×

カリスマFP江上治の人生に勝つ働き方

年収がそこそこのサラリーマンが資産形成する方法

2015.09.10

ビジネス

0コメント

資産形成を考えたことはあるだろうか? 年収400~500万円じゃそんな……と思うかもしれないが、早く考えないと年をとってから手遅れになることも。カリスマFPの江上氏が本企画でいよいよ本領発揮。普通のサラリーマンが資産形成する方法を聞いた。

資産形成の前に目標を立てる

「政経電論」の若い読者の方の多くは、年収400~500万円といったところでしょうか。資産形成の話をする前に、「ライフプラン(人生計画)」について話をしましょう。

あなたは10年後に何をしているでしょうか。結婚していますか? どんな家に住んでいますか? その目標を具体的に決めるのがライフプランです。資産形成は将来の生活のためにするものですから、バリバリ働く30代、40代から引退した老後まで、自分の人生をどう生きたいかを決めることが必要で、それに応じて資産形成することになります。

目標が決まったら、資産形成の準備です。資産形成、つまりお金持ちになる方程式は1つしかありません。「収入-支出+資産×運用利回り」です。元手になるお金がないと運用なんてできないですから、まずはお金を貯めましょう。

貯められるかどうかは、目標があるかどうかにかかっています。人は収入が多くても何か目的がないとお金を貯められませんが、逆に具体的な目標がある人は収入がそこそこでも、お金を貯めることができます。目標は車買いたいでも、おいしいものを食べたいでも何でも構いませんが、とにかく明確であることが大事です。

お金を確実&効率的に貯める

人はお金があったら使ってしまうので、まず収入から最初に貯金。「4分の1貯金法」っていうんですけど、仮に25万円収入があるとしたら、5万円を使ったと思って最初に貯金する。で、残りの20万円で生活します。こうすれば確実に貯金できますね。

例えば現在30歳だとして、10年後は40歳。毎月10万円をただ貯めていても、40歳で1200万円貯まります。これを利回り3%で投資運用すると、7~8年で1000万円を超えます。同じ額を5年で貯めようと思ったら、ちょっと頑張って毎月15万円ずつ貯めましょう。

不動産・保険・投資信託で資産運用

さあ、運用のための元手1000万円が貯まったら、運用を始めましょう。私は、だいたい利回りが7%~10%でまわる投資運用をしています。「72の法則」というのがあって、金利が7.2%でまわせれば、10年で資産が倍になるんです。

1000万円あれば、それを頭金にして大体1億とか8000万円の、利回り10%くらいの不動産が買えます。不動産ってね、節税にも相続対策にも使えるのが良いんです。建物は減価償却といって節税効果がありますし、土地の部分は、そのまま相続の評価になる。

不動産は銀行が担保価値っていうのを算出して、これだったらローンで組めますよっていう質権設定をします。質屋に入れるのと同じで、万が一返せなくなっても銀行に差し出せばいい。借金がチャラになりますから。不動産は手が出しづらそうに見えて、実は素人の方が一番やっている投資なんです。

ほかに手堅いのは保険ですね。運用型の保険っていうのがあってですね。変額保険みたいなやつだと、運用実績が15%くらいで回っています。大体の人は保険が必要だと思っているから、よっぽどお金がない限り、解約しません。だから自然と貯まるんですね。

あと投資だったらインデックスファンドっていう、いろいろな優良株に投資をするファンド。株はそのときどきで評価が全然違ってくるから、リスクは高いですよね。その代わり倍とか10倍になるかもしれませんが。

勉強してないと、株の方が投資しやすいかな……ってなるけど、不動産は担保価値があるというメリットがある。その代わり7%くらいでしかまわりません(ローンや管理費などを含めると実質4%程度)。いきなり倍とかにはならない。

資産形成できたらどうなるか

若いうちはね、みんな何とかなると思っています。若いと長時間労働もできますし、失敗しても取り返しがつきますからね。でも60歳とか65歳でお金がなくなったりするとね、取り返しがつかないですよ。年を取ってからお金がないのは超不幸です。孫も寄りつきません。だから30代のバリバリ働いているときに全部シミュレーションしておくんです。

日本人の多くがそうですけど、お金が貯まらない人はお金の教育とか勉強をしていないっていうのが致命的。勉強したり興味を持ったりすると、勝ち方もわかってきます。資産形成できてくるとね、将来に対する不安がなくなるんですよね。家族を幸せにできますし、自分も好きなことができる。

よく週刊誌で投資運用の特集をしていますが、本は買っても70%が運用していないというアンケート結果もあります。まずお金を貯めましょう。そして勉強しましょう。準備ができたら、1万円でもいいから投資をしてみる。投資が怖いっていうのは、やってないからなんです。だからできる範囲でやってみる。そして慣れることが何よりも大事です。

株式会社オフィシャルインテグレート代表取締役

江上 治えがみ おさむ

1967年、熊本県天草市生まれ。有名プロスポーツ選手から経営者まで年収1億円を超えるクライアントを50名以上抱える富裕層専門のカリスマ・ファイナンシャルプランナー。サラリーマン時代には大手損保会社、外資系保険会社の代理店支援営業において、新規開拓分野にて全国1位を4回受賞し、最短・最年少でマネージャーに昇格を果たす。自身が所属した組織もすべて全国トップの成果を上げる。起業後は、保険営業を中心としたFP事務所を設立。人脈ゼロ・資金ゼロから1000名を超える顧客を開拓し、これまで新規に獲得した保険料売り上げは600億円超に達する。指導した部下は全国7万人のセールスの中でベスト5に2回入賞。中小企業のコンサル業務も展開し、サポートした企業の売り上げが1年で8倍増になるほどの成果を上げている。おもな著書にはベストセラーとなった『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』(経済界)をはじめ、『プロフェッショナル ミリオネア―年収1億を生む60の黄金則』(プレジデント社)、『1000円ゲーム―5分で人生が変わる「伝説の営業法」』(経済界)、「決まりかけた人生も180度逆転できる!」(三笠書房)などがある。

もっと見る

この筆者の記事 ▶︎▶︎▶︎

  • できる営業の基礎文法

    2016.03.10

  • 残酷な日本の現実を生き延びるための方法

    2016.01.12

  • 人生を変えたければ付き合う人を変えよ~尊徳流、すごい人と付き合う方法

    2015.11.10

  • 記事一覧へ

新着記事︎

  • 海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない? 戸田れいの海外アーティストインタ...

    2018.01.19

  • 5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

    2018.01.16

  • なぜ横綱に「品格」が必要か

    2018.01.15

  • 記事一覧へ
「政経電論」会員募集中