×

編集長ブログ

アホ過ぎる自分に嫌気がさす

2018.01.31

日常

0コメント

年末にお金を落とした(もしくはスラれた)と同時にお気に入りのマフラーをどこかにやる。

周りからはアホだ、間抜けだ、と罵られ、一番きついのはこちらなのに。。

年が明けて心機一転と思いきや、気を付けていたのに、手袋の片方を無くした。手袋は僕の手元からよくいなくなるので、それこそ手元にいつもおいている。(冬に出かけるときだけ)
交通機関に乗ると、外してスマホをいじったり、新聞を読む。その時も無くさないように、鞄かコートのポケットに入れるのだが、それでもいなくなった。

そして、本日電車を降りると財布がないことに気付いた。(無くしたのではなく、自宅に置いてきた)
suicaとクイックペイ(クレジットカードのようなもの)をスマホに入れてあるので最低限の活動は出来るのだが、人からお金を借りた。

そして極めつけは日比谷から逆方向の電車に乗り、気付いた時には数駅先だった。気づくだけましか、、)

もう嫌気がさす。脳内科に行った方がいいだろうか、、、

前のページ

やっぱり仮想通貨

次のページ

アメリカ市場急落

政経電論の新着記事

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

  • 中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

    2021.2.24

  • サーキュラーエコノミー(循環型経済)が世界を変える

    2021.2.23

  • バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

    2021.2.22

  • ウェルネスカンパニーを目指すアデランスの光触媒事業【アデランス津村社長×プロラボ佐々木会長】

    2021.2.22

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード