×

編集長ブログ

結婚式でのおもてなし

2016.04.03

日常

0コメント

昨日、N氏の結婚式に参列した。

過日、久しぶりにN氏から、
「結婚するので、式に出てもらえないか?」
と聞かれ、お祝い事なので、二つ返事で了承した。

しかし、彼と共通の友人はいないし、
当日は知り合いはいないな、と思っていた。

ある日、電話が掛かってきて、
「主賓の挨拶をして欲しい」と言われた。
頼まれたら断れないが、こういうのは苦手だ。

しかも、主賓ということは
テーブルも年配の方々ばかりだろうと想像し
当日までは憂鬱だったのだが、
人生2回目の挨拶に臨んだ。

しかも、新婦側の挨拶もなく、
僕一人だと聞かされて、大役でさらに憂鬱に。

結果、手前ミソだが、非常にうまくできたし
同席の方々には大変褒めてもらった。

ま、自慢話はここまで。

この結婚式には参列者へのおもてなしが
たくさん詰まっていてとてもいい結婚式だった。

披露宴は、二人の披露とともに、
みんなへのおもてなしの場だ。

料理も美味しかったし、所々に
みなさんへの気配りがあった。

料理の皿の下に、一人一人へのメッセージ、
カード+.jpg

最後のビデオロールも、参列者一人一人の写真入りで
全員にメッセージ。

僕のテーブルもいい方々ばかりで
会話も弾んだ。

お二人ともお幸せに。

前のページ

餃子の王将

次のページ

舌下免疫療法

政経電論の新着記事

  • “禁書”は皆無 政治本は無くとも歴史書で香港の価値を伝える

    2021.8.4

  • エンプラに革新、東レ「しなやかでタフなポリマー材料」

    2021.8.3

  • 松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

    2021.7.30

  • ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    2021.7.21

  • 夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    2021.7.19

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 宝塚記念

    2021.06.24

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード