政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

政治

北朝鮮 vs アメリカ 核戦争チキンレース 強硬姿勢の裏を読む

2017年05月11日
読了時間: 07分00秒

緊迫する朝鮮半島情勢。たびたび核実験やミサイル発射実験を行い、来るXデーに向けて準備を整えているかのような北朝鮮。一方、有事に備えて朝鮮半島に空母を差し向けるアメリカ。すべては核兵器をめぐる駆け引きだ。なぜ、北朝鮮はここまで頑なに核兵器を持とうとするのか、異常なまでに強硬な姿勢の裏を読む。

虚勢を張る気はないのだけれど...

北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は今年4月17日、海外メディアのインタビューで「米国が選択すれば戦争に乗り出す」「米国の無謀な軍事作戦に先制打撃で対応する」「最高指導部が決心した時に核実験を行なう」(聯合ニュース)などと発言。

いかにも勇ましいコメントだが、行間をつぶさに見ると、米トランプ政権に対して、戦争回避のシグナルを送っているとも思える内容だ。

裏を返せば、アメリカが無謀な行動、つまり特殊部隊を使って北朝鮮の最高指導者・金正恩(キム・ジョンウン)氏の暗殺を図るといった軍事作戦を行わなければ戦争に乗り出さないし、先制打撃、つまり弾道ミサイル攻撃での対応もしない、という意味を示唆していると思われる。

最後のコメントも、最高指導部=金正恩氏が"決心"したとき、とわざわざ念押しした点がミソで、これは、「まだ核実験を決心していない」=「核実験をこれ以上行なわない、という選択肢も用意している」というメッセージを包含する、とも読み取れる。

このコメントは、シリアのアサド政権(?)が反政府勢力に化学兵器で攻撃したことに対し、トランプ大統領が報復としてシリアの空軍基地を59発ものトマホーク巡航ミサイルで攻撃した4月7日より後のものだけに注目に値する。

トランプ大統領は就任以前から「アメリカ一国主義」を掲げ、自国とあまり関係のない国際問題には関与しない、と喧伝したのも束の間、これをいきなり覆し、"人道的立場"からシリアをミサイル攻撃した。

ソフト・タイプの前任者・オバマ前大統領とはまったく違う、まさに「世界の警察」の復権をにじませる行為。どう考えても北朝鮮を意識したもので、「軍事的オプションに躊躇しない」という強力なメッセージを北朝鮮に送った格好だ。これには金正恩氏も肝を潰したはず。

こうしたことから、前述のコメントには、「トランプさんよ、ちょっと待ってくれ、話し合おうじゃあないか」といった金正恩氏の焦りを反映したもの、とも深読みできそうだ。

北朝鮮

社会主義国の敗北が北朝鮮に恐怖を植えつけた

ではなぜ、北朝鮮は世界に批判を受けながらも強硬姿勢を貫くのだろうか。それは、冷戦終結=社会主義国敗北の歴史が、北朝鮮にある種の恐怖を植えつけたからだ。

1948年の建国以来、祖父・金日成(キム・イルソン)、父・金正日(キム・ジョンイル)、そして3代目の金正恩といった具合に、北朝鮮の最高権力は世襲されてきた。社会主義国をまとった、まさに"金王朝"そのものである。

しかし、王朝にとって衝撃的だったのが、1989年に訪れた東西冷戦の終結だった。「資本主義陣営 vs 社会主義陣営」という枠組みが消滅、その後、北朝鮮が組みしていた東側陣営の盟主・ソ連自体が崩壊、東欧の社会主義諸国も軒並み「共産党」の看板をかなぐり捨ててしまう。

特に衝撃的だったのが1989年に発生したルーマニアの民主化革命で、当時権勢を誇っていた最高権力者チャウシェスクは反旗を翻した国軍に拘束され公開処刑されてしまう。当時王朝の最高実力者・金正日氏にとってチャウシェスクは盟友であり、同じ独裁者の似た者同士だっただけに"明日は我が身"との思いが脳裏をかすめたはずだ。

冷戦終結後、しばらくすると、強力な庇護者だったはずのソ連と中国が、相次いで宿敵・韓国と国交を結ぶ有様。旧ソ連の事実上の後身であるロシアは、これまで北朝鮮と結んでいた軍事同盟すら破棄する状況だった。

加えて、これと並行する形で勃発した1991年の湾岸戦争も、王朝にとっては背筋が寒くなる思いだったに違いない。というのも、石油に、ものを言わせて最新兵器を大量に買い込み、総兵力100万人、中東屈指の軍事大国だったイラク・フセイン政権がアメリカを中心とした多国籍軍にあっけなく敗退したからだ。

その後、フセイン政権は、「核兵器開発の証拠がある」と米英から一方的な"言いがかり"をつけられ、2003年のイラク戦争で崩壊、フセイン大統領自体も処刑されてしまった。ちなみに、その後フセイン政権による核兵器開発の証拠は何も見つかっていない。

これらを考えれば、どれだけ通常兵器を持とうが、アメリカのハイテク兵器には適わないこと、また、フセイン政権が仮に核兵器を持っていれば、アメリカは手出しできず、政権は安泰だったことを、王朝は教訓として学び取ったのではないだろうか。

その証拠に、1990年代以降、北朝鮮はIAEA(国際原子力機関)からの脱退宣言(1994年)、テポドンICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験(1998年)、NPT(核不拡散条約)からの脱退宣言(2003年)、初の地化核実験(2006年)といった具合に、核兵器・弾道ミサイル開発に拍車をかけていくのである。

核兵器が無ければ勝てない北朝鮮

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

新着記事