×

編集長ブログ

サウジアラビアと北朝鮮はそんなに違うか?

2018.10.25

経済

0コメント

サウジアラビア政府を批判していたカショギ記者が殺害された。

政権の関与は無かったと言うが、殺害されたことは認めた。

関与があった証拠もないが、これだけ大掛かりに、しかも他国の領土内(総領事館は治外法権)で起きたことなので、サウジ政府の言い分を信じる人がどれだけいるか。

と言うのも、この国は王族が統治する民主主義の国でもなければ、言論統制を敷く独裁国家だからだ。(やばい、僕も暗殺の対象か)

北朝鮮を非難する日本国内の言論は多いが、サウジに関してはそのような風潮はあまりないように思う。僕からみたらそんなに変わらないのではないかと思える。

核実験を繰り返したり、ミサイル発射を他国領空にしたりしない以外、大差はない。

ようやく女性が車の運転を許されたり、開放路線に改革しているように見せかけているが、国際社会へのポーズと、国民のガス抜きの為としか思えない。宗教上の理由で、内政干渉に当たるので、僕が言うことではないのかもしれないが、こちらが思うことは自由。しかも日本は言論の自由が認められ、公序良俗に違反しなければ、言いたいことが言える。サウジや北朝鮮だけではなく、中国も、ロシアも言論の自由はないけどね。

この事件が起こったトルコのエルドアン大統領も、人のことは言えず、かなりの強権政治家ですが。

シャリアというイスラム法で人を裁き、残忍な死刑制度を有している。国連からは、裁判の公平性への疑問も投げかけられている。恐怖政治以外の何物でもない。僕は死刑肯定論者だが、公開の斬首刑など、それは行き過ぎだろうと思う。日本は厳格な三審制で、司法と立法、行政が形の上では独立しているので、納得がいく。

サウジは巨額の武器をアメリカ始め、欧州からも、オイルマネーで買い上げているので、彼らからみればお客さんだ。世界一の石油輸出国で、その影響も大きいのだろう。普段は厳しいトランプ大統領も、サウジとは断絶したくないという本音が見えている。

サウジが国際社会から孤立すると、中東の治安も不安定になるし、エネルギー供給も難しくなる。オイルマネーで世界各地のマーケットに投資をしているので、マーケットへの影響も大きい。そんな政治的な思惑も見え隠れ、というより、はっきりと見える。

しかし、言論を弾圧して、更に殺害までするとは言語道断。徹底的な解明を望む。

前のページ

3年2か月ぶりに安田純平さん解放

次のページ

日曜日にある天皇賞は大混戦

政経電論の新着記事

  • 環境対策はコストがかかる、だからこそマネタイズが必要 アサヒユウアスの挑戦

    2022.8.19

  • 【第2次岸田改造内閣】骨格維持・経験者起用・バランス重視 岸田首相の狙いは

    2022.8.11

  • 海外ヘッジファンドは日銀の早晩政策転換を予測 日本国債は大丈夫か

    2022.8.2

  • 安倍元首相の「国葬」で世論二分 政府は丁寧な説明を

    2022.7.31

  • 参院選、自民圧勝 改憲勢力3分の2 野党の比例第一党は維新

    2022.7.11

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 安倍総理追悼

    2022.07.10

  • 参議院選挙

    2022.06.27

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード