新橋ビアライゼ

ストーリーで飲む! 初めての欧州ビール in 新橋ビアライゼ

「ペローニ・ナストロ・アズーロ」、「ピルスナー・ウルケル」、「グロールシュ・プレミアム・ラガー」……。外国産ビールの銘柄だが、それぞれどこの国で作られてい...

2018.05.29

外国株への少額投資でワールドワイドに利益を追求

外国株への少額投資でワールドワイドに利益を追求

日本の株式市場では、6年超にわたって上昇傾向が続いていますが、2012年までは低迷が長期化していました。これに対し、米国株はその間もほぼ一貫して右肩上がり...

少額投資でコツをつかめ 一年で投資玄人計画

2018.05.14

再任の黒田総裁、最大のミッション 日本経済のリスクと出口への道

再任の黒田総裁、最大のミッション 日本経済のリスクと出口への道

安倍内閣は日本銀行総裁に黒田東彦氏を再任。2期連続で務めるのは約60年ぶりのことだ。黒田総裁の1期目はデフレ脱却を目指し、アベノミクスの一環として異次元金...

2018.05.08

アフター黒田電気 村上ファンドの昔と今

アフター黒田電気 村上ファンドの昔と今

電子機器商社・黒田電気の社外取締役を務めていた安延申さんをゲストに招いた対談[3]。投資ファンドMBKパートナーズ傘下のKMホールディングスによる完全子会...

安延 申

佐藤尊徳

鈴木

2018.04.03

経済的価値はキレイなものでなくてもいい―仮想通貨は安定するか

経済的価値はキレイなものでなくてもいい―仮想通貨は安定するか

元通産相で一橋大学客員教授の安延申さんをゲストに招いた対談[2]。昨年は仮想通貨のボラティリティの高さに衝撃が走りました。相変わらず投機対象の印象は拭えま...

安延 申

佐藤尊徳

鈴木

2018.04.03

銀行主導のスマホ送金アプリ「Money Tap」が日本のキャッシュレス化を牽引

銀行主導のスマホ送金アプリ「Money Tap」が日本のキャッシュレス化を牽引

日本のキャッシュレス化は世界に遅れているといわれるなか、SBI Ripple Asiaを中心とした金融機関の連合体が、国内外為替の一元化に向けた動きを活発...

2018.03.14