政経電論〈政治・経済を武器にする“解説”メディア〉

企業

エキセントリックでないと務まらないのか?ナンバーワンに駆け上がるIT企業の創業者たち

電子雑誌「政経電論」第19号掲載
2016年11月10日
読了時間: 08分00秒

写真/山田吉彦

世界を席巻する企業の創業者はどんな人物だろうか。従業員からの信頼が厚い? 最高のエンジニア? たぶん、どちらでもない。Appleのスティーブ・ジョブズ、Microsoftのビル・ゲイツ、Facebookのマーク・ザッカーバーグ......有名なIT企業の創業者たちに共通するのは"エキセントリック"であることだ。一風変わった世界企業の経営者の素質に迫ってみたい。

IT企業の創業経営者はネタの宝庫

『バトル・オブ・シリコンバレー』(1999)
『ソーシャル・ネットワーク』(2010)
『スティーブ・ジョブズ』(2015)

 これは何だろう? まあ、3番目は主人公がそのままタイトルになっているのでわかりやすいが、いずれもIT業界の経営者たちを主人公にした映画のタイトルである。探せばきっともっとあると思われる。

 1番目の映画は、PC黎明期のMicrosoftのビル・ゲイツとAppleのスティーブ・ジョブズの成長と戦いを描いた映画であり、2番目はハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグがFacebookを立ち上げ、成長させていく物語。そして3番目は、ジョブズ没後の2015年に作成された伝記映画である。

 しかし、考えてみれば、これはなかなか珍しい事態ではないだろうか。ある産業の、起業と成長、そして企業間のバトルをめぐって、現役の経営者(残念ながらジョブズは2011年に亡くなり、ゲイツは2014年にMicrosoftの会長職からも引退したが)を主人公にした映画が、こんなに何本もつくられる産業はほかにはない。なぜ、IT業界はこんなに映画や伝記のネタに事欠かないのだろうか?

 IT業界の経営者として著名な人たちを挙げてみよう。

■スティーブ・ジョブズ:Apple共同創業者でありCEO(2012年~2015年の時価総額世界ナンバーワン企業)
■ビル・ゲイツ:マイクロソフト共同創業者でありCEO(1999、2000、2003年の時価総額世界ナンバーワン企業)
■ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン:Google共同創業者(現在はペイジが持ち株会社であるアルファベットのCEO。2016年には短期間であるが、Appleを抜いて時価総額世界ナンバーワン企業に)
■ジェフ・ベゾス:AmazonのCEO
■マーク・ザッカーバーグ:FacebookのCEO
■ラリー・エリソン:オラクルのCEO

 もちろん彼ら以外にも、小説になりそうな経歴やエピソードを持つ経営者は数多い。ただ、ここでは、自分が創業し、経営した企業を何らかの世界一に押し上げた経営者ということで、彼らに注目してみよう。

世界が求める技術を見抜く力

 彼らが映画や伝記にも描かれる理由の一つは、間違いなく「面白い経営者、激しい経営者」ということだろう。彼らは皆、優れた技術者であり、同時に強烈な個性とエゴと執念を持った人たちだ。そして、自分たちが作り出す製品やサービスに圧倒的な自信を持っている。

 ここで言っている"優れた技術者"というのは、必ずしも"優れた発明家"であることを意味しない。よく知られた話だが、Microsoft飛躍のきっかけとなり、IBMのPCに採用されたOS、「MS-DOS」は、もともとは、シアトル・コンピュータ・プロダクツという中小企業からのOEM製品だった。

 また、Facebookの場合は、彼らが成長する以前に、先行する大きなSNSサービスとしてFriendster(フレンドスター)やMyspace(マイスペース)が存在しており、ザッカーバーグがSNSの概念を具体化したわけではない。そもそもFacebookは、ハーバード大学時代にザッカーバーグがかかわっていたConnectUという企業から、「自分たちが考えたSNSのアイデアとソースコードを盗んだ」として訴訟も起こされている(結果はザッカーバーグが勝ったが、判決は「原告はFacebookの株式6500万ドル分を受け取ることで和解すべき」というものであって、必ずしも全面勝訴というわけではない)。

 ジョブズにいたっては、「『優れた芸術家はまねをし、偉大な芸術家は盗む』とピカソは言った。だからすごいと思ってきたさまざまなアイデアをいつも盗んできた」という名言を残しているくらいである。

 しかし、発明家ではないということが、技術者として優れていないということではない。彼らは、実際の経済で通用する技術は何か、自分たちの製品・サービスがさらに発展させていくためには、どのような技術が必要か......ということに関しては、非常に優れた洞察力を有していた。

 そして、こうした技術を"自分でつくる"ことには拘泥せず、外部から人を招くなり部下にゆだねて開発していったのである。

 こうした技術・製品の代表的なものとしてはMicrosoftのワード、エクセルといったOfficeのアプリケーション群、Googleのアドワーズ、アドセンスといった広告サービス、Amazonのアマゾンの「推奨(レコメンデーション)エンジン」、AppleのiPod、iPhone、iPadなどがある。これらの経営者たちは"どこに注力すべきか、どの技術を製品化すべきか"を見抜く目が非常に優れていたのである。

攻められても守れない創業経営者たち

記事に関する意見・疑問はコチラ

コメントガイドライン »

最新の関連記事

最新号 Headline