情報コーナー

ユーグレナ社が女子高生を重役として迎え入れ!? 史上最年少の東証一部上場企業CFOの誕生

2019.11.01

社会

0コメント

東証一部上場企業のCFOとして女子高生が大抜擢!?

ミドリムシ(ユーグレナ)の製造ですっかりお馴染みの株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区。出雲 充社長)が、またしても、SDGsに関連した“サプライズ”をぶち上げた。

今年10月29日、同社のCFOとして、小澤杏子(おざわ・きょうこ)さん(2002年生まれの17 歳・高校2年生、東京都出身)を大抜擢。ただしCFOといっても「最高財務責任者」ではなく、新設の「最高未来責任者(Chief Future Officer) 。当然のことながら「史上最年少の東証一部上場企業 CFO 誕生」という快挙だ。小澤さんに課せられたミッションは「バイタリティ、柔軟さをもって会社と社会の未来を変えていく取り組みを主導する」こと。

小澤さんは、「今までさまざまなことに興味を持ち、学内での委員会活動、研究や、学外でのボランティア活動などを行ってきました。今までの経験を生かしながら、ユーグレ ナの CFO として今後の活動を社会的に価値のあるものにしていけるように全力で頑張ります」とコメント。

また、出雲社長も「小澤さんとは CFO の最終面接で初めてお会いしましたが、一緒にユーグレナ社の仲間として社会と未来、そして地球のために SDGs の達成に向けて活動していける方だと感じました。未来を良くするため の提案をどんどんお願いしたいと思っています。前向きに楽しみながら、CFO 活動に取り組んでください!」と大いに期待する。

2019年8月に18 歳以下限定でCFO の募集を開始、500 件超のエントリーの中から初代 CFOとして彼女が選ばれた。任期は2020年9月までの1年間で、活動模様は適宜同社HPなどで報告される模様。

 

ユーグレナHPより