×

編集長ブログ

早明戦

2014.12.09

社会

0コメント

大学現役の頃、12月の第一日曜日は
必ず、国立競技場にいました。
ラグビーの早明戦の日だったからです。

当時はチケットを入手するのも困難で
サークルの低学年生は徹夜でプレイガイドに並んでいました。

我が明治大学は「前へ」が合言葉
強力フォワードで最短のまっすぐ前に進みます。

対する早稲田はバックの展開ラグビー。
格好よくボールを回して走ります。

学力では早稲田に敵わないので、
せめてラグビーは勝って欲しい

そんな願いも込めて超満員の国立競技場で応援していました。

早明戦.jpg
あの頃は強かった。。。

時は移り、大学ラグビーは帝京大学が無敵の強さを誇っています。

北島忠治監督亡き後の明治ラグビーは迷走を重ね
いつになったら伝統校の強さを取り戻せるのやら

今年こそは、と思いながら観戦したんだけど、、、
早稲田はフルバックの藤田選手が怪我から復帰
藤田選手が復帰しただけでこんなに違うのか。。

後輩の小村くん(元全日本)が用意してくれたいい席だったのに。。
完敗です。

41年ぶりに秩父宮で行われた試合は流石に早明戦だけあって
超満員。

でも久しぶりにきたうちの弟(明治卒)が言っていました。
オールドファンばかりで学生が少ないね」と。

確かに。あ、俺もオールドファンだ!

前のページ

投票しよう!

次のページ

差し入れも一苦労

政経電論の新着記事

  • 予算1兆6794億円の景気対策「Go Toキャンペーン」 わかりづらい内容とその経済効果

    2020.07.13

  • レジ袋有料化の本当の狙いとは?

    2020.07.09

  • 権力側が犯罪を線引きできる「香港国家安全維持法」は、外国人にも適用

    2020.07.09

  • 首都経済を担う小池都政2期目の課題

    2020.07.06

  • あっけなく終わった都知事選。小池都政を語る!佐藤尊徳編集長のニコ生7/6配信

    2020.07.06

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 東京都知事選 小池氏の駆け引きは天才的だが盤石でもない

    2020.06.19

  • 困窮学生への現金給付に猛反対

    2020.05.19

  • 経済同友会代表幹事に物申す

    2020.04.18

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード