政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

政治
[世界を読むチカラ~佐藤優が海外情勢を解説]

平行線で御の字 訪米"ゴルフ外交"

電子雑誌「政経電論」第21号掲載
2017年03月10日
読了時間: 04分30秒

連日ニュースをにぎわせた安倍首相の"ゴルフ外交"。現職のアメリカ大統領と2日という長い時間を共にしてきたのだが、その結果、日本は何を得たのだろうか?

佐藤 優プロフィール佐藤 優(さとう まさる) 作家・元外務省主任分析官。1960年生まれ。同志社大学神学部、同大学院修了後、85年外務省入省。モスクワの日本大使館、外務本省国際情報局に勤務したが2002年に逮捕。09年6月有罪が確定し、失職。その後、作家として活躍する。

「稚拙なプロパガンダ(宣伝)を外務省は行っている」(佐藤 優)

朝日新聞の難癖と露、欧州のホンネ

安倍晋三首相の訪米は実に興味深かった。最大の成果は、トランプ大統領と特別の信頼関係を構築し、それを可視化させるのに成功したことだ。端的には、"ゴルフ外交"にその成果が現れている。

<首相とトランプ氏は(2月)11日、米フロリダ州・パームビーチにあるトランプ氏ゆかりのゴルフ場2カ所を「はしご」し、計約5時間のプレーをした。首相官邸幹部は「米大統領の時間をこんなに押さえられるだけでもすごい」と話し、今回のゴルフ外交は「日本の国益に資する」との主張だ。>(2月12日「朝日新聞デジタル」)

確かに世界唯一の超大国である米国大統領の日程をこれだけ長時間、押さた事例は希有のことだ。しかし、その最大の理由は、トランプ大統領と側近が外交プロトコール(儀礼)に無知なので、不動産業のときの接待と同じ感覚で安倍首相の"おもてなし"をしたからだ。この関連で朝日新聞に掲載された孫崎享氏のコメントは難癖としか言えないひどいものだった。

<ゴルフ外交には危うさも伴う。外交評論家で元外務省国際情報局長の孫崎享さんは「中東・アフリカ7カ国からの入国を一時禁じた大統領令で世界中から批判されている相手とともに、その問題に触れずに親しくゴルフをするのは嘲笑の的だ」と批判する。/さらに「プレー中は一時的に通訳らが同行できず、両首脳だけで話す場面も生まれかねない」とも指摘。安全保障や自動車貿易の分野で、トランプ氏は日本側に難しい対応を求めたこともあるだけに、「記録を残せないまま、安倍首相が2人だけの話で何らかの口約束をしていたとしたら危険だ。今後、その約束をもとに進んでしまうおそれがある」>(2月13日「朝日新聞デジタル」)

安部首相は、中東、アフリカ7カ国からの入国を一時禁じた大統領令について「アメリカの内政問題だ」という立場を鮮明にしている。この立場を批判する国もあるが、ロシアやヨーロッパの大多数の国は、本音では自分たちもトランプ流の入国禁止措置を取りたいと思っている。トランプ大統領の政策にはさまざまな批判があるが、決して嘲笑されているわけではない。

それから通訳抜きの安倍、トランプ間の密約はありえない。密約交渉を行うには高度な英語力が必要だ。通訳を抜きにして安倍首相が交渉を行える客観的な条件がない。孫崎氏のコメントは、"安倍憎し、トランプ憎し"で凝り固まった常軌を逸した難癖だ。

トランプ大統領に過度の信頼は禁物

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

連載記事一覧