×

編集長ブログ

まぐろの初セリ

2019.01.08

社会

0コメント

3日前の話なので、もう風化してしまっていてすいません。

恒例の初セリが行われた。築地から移転して、豊洲で初めて行われる初セリ。

注目はマグロを幾らで落とすかだったが、史上最高値の3億3360万円で常連の「すしざんまい」木村社長が競り落とした。

1キロ百万円以上だから、べらぼうに高いし、これで減価償却しようとは思っていないだろう。

ま、でも年初めの景気付けにはいいことだと思う。セリ相手の「やま幸」の山口社長も3億までは用意していたというのだから、庶民には羨ましい話だ。

しかし、法人として利益が出ている会社であれば、40%弱の法人所得税を納めなければならないので、経費と認められる(だろうと思う。あまりにべらぼうな金額だと相手への利益供与などにあたり、損金算入が出来ない場合もある)だろうから、実質は2億円弱で買ったことになる。

しかも、これだけメディアが流してくれれば、広告換算すれば大きな金額になるはずだ。このネットの時代、勝手にみんなが拡散してくれる。ZOZOの前澤社長も、100万円を100人に1億円のプレゼントなどで話題をさらい、注目を集めている。行き過ぎなければ(あまりやり過ぎると日本の社会は反感を買う)、これほどいい宣伝効果はない。

ところで、このまぐろの代金は決算上はどんな日目に当たるのだろうか?原材料費か、はたまた広告宣伝費なのだろうか。

前のページ

明けましておめでとうございます

次のページ

ゴーン容疑者準抗告棄却

政経電論の新着記事

  • バイオマス原料は石油依存からの脱却につながるのか

    2021.3.5

  • 自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

    2021.3.1

  • 障がいのある人を在宅SEとして養成・雇用。三菱商事太陽が目指す共生社会

    2021.3.1

  • 次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

    2021.2.26

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード