×

編集長ブログ

ISの首都ラッカ陥落

2017.10.17

社会

0コメント

国際テロ組織ISが事実上崩壊した。

これでテロの脅威が薄まったかというと
そうは思えない。

ISの前はアルカイダというテロ組織があったし、
ゲリラと呼ばれるテロ集団はいくつも存在する。

イスラム圏には、シーア派、スンニ派、クルド人などの
民族間で対立構造がある。

古くはイラン―イラク戦争も
スンニ派対シーア派の対立が激化したものだ。

イスラム教徒でない僕には、
よく分からない構図だが、
この民族間の不公平感をなくさなければ、
テロはなくならないんだろうな、といつも思う。

サウジはスンニ派の王族が国を治め、
シーア派は冷遇されていると不満を持っている
と言われるし。

民主主義国家ではなく、
世襲の彼らは
王族は競走馬も多数所持して、
その豪遊ぶりが報道されるたびに、
北朝鮮と変わらなくね?とか思ってしまうのだが。

核開発もしてないからか、
それは言い過ぎなのだろうが、
中東にはそのような問題が一杯ある。

中国だって、多民族国家で
チベット問題など色々抱えているが。

ミャンマーも少数民族ロヒンギャへの
人権侵害が国際的に非難を受けている。

なぜ、他民族、異文化を理解しようとしないのか?

トランプ大統領のように
自国ばかり潤わせて、
貧困と、この問題を解決しないと
テロはなくならない。

前のページ

老眼が進んでご飯が不味い、、、

次のページ

初めて期日前投票に行ってみた。

政経電論の新着記事

  • 体調管理に気づきを 健康に興味が無い人こそ行くべき「ファンケル 銀座スクエア」

    2022.5.13

  • インド太平洋地域への関与を強めるイギリス 「英連邦」をどう使う?

    2022.5.9

  • 狙いは第2パナマ運河建設か 台湾断交のニカラグアでうごめく中国

    2022.5.9

  • 日本国憲法制定から75年 改憲への意識も変化

    2022.5.7

  • 国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

    2022.5.7

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • そこにコブがあるから

    2022.04.26

  • 銀行口座復活

    2022.04.25

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード