withコロナに対応したカウンターで“ひとり鍋”スタイルの新店「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」

2020.06.17

企業

0コメント

2020年6月15日、赤坂に登場した「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」に多くの人が列をなした。すき焼き&ワインダイニング「厨(くりや)七代目松五郎」(東京都渋谷区)の姉妹店としてオープンした同店は横並びのカウンター席が特徴で、A4、A5ランクの最高級黒毛和牛を“ひとり鍋”で楽しむスタイル。新型コロナウイルス感染拡大による行動変容で非対面式の飲食様式が意識されるなか、今の時世にマッチした新店として注目が集まっている。

時代の要請に応える飲食店

都内一等地の赤坂で、カウンター席に座って“ひとりしゃぶしゃぶ”を食べる――。何よりも飲食スタイルが特徴的で、当初の狙いはここ数年の“おひとりさま”需要に応えようと、オーバル状のカウンターを採用したものだった。女性一人でも入店しやすいよう、赤坂にある飲食店には珍しい、明るくオープンな店内、居酒屋のような気さくな接客、利用しやすい価格設定も考慮したことで、奇しくも、新型コロナウイルスの影響で浸透した、新しい生活様式にマッチした格好となった。

プロデュースしたのは、初期投資ゼロで業務用設備をレンタルする「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」を展開するネクシィーズグループの代表・近藤太香巳氏。新サービス「お店まるごと初期投資オールゼロ」を活用した初めての事業としてスタートするはずだったが、突如世界を襲った新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う自粛要請によって事態は急変。

大きなダメージを受けた飲食業界の窮状を目の当たりにし、非対面式という新しい生活様式に合った店づくりへチェンジしたいと考える人々へ示す、ひとつのロールモデルになりたいという思いが芽生えるようになっていった。同社の広報はこう言っている。

「現在、多くの飲食店が閉店に追い込まれるなど、苦しい状況です。こういうときだからこそ、新しいサービスを始めることが飲食業界を活気づけることになると考えました。『ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎』を成功させることで、『お店まるごと初期投資オールゼロ』は、今後も飲食業を続けたい、さらには飲食店をオープンさせたいという方々をサポートするツールであることを示せるのではないか」

商品力があれば多店舗展開したほうが強い

5月25日に緊急事態宣言が解除され、少しずつ街に日常が戻りつつある。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が終息したわけではない。感染防止を考慮しながらも、経済活動を持続させるための対策として、業界ごとにさまざまなアイデアが講じられているが、これまで誰も経験をしたことがない事態に戸惑っている経営者も少なくない。

そんななかでもわかったことがあったという。「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」のシェフで、オーナー会社の株式会社Make our Guests Passionateの藤井都士規氏が語る。

「今回のことで、個店の脆弱性を痛感しました。姉妹店である『厨 七代目松五郎』も2カ月間自粛しましたが、1店舗しかないため、かなり厳しい状況です。そこで、商品力があれば多店舗展開したほうが強いことがよくわかりましたが、小さい店は資金力がなく、それができない。そういった方たちに対して『お店まるごと初期投資オールゼロ』はひとつの打開策になるのではないかと思います」

ネクシィーズグループの「お店まるごと初期投資オールゼロ」は、飲食店出店の際に必要となる店舗物件、内装工事、什器備品、各種設備などを初期投資オールゼロで導入できる画期的なサービス。2018年からスタートしている定額制セルフエステ「BODY ARCHI(ボディアーキ)」と同様、商材・事業と資金調達がセットになった独自のファイナンスシステムだ。

新しい飲食スタイルに対応した改装をはじめ、多店舗展開を検討しているオーナーの費用負担を軽減し、出店計画を加速させることができるのが特長で、毎月のレンタル料は掛け捨てではないので、レンタル期間終了後は製品の所有権が自分のものになる。さらに、導入する製品はLED照明や新冷媒R32を採用したエアコンなど省エネ設備になっており、環境問題の解決にも貢献することができる。

また、個店で不動産やリースを契約する場合、契約者の与信枠が影響するが、同サービスはネクシィーズグループが総額500億円の投資枠を調達しているため、信用を肩代わりしてくれるというのも大きい。

「お店まるごと初期投資オールゼロ」は、新型コロナウイルスで甚大なダメージを受けた飲食業界の救世主となるか。まずは、「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」の活躍に期待だ。

ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎

住所/東京都港区赤坂3-7-12 ベストウェスタンホテルフィーノ東京赤坂1F
電話/03-5544-9977
営業時間/11:30~22:00 ※定休日なし
席数/30席(カウンター席)
アクセス/東京メトロ千代田線 赤坂駅から徒歩3分、東京メトロ銀座線・丸の内線 赤坂見附駅から徒歩3分

Facebook

 

Twitter:hitorimatsugoro

 

ランチは、黒毛和牛のしゃぶしゃぶが980円~食べられる。〆のラーメンも人気 写真:片桐 圭