×

編集長ブログ

離党で済むの?

2017.08.11

政治

0コメント

豊田真由子衆議院議員が出した
自民党への離党届が受理された。

「このはげ~!」という言葉が
流行語大賞になるほど
テレビで流された。

全国の薄毛の人たちを敵に回した。
そんなことはどうでもいいのだが。

上西議員もそうだが、
何か問題を起こすと、
政党に属する議員は離党する。

それって、有権者に関係あるか?
離党したらいいのか?

国会議員としてふさわしくない行動をとったら
離党して、はい終わり、とはならない。

それで、禊は終わり?

なんだかしっくりいかないなあ。

党も、離党届を受理して
うちとは関係ない、と頬被りかよ。

首長のように、リコールできないもんか。。。

前のページ

継続は力なり

次のページ

山の日

政経電論の新着記事

  • “禁書”は皆無 政治本は無くとも歴史書で香港の価値を伝える

    2021.8.4

  • エンプラに革新、東レ「しなやかでタフなポリマー材料」

    2021.8.3

  • 松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

    2021.7.30

  • ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    2021.7.21

  • 夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    2021.7.19

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 宝塚記念

    2021.06.24

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード