×

編集長ブログ

嘘ならつき通せ

2017.08.04

社会

0コメント

昨日、女優の斉藤由貴の記者会見があった(みてないけど)。
報道で見る限り、ちょっと苦しそう。

個人的には何の興味もないのだが(失礼)。

世間は不倫、不倫とうるさいなあ、くらいに思ってる。

それは、当事者間で解決すればいいなあ、と。
不倫が文化だとは思わないけど、人間だからねぇ。

それはさておき、本人がしてない、と言うんだからいいじゃん。
しかーし、それがであったら話は別。

ベッキーの場合もそう。

最初の会見で言ったことが誤魔化しだったことが許せない。
公に発言したことには責任を持てと言いたい。

初めに嘘をつくから、嘘を重ねなければいけなくなる。

政治家の場合もそう。

森友学園の件で、稲田前防衛大臣は、10年ほど会ってない
と嘘をついた(本人は記憶違いだと)。

加計学園の問題では、文科省の文書は存在しない
と政府側は強弁したのに、結局出てきた。

不倫でもそうだが、嘘をつくなら、絶対につき通して、納得させろよ、と思う。

後でわかるような嘘をつくなよ、いい大人がみっともない。

初めに認めて謝る方がよっぽど潔い。

嘘つき大臣が辞めて本当に清々した。
まだ、それらしき人は残ってるけど、、、

前のページ

内閣改造をみて 勝手な所感

次のページ

新幹線内は普通に目撃される

政経電論の新着記事

  • 体調管理に気づきを 健康に興味が無い人こそ行くべき「ファンケル 銀座スクエア」

    2022.5.13

  • インド太平洋地域への関与を強めるイギリス 「英連邦」をどう使う?

    2022.5.9

  • 狙いは第2パナマ運河建設か 台湾断交のニカラグアでうごめく中国

    2022.5.9

  • 日本国憲法制定から75年 改憲への意識も変化

    2022.5.7

  • 国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

    2022.5.7

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • そこにコブがあるから

    2022.04.26

  • 銀行口座復活

    2022.04.25

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード