×

編集長ブログ

ノートルダム大聖堂(寺院)火災

2019.04.17

その他

0コメント

残念ながら僕はパリに行ったことがない。だからノートルダム寺院も実際に観たことはないのだが、その名前くらいは知っている。

しかも、寺社仏閣が大好きな僕。正確にはノートルダムはお寺ではなくキリスト教の聖堂だが、歴史的な建造物を観るのは大好きだ。このような建物が焼けてしまうとはとても残念なことだと思う。テロや人為的な放火ではなかったようで、焼けてしまったことは悲しいが少しだけ安心した。

地震で被災した熊本城も、完全修復までには20年もの歳月(石段を正確に積み上げるのがとてつもなく難しいらしい)が掛かるらしいのだが、ノートルダムも屋根は、木材を複雑に組み合わせて作ってあるので修復には二桁年の歳月が掛かるし、完全には戻らないかもしれないということらしい。まだ目にしていなかった(行く予定も今の所はないのだが)のでとても残念だ。

フランスを代表する高級ブランド、ルイヴィトンやグッチの創業家がいち早く修復の為に寄付を発表した。その額は2億ユーロと1億ユーロ。日本円にすると250億円と125億円。フランスの文化に対する愛情と、それ以上にそれだけの額をポンと出せることにびっくりだ。

他国のアメリカでも修復基金が立ち上がったそうだ。一日も早い修復を願っている。

前のページ

日本理化学工業大山会長の遺志

次のページ

台湾総統選に郭台銘(テリー・ゴウ)氏が名乗り

政経電論の新着記事

  • 体調管理に気づきを 健康に興味が無い人こそ行くべき「ファンケル 銀座スクエア」

    2022.5.13

  • インド太平洋地域への関与を強めるイギリス 「英連邦」をどう使う?

    2022.5.9

  • 狙いは第2パナマ運河建設か 台湾断交のニカラグアでうごめく中国

    2022.5.9

  • 日本国憲法制定から75年 改憲への意識も変化

    2022.5.7

  • 国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

    2022.5.7

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • そこにコブがあるから

    2022.04.26

  • 銀行口座復活

    2022.04.25

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード