×

体罰はだめ?

2017.09.04

その他

6コメント

トランペット奏者の日野皓正氏が、
コンサート中、ドラムを叩いていた生徒に、
往復ビンタを食らわせて、メディアに取り上げられた。

映像だけをみれば、
確かに行き過ぎのようにもみえるのだが、
殴られた当人も、それを訴えもせず
逆に、日野氏に、自分の勝手な演奏について、
謝罪をしたという。

体罰を奨励はしないし、
褒められたことだとは思わないが、
それは絶対にしてはならないことか?

よく、ドラマなどで、愛情をもって
頬を殴るシーンなどが出てくる。

「馬鹿野郎!、、、、、」とか
お涙頂戴のセリフも付いて。
しかも、そのあと抱きしめたりして。

それをみている視聴者は
体罰は許せない、などと思うだろうか?

どこまでを行き過ぎ、という定義は難しいにしろ、
何でもかんでも体罰はいけない、という今の風潮って
どうなの?と思う。

日野氏の件についても、
たまたまニュースを見ていたら、
殴られた当人(父親)が、
自分と日野氏は信頼関係もあり、
世間が誤解をしている、と話していた。

やられた本人が納得しているのであれば、
別に騒ぐことでもなかろうに。

前のページ

夏バテ

次のページ

宇野常寛氏の「スッキリ!!」降板に思う

6コメント

jigo.

映画『セッション』思い出しました。あれも相当な感情をぶつけてましたが、暴力のシーンはなかった気がします。 日野氏は結構な勢いで髪の毛つかんでいるように見えました。どれだけの信頼関係があったかは当人たちにしかわかりませんが、公衆の目前でやったら批判されるのは仕方ないと思います。 日野氏はそうじゃなくても暴力でおさえつけようとする人はいるし、やっぱり体罰の必要性、わからないなあ

2017.09.04 8:50 pm

匿名

体罰を奨励はしないけど、絶対にダメとは思いませんよ。体罰と暴力は違うと思うので。感情だけに任せて、人を叩いてはいけないけど、愛情があって、やられた方もそう受け取れればいいのでは?もちろん、怪我などさせてはいけないけど。

2017.09.05 7:16 pm

Anonymous

体罰を奨励はしないけど、絶対にダメとは思いませんよ。体罰と暴力は違うと思うので。感情だけに任せて、人を叩いてはいけないけど、愛情があって、やられた方もそう受け取れればいいのでは?もちろん、怪我などさせてはいけないけど。

2017.09.05 7:16 pm

sea

感情に任せたただの暴力や、相手を支配するような行為は無くなるべきだと思いますが、手を上げる行為そのものは間違いではないと思います。 結局は信頼関係の話になりますが、言葉以上に伝わり易い方法は何かと考えた結果に手が出て、それが相手に届くなら一つの手段だと思います。 言葉でも暴力以上に相手を傷つける事はザラにあるので、一概に体罰だけの批判はできないですよね。 対等であるかどうかだと思います。

2017.09.05 11:45 pm

jigo.

手を上げて相手に伝わることって何ですかね?言葉では伝わらないことですよね?

2017.09.06 8:57 am

政経電論の新着記事

  • 映画『探偵はBARにいる3』深みを増した人物描写とアクション撮影の舞台裏に迫る

    2017.11.24

  • 累計9.4万人超のカラダを変えたRIZAPが法人向け健康セミナーでビジネスマンの生活改善にコミット

    2017.11.22

  • 働き手本位から生まれた常識外れの働き方 未来食堂×パプアニューギニア海産

    2017.11.20

  • 【JADMA会長・阿部嘉文】ドメスティックなプラットフォームが生き残る可能性

    2017.11.20

  • 職場を効率化したければ管理するな!パプアニューギニア海産・武藤工場長に聞く新しい働き方

    2017.11.17

佐藤尊徳

株式会社損得舎・代表取締役社長
電子雑誌「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

趣味:野球観戦、競馬

新着記事︎

  • プロ野球日本シリーズ

    2017.11.06

  • キタサンブラックに脱帽

    2017.10.31

  • 初心忘るべからず

    2017.10.26

  • 記事一覧へ

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード