×

編集長ブログ

僕も知らなかった(ノーマルタイヤが雪道では道交法違反)

2018.01.23

日常

0コメント

昨日のような大雪にノーマルタイヤで走行すると道交法違反なのだそうだ。
ただ、取り締まりをみたことはないが。しかも、警察官も一緒にスタックした車を押してるし。

その場で反則切符を切ればいいのに。
車がスタックしたうえに反則金なんて、と思うかもしれないが、元々未整備車を運転すれば取り締まられる。
動けないような車を走行しているのだから当然だ。

さて、その翌日(今日)は草津の白根山が噴火して、自衛隊の方が亡くなったという。
ご冥福をお祈りする。

改めて、火山の噴火はいつあるかわからないと思った。

2014年にも御岳山が噴火して多数の方が亡くなった事はまだ記憶に新しい。

今回の白根山は他人事じゃない気がする。

今でこそコブを求めて、コブが面白いスキー場にしか行かなくなったけど、草津スキー場には毎年必ず行っていた。(草津はコブが面白くない)

子供の頃に白根山の湯釜をみて、とてもきれいでもう一度行きたいと思っていた。(結局冬のスキーばかりで、それ以来行っていないが)

また、スキー場はこれから書き入れ時なのに、キャンセルも相次いで大変だろう。

前向きなニュースも沢山あるといいなあ、と思う今日この頃。

前のページ

雪が降った時はノーマルタイヤの車を取り締まれ

次のページ

憲法とはなんぞや

政経電論の新着記事

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

  • 中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

    2021.2.24

  • サーキュラーエコノミー(循環型経済)が世界を変える

    2021.2.23

  • バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

    2021.2.22

  • ウェルネスカンパニーを目指すアデランスの光触媒事業【アデランス津村社長×プロラボ佐々木会長】

    2021.2.22

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード