×

技術・科学

尿酸値上昇の対策はプリン体を控えるだけでは不十分 日本初“高めの尿酸値を下げるサプリ”研究者が教える3つのポイント

尿酸値上昇の対策はプリン体を控えるだけでは不十分 日本初“高めの尿酸値を下げるサプリ”研究者が教える3つのポイント

中年男性は尿酸値の上昇を避けるために「プリン体を摂取しない方がいい」などとは言うものの、なぜ、どう気をつけるかはいまいちわかっていない人も多いのではないだ...

2019.04.16

カーボンコンポジットで製品の新しい可能性を引き出す【東レ・カーボンマジック 奥明栄社長インタビュー】

カーボンコンポジットで製品の新しい可能性を引き出す【東レ・カーボンマジック 奥明栄社長インタビュー】

アルミニウムよりも軽く、鉄よりも強い素材、CF(炭素繊維)は、航空機やレースカーなど軽量化を求められる乗り物や、しなやかさと強度の両立が求められるゴルフク...

奥 明栄

2019.03.29

民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」をJAL、三井住友海上火災保険、日本特殊陶業が支援

民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」をJAL、三井住友海上火災保険、日本特殊陶業が支援

民間宇宙開発ベンチャーの株式会社ispaceは、2月22日、同社が計画する世界初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のコーポレートパートナーを発表...

2019.02.23

目指すは「1リットル100円台」 ユーグレナとデンソーがバイオ燃料量産化で包括提携

目指すは「1リットル100円台」 ユーグレナとデンソーがバイオ燃料量産化で包括提携

「今生産しているバイオ燃料は1リットル1万円。これは高い!」――。「ミドリムシ(ユーグレナ)」を主原料にバイオ燃料量産を目指すユーグレナの出雲充社長が吠え...

情報コーナー

2019.02.22

次期戦闘機F-3の日米共同開発案に“F-2のデジャブ”との恨み節

次期戦闘機F-3の日米共同開発案に“F-2のデジャブ”との恨み節

航空自衛隊が配備する“準”国産戦闘機F-2の後継機(将来戦闘機)、いわゆる「F-3」の開発スキームが、どうやら日米共同開発で落ち着きそうな雲行き。ただ“純...

2018.12.14

アバターが「パパ」と呼ばれる日 技術がコミュニケーションを拡張する

アバターが「パパ」と呼ばれる日 技術がコミュニケーションを拡張する

去る2018年3月13日、航空会社のANAグループが新事業「ANA AVATAR VISION」を発表した。映画やネットの世界にしか存在しなかったアバター...

2018.12.13

日本のベンチャーも参加 NASAの商業月面輸送サービスCLPS

日本のベンチャーも参加 NASAの商業月面輸送サービスCLPS

11月末、日本の民間宇宙開発ベンチャーispaceが米チャールズ・スターク・ドレイパー研究所らとともにNASAへ提案した、10年間で予算総額26億ドルの月...

2018.12.12

64カ国470チーム以上が参加表明 何でもできるアバターをつくる「ANA AVATAR XPRIZE」

64カ国470チーム以上が参加表明 何でもできるアバターをつくる「ANA AVATAR XPRIZE」

人類に利益を与える技術開発を競うコンペティション「XPRIZE」。民間による月面無人探査を競った「Google Lunar XPRIZE」も記憶に新しいが...

深堀 昂

2018.12.11

F-35猛烈セールの米ロッキード・マーチンとF-3をあまりPRしない日本勢の温度差が印象的だった「国際航空宇宙展」

F-35猛烈セールの米ロッキード・マーチンとF-3をあまりPRしない日本勢の温度差が印象的だった「国際航空宇宙展」

11月28~30日に東京有明のビッグサイトで「国際航空宇宙展2018」が開催。目玉は屋外展示された米ロッキード・マーチン製のステルス戦闘攻撃機F-35Aの...

情報コーナー

2018.12.04

ユーグレナが日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料の製造実証プラントを構築

ユーグレナが日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料の製造実証プラントを構築

10月31日、「ミドリムシ」でお馴染みのユーグレナ(本社・港区。出雲 充社長)は、横浜市鶴見区の京浜臨海部にバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント...

2018.11.05

宇宙スタートアップ企業ispaceがSpaceXと打ち上げ契約 史上初の民間月面探査が再始動

宇宙スタートアップ企業ispaceがSpaceXと打ち上げ契約 史上初の民間月面探査が再始動

月面資源開発に取り組む株式会社ispace は、米SpaceX社との複数回の打ち上げ契約を締結。ランダー(月面着陸船)を搭載したロケットを、2020年、2...

2018.09.26

急伸する太陽光発電に思わぬ落とし穴 疑念深まる“再エネの旗手”の持続可能性

急伸する太陽光発電に思わぬ落とし穴 疑念深まる“再エネの旗手”の持続可能性

西日本豪雨や台風、北海道胆振東部地震では、各地が大規模な停電に見舞われた。工場や家庭のライフラインが途絶えたことによる影響は大きかったが、情報を得るための...

2018.09.12