×

政治

イージス・アショア中止でミサイル防衛体制に黄信号 微妙な政府代替案の、代替案

イージス・アショア中止でミサイル防衛体制に黄信号 微妙な政府代替案の、代替案

このところミサイル防衛政策の議論が盛んだ。きっかけは河野太郎防衛相が新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止したこと。平成30年版の...

2020.07.29

次の政権の目玉政策は「デジタル・ガバメント庁」の創設による「デジタル遷都」

次の政権の目玉政策は「デジタル・ガバメント庁」の創設による「デジタル遷都」

デジタルトランスフォーメーション(DX)は政治や行政において強く求められています。自治体と中央省庁の情報のやり取りはFAXで行われ、オンラインで申請された...

平将明の『言いたい放題』

2020.07.22

45年ぶりに戦死者を出した中国・インド国境紛争は核戦争の危険をはらんだ“天空の争奪戦”

45年ぶりに戦死者を出した中国・インド国境紛争は核戦争の危険をはらんだ“天空の争奪戦”

戦死者を伴う核保有国同士の軍事衝突が半世紀ぶりに起きた。中印国境紛争だ。新型コロナウイルス対策で右往左往する日本ではそれどころではなかったようだが、世界の...

2020.07.21

首都経済を担う小池都政2期目の課題

首都経済を担う小池都政2期目の課題

東京都知事選が5日に投開票され、無所属の現職、小池百合子氏が歴代2位の360万票を集めて再選を決めた。新型コロナウイルスの感染再拡大に世間の注目が集中する...

2020.07.06

高まるSNSの重要性 アフターコロナのネット選挙運動

高まるSNSの重要性 アフターコロナのネット選挙運動

今、選挙のあり⽅が変わってきています。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、緊急事態宣⾔が解除された後も、「3密」を避けるため、街頭演説や握⼿など、こ...

2020.06.19

都知事選は自公支援の現職・小池百合子氏有利 山本太郎氏ら旋風巻き起こせるか【7月5日投開票】

都知事選は自公支援の現職・小池百合子氏有利 山本太郎氏ら旋風巻き起こせるか【7月5日投開票】

東京都知事選が6月18日に告示され、14日間の選挙戦が始まった。新型コロナウイルスへの対応や、来年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催の是非...

2020.06.18

延期?ネット投票?記号式? withコロナ時代の選挙のあり方

延期?ネット投票?記号式? withコロナ時代の選挙のあり方

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出された4月以降、全国各地の選挙で投票率が史上最低を記録している。4月26日に行われた衆院静岡4区補選は3...

2020.05.22

吉村府知事効果で維新が支持率上昇 アフターコロナで政界の図式も変わるか

吉村府知事効果で維新が支持率上昇 アフターコロナで政界の図式も変わるか

長期安定的な政権運営を続けてきた安倍政権に、猛烈な逆風が吹き始めた。政府の判断で検察幹部の定年を延長できるようにする検察庁法改正案は、世論の猛反発を受けて...

2020.05.22

withコロナ社会を実現する税制&学校再開プラン

withコロナ社会を実現する税制&学校再開プラン

大勢の日本人にとって国内に感染症がまん延するのは初めての出来事で、すべてが手探りだった新型コロナウイルス感染拡大対策。生活支援や落ち込んだ経済の対策は、政...

2020.05.22

抗議ツイート500万超 検察庁法改正案の何が問題か

抗議ツイート500万超 検察庁法改正案の何が問題か

普段は注目されない“地味な法案”が、芸能界を巻き込んで日本中の話題となっている。その法案とは検察官の定年を延長するための検察庁法改正案。人気俳優や歌手、お...

2020.05.13

ここからどうするコロナ戦!? 佐藤尊徳編集長が喋り倒すニコ生本日5/8配信

ここからどうするコロナ戦!? 佐藤尊徳編集長が喋り倒すニコ生本日5/8配信

緊急事態宣言下でのゴールデンウイークが終わり……かと思ったらやっぱりキタ! 緊急事態宣言延長。自粛解除の基準を示さない政府と、独自の基準を出した大阪府は何...

2020.05.08

緊宣延長へ モラル頼りから法的強制力を持つための議論を

新型コロナウイルス対策で自治体の休業要請に応じない施設への対応などが課題となっている。海外では厳格な取り締まりが成功している国がある一方、日本の法律では要...

2020.05.01