×

経済

【2023年の経済】4月、政府・日銀のアコード見直しに注目

【2023年の経済】4月、政府・日銀のアコード見直しに注目

「卯は跳ねる」というのが、株式市場の格言だが、2023年の日本経済も「卯」のように飛躍できるだろうか。 年の前半にイベント目白押し 鍵を握る3大イベントは...

2023.1.5

2022年の経済を象徴する3つ「ウクライナ侵攻」「FRB利上げ」「中国ゼロコロナ」

2022年の経済を象徴する3つ「ウクライナ侵攻」「FRB利上げ」「中国ゼロコロナ」

ロシアのウクライナ侵攻で幕開けした2022年は、エネルギー、穀物価格を起因に世界的なインフレが嵩じ、その封じ込めもありFRBなど欧米の中央銀行は金融引き締...

2022.12.29

徳川家康になれるか孫正義?

ソフトバンクグループが11月11日に発表した2022年9月期の連結決算(国際会計基準)は、最終利益が1290億円の赤字(前年同期3635億円の黒字)となっ...

2022.12.6

「出口戦略」のババをひくのは誰? 本格化する次期日銀総裁・副総裁人事

「出口戦略」のババをひくのは誰? 本格化する次期日銀総裁・副総裁人事

2023年4月に任期を迎える日銀の黒田東彦総裁の後任人事が本格的に動き出した。本命は副総裁の雨宮正佳氏の総裁昇格だが、その前に立ちはだかるのがほかでもない...

2022.12.6

海外ヘッジファンドは日銀の早晩政策転換を予測 日本国債は大丈夫か

アメリカや欧州が金利引き上げるなか、金融緩和を維持する日本とのギャップで円安が進む。市場は、日銀が今後、金融緩和を維持するか利上げに転じるかに注目している...

2022.8.2

国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

ロシアのウクライナ侵攻で、アメリカなど西側諸国を中心とした国々がロシアへ科した厳しい経済制裁の一つに国際的な銀行決済網「SWIFT」からの締め出しがある。...

2022.5.7

円安は良いのか悪いのか? 日本の金融政策の分岐点

円安は良いのか悪いのか? 日本の金融政策の分岐点

急激な円安が進む。日米の金利差が大きな要因とされ、日銀・黒田総裁の金融緩和継続を受けて4月28日の東京外国為替市場では、約20年ぶりの円安・ドル高水準にな...

2022.5.2

“ポスト黒田”の金融政策はマイナス金利の解除に期待

“ポスト黒田”の金融政策はマイナス金利の解除に期待

2013年3月に日銀総裁に就任した黒田東彦氏は、大規模な金融緩和を実施し株価を押し上げた。一方で物価は目標まで上がらず、マイナス金利政策が長期化することで...

2022.3.11

なぜ今、日系飲食企業は香港に進出するのか

なぜ今、日系飲食企業は香港に進出するのか

2019年の逃亡犯条例改正案に関連する反政府デモと2020年6月末に制定された香港国家安全維持法。ここ数年の香港を見ると、1国2制度がこのまま継続されるの...

2022.3.9

北京五輪で加速するデジタル人民元 そのときアメリカは

北京五輪で加速するデジタル人民元 そのときアメリカは

北京冬季五輪の裏テーマは、“21世紀の通貨革命”ともいえる「デジタル人民元」が披露されたことだろう。氷上・雪上の戦いの裏で起きている、デジタル通貨をめぐる...

2022.2.17

良いインフレ・悪いインフレ 日本はスタグフレーションに陥ったのか

良いインフレ・悪いインフレ 日本はスタグフレーションに陥ったのか

日本銀行の公表する企業物価指数は、2021年11月速報値で2015年比108.7%と35年ぶりの高さとなっています。長らくデフレーションで苦しんだ日本はイ...

2022.1.13

【2022年の経済】世界は通貨価値の変動、国内は企業の過剰債務の解消に注目

【2022年の経済】世界は通貨価値の変動、国内は企業の過剰債務の解消に注目

2022年の経済を占うキーファクターは、アメリカの通貨・金融政策の行方と米中経済対立、そして引き続き世界の経済を覆う新型コロナウイルス禍の帰趨に注がれてい...

2022.1.13