情報コーナー

今どきの「物流」の“三種の神器” IoT・AI・ロボットをわかりやすく解説

2018.12.05

経済

0コメント

近年、新聞やウェブニュースのネタにならない日はないほどに注目されている「物流」。宅配便にまつわる再配達問題から始まり、EC(ネット通販)の“巨人”アマゾン・ドットコムの超先進的なロジスティクス戦略、さらには少子高齢化に伴う現場でのマンパワー不足など話題は尽きない。

日本経済はもちろん、われわれの生活だって「物流」がなければ成立しない。モノは勝手に動かないからだ。

しかも、前述した課題を解決するために物流業界はもとより流通やメーカーなどもここ2、3年の間にIoT・AI・ロボット、いわゆる“ハイテク三種の神器”をこの分野にこぞって導入し始めた。

「ロジスティクスを制する者はビジネスを制する」を理解する経営者が日本にもいよいよ増え始めた証左でもある。本書はそんな“スマート・ロジスティクス”のキモを、図表を交えてわかりやすく解説。特にベンチャー経営者にはオススメだ。

『スマートロジスティクス――IoTと進化するSCM実行系』

監修者:花房陵
編集委員長:西田光男
発行所:エヌ・ティー・エス
定価:3万2000円+税