政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

ビジネス

社会を生き抜くための勉強を[学生よ、武器を持て]

2015年05月11日
読了時間: 02分11秒

中学・高校でやってきた勉強と、大学で勉強することは根本的に違う。それに気づくのは大人になってからだったりするからやっかいだ。政治家・小泉進次郎氏、企業経営者・東英弥氏というブレイクスルーした社会人に、その本質を学ぼう。

小泉進次郎プロフィール小泉進次郎(こいずみ しんじろう) 1981年4月14日生まれ。関東学院大学経済学部卒業後、米コロンビア大学大学院政治学部修士号取得。米国戦略国際問題研究所(CSIS)研究員を経て、衆議院議員小泉純一郎氏の秘書を務めた後、2009年9月、衆議院議員初当選、現在3期目。内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官。

政治家・小泉進次郎
必死になれば人間変わるんです

 勉強しなければ生きていけないとなったときの人間の脳のスポンジ状態、適用力はバカにならないですよ。米コロンビア大学に行っていたとき、家賃を払うのも小切手を使わなきゃ払えなかった。日本じゃやったことのないのに。そういうなかで生きることに必死になると、僕みたいな大して勉強してこなかった人間も変わるんです。

 だから、大学行けるから行こうっていうスタンスじゃなくて、社会に出たときに、このスキルで勝負したいから大学でこれを学ぼうっていう風に変わっていかなきゃいけないと思います。

企業経営者・東 英弥

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

新着記事