情報コーナー

中華圏映画の勢いが止まらない!? ジャッキーが香港からSFに舞台移し悪戦苦闘 映画『ポリス・ストーリー/REBORN』

2018.10.24

経済

0コメント

©2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

ジャッキー・チェン扮するリン捜査官が八面六臂、悪戦苦闘するアクション・エンターテインメント映画『ポリス・ストーリー』シリーズが封切られて早30余年。ジャッキーの故郷・香港を舞台に軽快かつコミカルなカンフーで国際犯罪組織に挑む、というのが同シリーズのいわば“十八番”だったが、今回は豪州シドニーに舞台を移動、味付けも近未来を髣髴とさせたSFに鞍替えした。

天才博士が開発した人工心臓・血液によって13年前に一命を取り留めたリンの愛娘だが、彼女の血液を使って再起を図ろうと企む悪の一味が愛娘を拉致、救出すべく猛然と立ち上がったリンとの間で壮絶な死闘が演じられる……。

TNT火薬100kgを使った、ハリウッド顔負けの爆破シーン、登場する拳銃はすべてホンモノで何万発もの実弾すら発射……。日本映画にはとてもマネの出来ない、十数億人の中華圏市場を背景に、投資対象としても発展し続ける彼ら映画ビジネスのダイナミズムも感じさせる作品だろう。

『ポリス・ストーリー/REBORN』

劇場公開: 11月23日(金・祝)/TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
製作:2017年中国=香港映画/109分
製作総指揮:ジャッキー・チェン
監督・脚本:レオ・チャン
主演:ジャッキー・チェン、ショウ・ルオ、オーヤン・ナナ、エリカ・シアホウ、カラン・マルヴェイ、テス・ハウブリック
協力:松竹/配給:ツイン