あすぽん、政治オタクになる!

グラビアアイドル岸明日香の挑戦 あすぽん、政治オタクになる!~講師・尊徳編集長

2016.05.10

政治

0コメント

女優やバラエティで活躍するグラビアアイドル”あすぽん”こと岸明日香が、政治・経済の世界に足を突っ込んだ! 尊徳編集長に弟子入りして、時事を語れるアイドルを目指します。

岸明日香グラビア

 グラビアアイドル

岸 明日香 きし あすか

1991年4月11日生まれ。大阪府出身。B型。サイズ:T158・B90(G)・W58・H88。趣味は、スポーツ観戦、一眼レフカメラ。特技は書道、歌、えびぞり。政治・経済を語れるグラビアアイドル目指して勉強中。

Twitter:@asupons02

ブログ:https://ameblo.jp/asuka-kishi/

続きを見る

株式会社損得舎 代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳 さとう そんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。

Twitter:@SonsonSugar

ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

続きを見る

【side A】Report 自民党・野田聖子議員の講演会におじゃましてきました!

演題「野田は何故政治家を目指したのか」

記念すべき1回目は、聖子先生の講演が行われた「築地朝塾」をレポート。政治家になった経緯から落選したときの苦労、そこから復帰するまでなど、ギュッと凝縮してお話くださいましたっ。

築地朝塾
「朝7時。仕事前に聖子先生の話を聞いてお勉強。みんな熱心です」
築地朝塾2
「いつもは難しい政治の話もむっちゃ面白い!」
築地朝塾3
「メモメモ。『落ちてみると世の中がわかる』……と。政治家も失敗は必要なのね」
築地朝塾
「聖子先生に、『たくさん勉強していったらいいよ』と優しいお声掛けをもらいました~。頑張ります!」
やけどしそうな熱い朝――「築地朝塾」で自分を磨く

政治、経済、外交、文化など、さまざまなテーマについて、多岐にわたる講師たちが熱い思いを語る「築地朝塾」。参加者は、明日を担う20~40代の社会人や学生だ。組織を離れて個人として参加し、新しい道を切り拓くために自らを研鑽している。秋と春に開講、毎週火曜、朝7時~8時10分。

»築地朝塾HP

 

築地朝塾

築地朝塾 2016年春塾 講師一覧

4月12日 野田聖子(衆議院議員)
4月19日 御厨 貴(東京大学名誉教授、「時事放談」(TBS)司会者)
4月26日 山口由美(ノンフィクション『箱根富士屋ホテル物語』著者)
5月10日 諸田玲子(歴史小説家、新田次郎賞受賞作品『奸婦にあらず』著者)
5月17日 関口 宏(TBS「サンデーモーニング」司会者)
5月24日 野副正行(元SONYエンターテイメント社長 『ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ』著者)
5月31日 萩野慎二(NEC「はやぶさ1号」プロジェクトデイレクター)
6月7日 筒井 修(「和僑」創設者、香港在住)
6月14日 坂本光司(中小企業研究奨励本賞受賞『日本でいちばん大切にしたい会社』著者)
6月21日 音 好宏(上智大学 文学部新聞学科教授)
6月28日 早野 透(ジャーナリスト、元朝日新聞編集委員 『田中角栄』著者)

【side B】Lecture あすぽん×尊徳編集長  野田聖子議員の講演を振り返る

岸・尊徳

尊徳 さて、明日香くんに政治オタクを目指してもらうわけだけど……。要はどれだけ政治に興味を持てるかだろうね。でもまあ、俺の周りにいれば情報は集まってくるし、自然とオタクになるよ。まずは歴代内閣総理大臣を覚えたんだって?

 そうなんです! 私、歴史が好きで、そこから入ろうと思って。政治に興味はありますが、こういう機会がなかったら政治を”学ぶ”ことはなかったと思います。盛りだくさん勉強して、自分のためにも頑張りたい!

尊徳 まず、政治が身近なものだってことをわかってもらう必要があるね。「こんなことがあるんだ」「へえー面白い」と思えるようなことを一緒に学んでいければいい。だから、26歳で政治家に踏み込んでいった野田聖子議員の講演を見に行ってもらったんだけど。

 聖子先生の話はとてもわかりやすくて、政治家になるまでの過程だとか、超初心者の私でも聞き取りやすいように話してくださいました。実は講演を見に行くというだけでもかなり緊張していたのですが、お話が面白くて、聴き入ってしまいました。政治家の方のお話が面白いというのは新しい発見でしたね。

尊徳 そうだね。政治家も人間で、普通に生きている人がやっているんだってことを感じられれば第1段階は十分。

 ほかの政治家の方が空気を読んで言うのを避けるようなことも、あえて話していらっしゃったように思います。ただ者じゃないなと(笑)。それが距離を近くに感じさせたのかもしれません。政治家になるまでに、たくさんの家を回ったこととか、苦労している部分って普段見ているテレビではわからない。キレイな部分しか見ていない。ホントは苦労している部分もたくさんあって、それを乗り越えた人たちだけが残っているんだって思いました。女性として子育ての話とか、働く女性を応援するとかも興味深かったです。

岸・尊徳2

尊徳 聖子先生は政治家としては”異質”だと思うよ。政治家になった当時は、田中真紀子、土井たか子と自分くらいしか女性議員いなかったと思うし、こんな閉鎖的な状況を変えなきゃいけないっていう思いが強いんじゃないかな。だから強く見える。

そもそも、何も知らない人にわかってもらえるように話ができないと、政治家ってものはできない。僕みたいに興味を持っている人は自分で知ろうとするけど、何も知らない人のほうが圧倒的に多いんだから。

あすぽんが政治オタクになるために

 今25歳ですけど、私の世代で日常に政治を感じられる人ってほぼいないと思います。意識的に考えていかないとそういう発想って生まれない。

尊徳 困りごとを解決するのが政治だと思う。だから困ってないと政治を感じることもないんだ。でも、長く生きていると壁にもぶつかるし、何かの制度や仕組みがおかしいって思うことは絶対出てくる。そういうのを決めているのは国会だけで、それをやっているのは国会議員ってことを考えれば、政治はいつでも身近にある。

 私、政治オタクになるために何を目指せばいいでしょうか?

尊徳 一年後くらいに、俺に「それは違うと思う」とか言うくらいになっていてほしいね。とにかく”意見”を持つことが政治にかかわるということに直結するから。あと、政治を知ると世の中の流れがわかるんだよね。今は保守的な人がウケるとか、過激なことを言う人がウケるとかトレンドみたいなものも。グラビアアイドルとしても結構なアドバンテージになると思うよ。

【決意表明】私、岸明日香は……世代を代表する発言者になる!

私と同じ世代の人たちの声を発信できるグラビアアイドルを目指します。政治や経済に対する自分の意見を持てるようになって、ゆくゆくは、報道系のテレビ番組にコメンテーターと出演して、政治家や文化人の方々と議論したいです!

岸・尊徳