政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

技術・IT

パナソニック 細菌数測定装置「細菌カウンタ」 細菌の定量測定を身近にする

電子雑誌「政経電論」第2号掲載
2014年01月10日
読了時間: 06分00秒

細菌カウンタ DU-AA01NP-H ※本製品は、医療機器ではありません。

パナソニックが開発・商品化した「細菌カウンタ」は、例えば、口腔内の細菌数をたった1分※1で測定するという測定装置である。

歯周病予防のニーズから生まれた

 人間の口腔内には、700種類を超え、100億個を超えるほどのたくさんの細菌が潜んでおり、適切にケアをしないと1兆個になるとも言われている。近年、日本人が歯を失う原因として、虫歯以上に歯周疾患、いわゆる歯周病が挙げられている。
 歯周疾患は、初期段階での自覚症状がほとんどないため発病に気付かない人が多いが、厚生労働省の調査では、日本人の55~74歳の歯周疾患の罹患率は約50%といわれている(2005年調査)。また、歯周疾患は歯を失うだけでなく、肺炎や糖尿病、心筋梗塞などさまざまな疾患の引き金になるともいわれている。
 歯周疾患の目安となる口腔内の細菌数の定量評価には、大学や研究所、民間の微生物検査会社などの専門機関で、細菌培養装置を用いた培養法による細菌の検査、測定が一般的に行われている。
 しかし、シャーレ上に検体を塗布し、インキュベータという装置を使用して一定温度で巣細菌を増殖しコロニー(集落)数をカウントする培養法では、1回の測定に2日(48時間)以上かかる場合もあり、時間的にも費用的にも測定への負担が大きく、これまで臨床の現場で細菌数を測定し、その結果をもとに判断をしたり処置をすることは非現実的なことであった。
 2011年に制定された歯科口腔保健法、さらに2012年4月から施行された周術期口腔機能管理の保険点数付与などにより、口腔内の衛生環境を定量的に評価するための細菌数を測定したい、というニーズが急速に高まり、細菌数測定機器の発売への期待が高まった。そのような背景のもと、パナソニックが歯科医・大学研究機関と協力して開発していた細菌カウンタを、製品として2012年5月25日に販売を開始した。

※1 測定環境により測定時間が異なることがあります(最大で約1分30秒/回)

迅速、簡単、高精度な細菌数測定が新たな価値を生む

この記事について意見・感想などをコメントしてください

コメントガイドライン »

新着記事