×

社会

次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

世界が二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を“実質ゼロ”にする動きを加速しています。日本も、2050年の“実質ゼロ”をやっと掲げました。 “実質ゼロ...

2021.2.26 NEW

バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

新宿に約30分、横浜にも約30分。大規模団地や住宅地が広がり、幅広い年齢層が居住する東京・横浜のベットタウン・町田市。豊かな自然が残り、また四季折々の花が...

2021.2.25 NEW

中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

アメリカのバイデン大統領は2020年2月、バイデン政権の外交方針について演説し、中国を“最も重大な競争相手”と位置づけ、安全保障や人権、グローバルガバナン...

2021.2.24 NEW

バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

2020年1月はじめ、イラクで米軍がイラン革命防衛のソレイマニ司令官を殺害したことで、軍事衝突への緊張が一気に高まったことは記憶に新しい。トランプ大統領は...

2021.2.22 NEW

いずれEV大国に? 中国の環境政策が侮れない理由

いずれEV大国に? 中国の環境政策が侮れない理由

PM2.5で汚染された大気、工業排水で汚染された河川……中国の環境と聞けばそんなイメージがあるだろう。現状、火力発電の中でもCO2の排出比率の高い石炭発電...

2021.2.21 NEW

日本の男女格差、世界と比べてどうなのか?

日本の男女格差、世界と比べてどうなのか?

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が2月12日、女性を軽視する発言を巡り責任を取って辞任を表明し、18日、後任として橋本聖子五輪相が就任するこ...

2021.2.18

脱炭素に向けて、CO2を活用する「親炭素」時代へ

脱炭素に向けて、CO2を活用する「親炭素」時代へ

「脱炭素」、「カーボンニュートラル」、「カーボンゼロ」の潮流が世界を駆けめぐり、各国はその成果を競い合っています。我が国も、やっと菅首相が昨年10月末、「...

2021.1.28

バイデン大統領が戦う“アメリカの分断”の正体

バイデン大統領が戦う“アメリカの分断”の正体

1月20日、ついにバイデン政権が発足した。バイデン大統領は20分間の演説の中で何回も「結束(Unity)」という言葉を使った。バイデン大統領は、結束こそが...

2021.1.25

相殺できればCO2を排出してもいい? カーボンオフセットの考え方と課題

相殺できればCO2を排出してもいい? カーボンオフセットの考え方と課題

京都議定書に代わる温暖化対策の枠組みとして2015年12月にパリ協定が採択され、各国の温室効果ガス削減目標が定められた。企業はCO2削減を迫られているが、...

2021.1.21

PCR検査でストレスと恐怖から解放 香港に倣って日本もさらなる拡充を

PCR検査でストレスと恐怖から解放 香港に倣って日本もさらなる拡充を

新型コロナウイルス感染症の拡大をうまく抑えてきた香港でも2020年11月半ばから第4波が到来。しかし、強制隔離など日本以上に厳しい対策を行った結果、ここ数...

2021.1.15

コロナ感染を懸念した序二段力士、琴貫鐵の引退で見逃していること

コロナ感染を懸念した序二段力士、琴貫鐵の引退で見逃していること

大相撲初場所の開催に伴い、新型コロナウイルス感染のリスクから引退を決断した佐渡ケ嶽部屋の序二段力士、琴貫鐵(22歳)のことが話題になっている。勇気ある決断...

2021.1.13

コロナ一色だった!? 2020年を編集長が総ざらい

コロナ一色だった!? 2020年を編集長が総ざらい

2020年はどこまでいってもコロナの年でしたが、思い起こせばコロナ以外にも重大ニュースはいろいろあったはず。ちょうど一年前は、カルロス・ゴーン氏(今何して...

2020.12.29