情報コーナー

オンラインゲーム「World of war Warships」が大胆バージョンアップするかも!?

2018.10.25

経済

0コメント

アカウント数は1億数千万(!)という、世界最大級のオンライン戦車戦ゲーム「World of Tanks(WoT)」を運営するWargaming.net社(ベラルーシの企業だが正式な本社所在地はキプロス・ニコシア)は、WoTの海戦版として展開中の「World of Warships(WoWS)」の最新情報に関して2018年9月下旬、同社の開発チーム幹部が来日、東京でメディア向け会見を開催。

それによれば、[1]既存の空母の“味付け”(リデザイン)を大幅改良、[2]「潜水艦」の導入、という2つの大胆なバージョンアップ策を思案中とのこと。

まず[1]に関しては、WoWSでプレイできる4艦種(戦艦、巡洋艦、駆逐艦、空母)の中でも、空母の操作が最も難しく、熟練プレーヤーと初心者の差が歴然であることから新規の“成り手”が少ない、という問題を抱えていた。これを改善するため、艦上機の編成や操作、機種を大幅に変更。

一方、[2]に関してだが、前述のようにWoWSではこれまで潜水艦は登板していなかったのだが、いよいよこの導入も検討しているという。こうした新機軸、早ければ来年早々にも正式に投入されるかもしれないゾ。