×

編集長ブログ

村上ファンドの金融授業

2017.12.15

社会

0コメント

友人の村上世彰さんが、中学生に、金融授業をするというので、朝早く起きて、大泉学園にある中学校に見学に行った。

村上さん、楽しそう。

東京地検特捜部に逮捕され、証券取引法違反で有罪判決(執行猶予付き)を受け、シンガポールに移住されたが、祖国日本で何か残したい、ということで、数年前からまた日本での活動を再開している。

シンガポールに行く前に電話を頂き、日本への失望を語っていた頃とは、なんだか顔つきが違っている。

村上氏の功罪(罪はない!、裁判所の判断がそうなっただけで、僕は罪を犯した意識はない、といわれそうだが)はたくさんある。

経産省が主導で、企業のコーポレートガバナンスコードや、スチュワードコードシップが導入されることになったのも、彼の存在が加速させたことは間違いない。

アクティビストという言葉を日本に知らしめたのも村上さんで、企業(特に上場企業)の経営者が、緊張感を持ちだしたのも大きい。

そんな村上さんが中学二年生(おそらく100名ほど)の前で、2時間の講義をした。

小中一貫で、帰国子女が4割もいるという学校だから、質疑も発言も積極的で、日本の将来も捨てたもんじゃないな、と内心思っていたが、素直に育って欲しいものだ。

ある女子学生が「大人は勉強していい大学に入れ、と言いますが、村上さんはどのように思われますか?」との質問に、東大法学部卒業、通産省入省のスーパーエリートは、少し困ったような顔をしたが、

「大学が絶対に必要かはわからないけど、勉強はして欲しい。受験勉強というよりも、色んな事に、疑問を持って考えることが重要だと思う。僕はいつもいろんなことに興味を持って、モノの値段(築地での価格、八百屋での価格なども)、社会の矛盾、などなど、ずっと子供のころから考えて育ってきた。考えるということをやり続けることが重要だと思う」

との答えをした。

確かにその通りだな。
ものを覚える、というよりも、考えて答えを導き出していく人間になっていって欲しいな、と思った。

勉強になった。
早起きして良かった。

前のページ

税制大綱決まる

次のページ

外れ馬券は経費に

政経電論の新着記事

  • バイオマス原料は石油依存からの脱却につながるのか

    2021.3.5

  • 自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

    2021.3.1

  • 障がいのある人を在宅SEとして養成・雇用。三菱商事太陽が目指す共生社会

    2021.3.1

  • 次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

    2021.2.26

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード