×

編集長ブログ

年の瀬なのに

2014.12.29

社会

0コメント

子供の頃年末になると買出しに出かけました。

特に、築地やアメ横は大賑わいで
正月三が日を過ごすための食材など求めました。

しかし、コンビニが発達し
デパートも福袋が売れるので、三が日にお店を開け
スーパーも殆どが開いています。

こうなると年末の買出しに行くこともなくなり、
正月も普通の休みと変わらなくなってきました。
年の瀬の押し迫った感もないのです。

道路も三が日はガラガラだった記憶がありますが、
最近は結構渋滞にはまります。

正月はこたつでみかん、が定番でしたが、
生活スタイルの変化で
特に都会ではこたつも少なくなってきています。

ノスタルジックになっているわけでもないのですが、
日本の良い伝統も失われてきているような。

皆さんはどう思われますか?

前のページ

ひねくれものにて

次のページ

明けましておめでとうございます

政経電論の新着記事

  • 必要なのは信頼と透明性 デジタル先進国フィンランドから学ぶ、公共サービスの在り方

    2021.12.2

  • 世界的財政悪化で法人税は最低15%以上に 議論される「永久国債」とは

    2021.12.2

  • 立憲民主党新代表に泉健太氏(47) 衆院選の“左傾化”戻す?

    2021.12.1

  • 環境負荷低減を追求し缶ビール容器包装が進化! 業界をリードするアサヒビールの新パッケージ「エコパック」「202径アルミ缶蓋」

    2021.11.29

  • 野党の“新たな顔”か、埋没か 立憲民主党代表選の立候補者に違いは?

    2021.11.26

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 立憲民主党の大惨敗

    2021.11.01

  • 岸田総理誕生

    2021.09.30

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード