×

政治

バイデン&ハリス政権の最初の課題は政治的分断の融和

バイデン&ハリス政権の最初の課題は政治的分断の融和

大接戦となったアメリカ大統領選挙で民主党のジョー・バイデン候補が当選を確実にし、11月7日夜(日本時間8日午前)に勝利宣言した。トランプ大統領は敗戦を認め...

2020.11.9

11月3日投開票:米大統領選「トランプ vs バイデン」は長期戦に?

11月3日投開票:米大統領選「トランプ vs バイデン」は長期戦に?

アメリカの大統領選が11月3日に投開票される。新型コロナウイルス対策や減税の是非、対北朝鮮政策など争点はたくさんあるが、一番の注目は「アメリカ第一主義」を...

2020.11.1

「大阪都構想」ついに決着へ 地方自治の分岐点にも

「大阪都構想」ついに決着へ 地方自治の分岐点にも

「大阪都構想」の賛否を問う2度目の住民投票(正式名称:大阪市廃止・特別区設置住民投票)が11月1日に大阪市で行われる。世論調査では一時、賛成派が反対派を上...

2020.10.29

菅内閣発足 実務重視の“菅カラー”を世間はどう評価する?

菅内閣発足 実務重視の“菅カラー”を世間はどう評価する?

自民党の菅義偉総裁が9月16日の臨時国会で新首相に選出され、同日夕に菅内閣を発足させた。15日に決めた党役員人事は自身の総裁選出を後押しした主要派閥に配慮...

2020.9.17

菅首相誕生へ 自民党総裁選、菅氏が圧勝

菅首相誕生へ 自民党総裁選、菅氏が圧勝

自民党総裁選が9月14日に投開票され、菅義偉官房長官が全体の約7割の票を集めて圧勝した。菅氏は16日の臨時国会で新首相に選出される。秋田出身で初めて、無派...

2020.9.14

ポスト安倍時代における日米関係の行方

ポスト安倍時代における日米関係の行方

安倍首相は8月下旬、持病の悪化を理由に辞職することを発表した。現在、自民党の次期総裁を決める動きが佳境を迎えているが、おそらく菅義偉官房長官が次期総理とな...

2020.9.10

安倍首相、歴代最長政権の功罪 株価上昇、念願の憲法改正は果たせず

安倍首相、歴代最長政権の功罪 株価上昇、念願の憲法改正は果たせず

安倍晋三首相が体調の悪化を理由に辞任を表明し、9月17日に新首相が就任することとなった。7年8か月にわたる歴代最長の在職期間中に株価は大幅に上昇。安全保障...

2020.9.3

安倍首相電撃辞任 次期総裁は両院議員総会なら岸田氏、通常投票なら石破氏が有利

安倍首相電撃辞任 次期総裁は両院議員総会なら岸田氏、通常投票なら石破氏が有利

13年前の記憶が蘇る。その日、政治部に配属されたばかりの私は、首相官邸のホールで「安倍首相辞任」というニュース速報に衝撃を受けた。その時点で首相が辞めると...

2020.8.28

政権の本気度が見えない「骨太の方針2020」 この国の経済はどこへ向かうのか

政権の本気度が見えない「骨太の方針2020」 この国の経済はどこへ向かうのか

政府は7月17日、本年度の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」を閣議決定した。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、行政のデジタル化や医療体制の...

2020.8.5

イージス・アショア中止でミサイル防衛体制に黄信号 微妙な政府代替案の、代替案

イージス・アショア中止でミサイル防衛体制に黄信号 微妙な政府代替案の、代替案

このところミサイル防衛政策の議論が盛んだ。きっかけは河野太郎防衛相が新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止したこと。平成30年版の...

2020.7.29

次の政権の目玉政策は「デジタル・ガバメント庁」の創設による「デジタル遷都」

次の政権の目玉政策は「デジタル・ガバメント庁」の創設による「デジタル遷都」

デジタルトランスフォーメーション(DX)は政治や行政において強く求められています。自治体と中央省庁の情報のやり取りはFAXで行われ、オンラインで申請された...

平将明の『言いたい放題』

2020.7.22

45年ぶりに戦死者を出した中国・インド国境紛争は核戦争の危険をはらんだ“天空の争奪戦”

45年ぶりに戦死者を出した中国・インド国境紛争は核戦争の危険をはらんだ“天空の争奪戦”

戦死者を伴う核保有国同士の軍事衝突が半世紀ぶりに起きた。中印国境紛争だ。新型コロナウイルス対策で右往左往する日本ではそれどころではなかったようだが、世界の...

2020.7.21