政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

企業

パソナとシェアリングエコノミー協会が連携 "シェアエコ"を活用した民間による地方創生第2ステージ

電子雑誌「政経電論」第20号掲載
2017年01月10日
読了時間: 06分00秒

2016年11月、総合人材サービスのパソナとシェアリングエコノミー協会が「地方創生実現に向けた包括的連携協定」を締結した。ローカル・アベノミクスと謳われた政府主導の地方創生は、一部を除き思うような成果を挙げられていないが、今回の民間の企業・団体の提携によって行われる地方創生は、どんな可能性を秘めているだろうか。

地方に眠る遊休資産をシェアエコで活用

安倍政権による地方創生政策は2014年にスタートし、各地で地域復興事業が行われているが、国の交付金に頼る地方自治体も少なくない。平成28年度は1000億円(事業ベース2000億円)の地方創生推進交付金が組まれ、予算獲得を目的とした計画を提出する地方自治体、そして、それらを採択する国という、一見、合理的にも思えるが、画一的な取り組みが広がっている。

中にはベストプラクティスと言える例もあるものの、1980年代のふるさと創生事業といった過去のバラマキと何ら変わりないという意見も聞こえてくる。2016年に入ってからは、「一億総活躍社会の実現」という政策に社会保障の要素を吸収され、政府主導の地方創生は収束に向かうように見えた。

そんななか、民間の人材サービス会社である株式会社パソナが、一般社団法人シェアリングエコノミー協会(以下、協会)との「地方創生実現に向けた包括的連携協定」の締結を発表した。

パソナシェアリングエコノミー協会代表理事・上田祐司氏(左)、パソナ代表取締役社長COO・佐藤司氏(中)、同協会代表理事・重松大輔氏(右)

パソナ担当者は、力強く話す。
「協会とともに、シェアリングエコノミー(以下、シェアエコ)で地方に眠る遊休資産(空間、乗り物、モノ、人のスキル等)を生かした観光産業の振興を図り、地域課題を解決しながら、新たな雇用と経済効果を創出、町を活性化させる取り組みを行っていきます」

行政に頼らない!地域の課題はコミュニティで解決

現在、日本が抱える課題の一つに、地方の人口減少が挙げられる。これは生産年齢人口減、それに伴う税収減も意味しており、深刻化すると子育てから介護まで各種行政サービスの質の低下、最悪のケースでは財政破綻も免れない。

そのような事態を避けるためにも、自治体による一元的な取り組みではなく、住民や事業者とともに"協働"で地域を活性化させる仕組みへとシフトさせる必要がある。なおかつ、ムダな投資はしない、"ワイズスペンディング(賢い支出)"な取り組みがベストで、まさにそのモデルとなるのがシェアエコなのだ。

シェアエコとは、新たな投資や大きな財政力を必要としない、C to Cによる遊休資産の貸出仲介サービスのことで、最近では、空き部屋等の賃借マッチングサイト「Airbnb」や、配車サービス「Uber」などが一般的に知られている。市場規模も拡大しており、2015年度は前年度比22.4%増の285億円(サービス提供事業者の売上高ベース ※矢野経済研究所調べ)。

地方創生に生かせるポテンシャルを秘めていることから、政府側も推進への機運が高まっている。一方で、日本におけるシェアエコの認知度、利用意向、利用率は総じて低く、サービスに対して不明、不審、不安といった印象を抱いている人も少なくないのが現状だ。

◇シェアエコは一般消費者間の取引が基本となるので、事故やトラブルの抑止力となる仕組み作りが不可欠。ITを活用した監視システムや、SNSによるレイティング(評価システム)の導入、弁護士等の活用による法令違反とならない根拠の明確化など、安全性や信頼性を確保するためのルールやガイドライン作りが進められている。2016年には、官民による「シェアリングエコノミー検討会議」の中で議論され、11月4日の中間報告「シェアリングエコノミー推進プログラム」によって、国内での普及に向けての指針が示された。

パソナと協会との連携体制は、このような官民あげてシェアリングエコノミーを推進していこうという機運を、さらに後押しする取り組みとなる。

パソナはこれまで、地方の雇用事業や産業振興事業を通して、約330もの自治体とかかわってきた。特に、地方活性化において重要な位置づけとされている「観光立国推進」に力を入れていて、観光地域づくりのプロデュースや広報活動、SNS等を活用したデジタルマーケティング、地域観光を担う人材の確保と育成などに長けている。

一方協会は、シェアエコに関する幅広いノウハウを持ち、シェアエコ事業及びシェア事業に取り組む130超もの会員企業との連携体制を構築している。

そんな両者が、「地方創生」という共通した志の下、シェアエコの活用を推進するのだから、普及に拍車がかかるのは言うまでもない。今後は、共同で遊休資産の発掘を行っていくほか、資産の持ち手と、それを使って起業したい担い手とのマッチングも視野に入れているという。

日常の中にあるすべてが資産に

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

最新号 Headline