×

編集長ブログ

有名税

2016.03.18

社会

0コメント

有名になればなるほど、大きくなればなるほど、
目立てば目立つほど、プライベートもなくなるし、
外の目は厳しく、さらされるリスクは高まる。

ベッキーが一般市民だったら
プライベートが晒されることもなかった。
売れてないタレントだったら同様だ。

100%晒されていいわけではないが、
そういうコスト(有名税と言われるもの)も覚悟して
いなければならないと思う。

売れっ子DJで止めておけばいいのに、
コメンテーターから、最後はメインキャスターにまで
抜擢されたら、そりゃあ、経歴詐称は暴かれるだろう。
川上さん。

なんで、そこまで嘘がつき続けられると思ったんだ?
そこまで有名にならなければ、「ホラ吹き」程度で収まるのに、
ここまでくると、嘘つき、はたまた 詐欺師 と言われかねない。

テレビも見た目が良くて、使い勝手が良ければ直ぐに飛びつく。
ネタも文春の後追いばかりで、全くオリジナリティがない。

メインキャスターまで張らせるんだったら、
もう少し下調べくらいしときなよ。

そんな人のこと言ってないで、
政経電論有名にして

僕も有名税が払えるくらいにならないと、、、

前のページ

地下鉄Wi-Fi邪魔!

次のページ

返済不要の奨学金

政経電論の新着記事

  • “禁書”は皆無 政治本は無くとも歴史書で香港の価値を伝える

    2021.8.4

  • エンプラに革新、東レ「しなやかでタフなポリマー材料」

    2021.8.3

  • 松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

    2021.7.30

  • ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    2021.7.21

  • 夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    2021.7.19

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 宝塚記念

    2021.06.24

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード